OFFICIAL BLOG

ブログ

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(クラッチキャリブレーション/電装システム修理)

アストンマーティン V8バンテージ メンテナンス(クラッチキャリブレーション/電装システム修理)になります。

各チェックランプ点灯及び走行不能になり、修理御依頼頂きました。
DSC01853.jpg
アストンマーティン純正テスターにて点検。各実装部品点検。
電装システム内ではターミナル30が途切れる状態。

DSC01851.jpg
点検の結果、オルタネータ及びバルクヘッド間ハーネス点検修理にて対応。
オルタネータはリビルト品にて交換。

DSC01854.jpg
修理完了後は発電も問題無く良好。
DSC01855.jpg
追加でエンジンオイル交換及びクラッチキスポイント学習の御依頼を承りこちらも完了。
DSC01171.jpg
点灯していた各チェックランプも消灯しテスト走行においても
問題無く良好を確認。整備完了させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN RAPIDE S 車検(エンジン・排気システム修理/車検整備)


アストンマーティン ラピードS 車検(エンジン・排気システム修理/車検整備)になります。
DSC01693_201711142137503f9.jpg
先ずはエンジンチェックランプ点灯の為、こちらの修理から。
DSC01692.jpg
DSC01680.jpg
DSC01683.jpg
アストンマーティン純正テスタにて診断し、該当センサ不良と判明。また、それに付随し
予防整備として関連個所の部品も交換へ。

DSC01694.jpg
エンジンチェックランプ及び排気システムエラーメッセージ消灯。この後、テスト走行にて各箇所、確認しOK。
DSC01676.jpg
エアエレメントは交換。
DSC01690.jpg
スロットルボディASSYメンテナンス。
DSC01665.jpg
DSC01666.jpg
ブレーキフルードは圧送交換にて。今回は1.0barにて交換。Before↑After↓
吸湿したフルードも新油にリフレッシュし、ブレーキタッチもしっかりとリニアに伝わり・伝わる様になり整備OK。

DSC01667.jpg
DSC01663.jpg
エンジン冷却水/LLCはサービスポジションから交換へ。
DSC01656.jpg
エンジンオイル/オイルエレメント/ドレンプラグ交換。
DSC01642.jpg
各部調整箇所メンテナンス。
DSC01648.jpg
DSC01649.jpg
ブレーキ及び足廻り点検整備へ。
DSC01831.jpg
DSC01832.jpg
リアブレーキパットは残量僅かの為、交換し各箇所整備完了。
DSC01653.jpg
ホイールインナークリーニング。Before↑After↓足元が綺麗ですと気持ちが良いですね。
DSC01654.jpg
DSC01677.jpg
DSC01678.jpg
DSC01679.jpg
燃料リッドの位置相違も修正完了。
DSC01672.jpg
エアコンフィルタは定期メンテナンスにより交換。しっかりと仕事をしてくれています。
DSC01643.jpg
DSC01644.jpg
DSC01646.jpg
DSC01645.jpg
ドアインナーハンドル部も各箇所整備完了。ウインドウ動作の予防整備にて。
DSC01692.jpg
DSC01170.jpg
各整備完了。車検ラインも無事クリア。本来の性能を発揮できる状態に。
今後の整備プランも御相談させて頂き納車させて頂きました。
この度は、御依頼頂き誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN DB9 メンテナンス(エンジン・電装システム整備)


アストンマーティン DB9 メンテナンス(エンジン・電装システム整備)になります。
DSC01163.jpg
各種修理箇所点検へ。
DSC01802.jpg
エンジンチェックランプ点灯の状態。
DSC01803.jpg
アストンマーティン純正テスターにてコンピューター診断、及び実装部品の点検へ。
DSC01808.jpg
点検の結果、イグニッションコイルの複数個所の不良にてコイル全数及びスパークプラグ全数交換へ。
DSC01806.jpg
スパークプラグは並行車両の為、
海外にてプラグのリーチが3ミリ程違うモノが装着されており、本来の規格の物へと新品交換。

DSC01802.jpg
エンジンチェックランプは消灯しエンジンフィーリングも本来のV12エンジンサウンドに。
DSC01164.jpg
キーレス設定、TPMS、ナビゲーション設定、各種点検し、御依頼事項整備完了させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN V8 VANTAGE S メンテナンス(ASMシステムクラッチ交換)



DSC01155.jpg
低速時にジャダーが出てしまう状態、現車、診断・点検の結果クラッチ交換の作業施工へ。
DSC01769.jpg
DSC01768.jpg
ASM・トルクチューブ脱着。
DSC01771.jpg
DSC01772.jpg
フライホイール↓・プレッシャープレート↑は焼きが入ってしまっており交換へ。
DSC01770.jpg
DSC01777.jpg
DSC01790.jpg
DSC01780.jpg
DSC01787.jpg
DSC01789.jpg
DSC01791.jpg
DSC01793.jpg
DSC01794.jpg
フライホイール・クラッチレリーズ・ディスク・ベアリング等々、各部品を交換しアストンマーティン純正診断機にて
ASMフルード・MTオイル交換及びクラッチタッチポイント、ストローク各キャリブレーション施工完了。

DSC01159.jpg
不具合のジャダーも解消され、テスト走行においてスムーズなクラッチミートを確認。
施工完了させて頂きました。この度は、御依頼頂き誠にありがとうございました。

Jaguar xj sovereign X308  車検整備(24ヶ月点検・エンジン整備・クルーズコントロール修理)


ジャガー XJ ソブリン X308  車検整備(24ヶ月点検・エンジン整備・クルーズコントロール修理)になります。
DSC00029.jpg
先ずは懸念事項のデフオイル交換から。XJのデフはドレンが無い為、
デフケースを分解しての交換の為、コストがかかりますが当社では分割することなく交換可能です。

DSC00025.jpg
今回はLIQUIMOLY製デフオイルをチョイス。廃油/新油ですが一目瞭然です。
続いてエンジン関係整備へ。
IMG_3113.jpg
IMG_3114.jpg
IMG_3115.jpg
IMG_3120.jpg
補機ベルト関係はテンショナにガタ有の為、ダンパープーリー以外は一式交換にて。
IMG_3121.jpg
IMG_3423.jpg
IMG_3424.jpg
エアエレメントは状態から新品交換。
他・整備を行い、エンジン関係整備は完了。
IMG_3430.jpg
IMG_3432.jpg
ブレーキフルードはテスターにて吸湿確認。交換必須。
DSC00019.jpg
DSC00020.jpg
バックモニターの取付も御依頼頂き、こちらも施工完了。
IMG_3443.jpg
IMG_3444.jpg
IMG_3445.jpg
IMG_3447.jpg
クルーズコントロールは故障個所の原因を診断機及び該当箇所点検にて特定し、該当箇所修理完了。
また経年劣化にて交換必要箇所もありの為、こちらも予防整備にて施工させて頂きました。

DSC00010.jpg
他、各整備完了。テスト走行にて、クルーズコントロール作動の確認OK。
車検ラインも無事クリア。 また今後の整備プランも御相談させて頂き納車させて頂きました。
この度も、御依頼頂き誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN DB9 車検(エンジン整備・排気システム/リアデファレンシャル整備)

ASTONMARTIN DB9 車検(エンジン整備・排気システム整備/リアデファレンシャル整備)になります。

DSC01087.jpg
アストンマーティン専用診断機にて各コンピュータ診断及び、各実装部品点検へ。
センサ不良箇所が有り、こちらは交換へ。

DSC01082.jpg
クーラント滲み有。Vバンク間ではなくサーモケースより。こちらはサーモスタットを含み各シール交換へ。
DSC01629.jpg
各油脂類交換。
DSC01635.jpg
DSC01615.jpg
DB9のリアデフ音鳴り対策施工。こちらのフィルタも重要です。クリーニングメンテナンス。
DSC01627.jpg
各足廻り整備。
DSC01080.jpg
他、各整備完了。テスト走行にて、整備後の良好を確認。車検ラインも無事クリア。
オーナー様へは今後の整備プランもお伝えし、整備完了させて頂きました。
整備でお困りの様でしたのでとてもお喜び頂きました。
この度は、御依頼頂き誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(エンジン点検・ASMクラッチ校正)

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(エンジン点検・ASMクラッチ校正)

エンジン各部点検及びASMクラッチの点検の御依頼。
DSC01064.jpg
DSC01063.jpg
DSC01061.jpg
エンジン各部点検、アストンマーティン専用診断機にて各コンピューター診断及び
ASMクラッチ校正を行い、オーナー様へ今後のエンジン各部、クラッチ交換のタイミング、
各々の整備プランをお伝えさせて頂きました。
この度は、御依頼頂き誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN DB9 メンテナンス(エンジン・電装システム整備)

ASTONMARTIN DB9 メンテナンス(エンジン・電装システム整備)になります。

DSC01048.jpg
エンジンチェックランプ点灯/排気システム警告灯メッセージ表示の為、修理御依頼頂きました。
DSC00994.jpg
アストンマーティン専用診断機にて各コンピュータ診断後、各箇所、実装部品の点検へ。
DSC01039.jpg
DSC01038.jpg
DSC01042.jpg
DSC01043.jpg
各部点検の結果、上流側ラムダセンサの不良と診断。該当箇所交換へ。
DSC01599.jpg
エアエレメントは状態から交換必須。新品へ交換。
DSC01597.jpg
DSC01589.jpg
スロットルボディはO-リング交換及びクリーニング施工。アストンマーティン専用診断機にて
実測値確認。数値は良好へOK。

DSC01591.jpg
DSC01593.jpg
DSC01593_20170929211622193.jpg
DSC01596.jpg
各整備完了。
DSC01053.jpg
アストンマーティン専用診断機にてエラー消去完了。
DSC01055.jpg
組付後、エンジンクリーニング施工。
V12エンジンスタートし、虎口の如くエキゾーストノートが響き渡り快音を轟かせます。

DSC01057.jpg
テスト走行にて、整備後の良好を確認。本来のエキゾーストサウンドを奏でておりました。
オーナー様へは今後の整備プランをお伝えし、整備完了させて頂きました。
この度は、御依頼頂き誠にありがとうございました。

BMW 330ciカブリオレ E46 車検整備(24ヶ月点検・エンジン/AT整備)

BMW 330ciカブリオレ E46 車検整備(24ヶ月点検・エンジン/AT整備)になります。

DSC01533.jpg
車検整備へ。先ずは油脂類交換から。
エンジンオイルはLIQUIMOLY HC-7をチョイス。

DSC01515.jpg
ブレーキフルードはフルードテスターにて吸湿有り、2年毎/交換必須。
DSC01534.jpg
エアエレメントは交換。
DSC01502.jpg
電装関係・オルタネータ・バッテリーは良好、OK。Before↑ After↓。
DSC01508.jpg
ハブ・ブレーキ・各足廻りはクリーニング&グリスアップ。ブーツ・ブッシュ系はOK。
DSC01509.jpg
DSC01519.jpg
続いてはATメンテナンス。懸念していたとうりATFの状態は良好ではない状態。
DSC01520.jpg
DSC01523.jpg
DSC01518.jpg
DSC01521.jpg
走行距離が少ない車両でも経年によるATF劣化も見られ、
ATクラッチによるスラッジ有り。ATフィルタ及びATF交換。

DSC01528.jpg
DSC01526.jpg
DSC01530.jpg
DSC01531.jpg
各部クリーニング施工し新品フィルタにて組付へ。
ATメンテナンスは車齢および走行距離に応じて的確な整備を行う事が重要です。

DSC01543.jpg
DSC01550.jpg
DSC01544.jpg
続いてエンジン・ATマウント交換へ。新旧↑経年によりマウントは潰れ
エンジンを正常な位置に保てていない状態。交換し正しい位置にマウントする事により
各振動・ヨーク角度等が適正になり本来の性能を発揮する事が出来ますのでお薦めの整備内容になります。

DSC01029.jpg
他整備完了。サービスインターバルリセットし、診断機上も問題無く、完了。
車検ラインも無事クリア。24ヶ月点検整備完了させて頂きました。
オーナー様も整備後のフィーリングにとても喜んで頂き、当社としましても整備に関わらせて頂き感謝しております。
この度は御依頼頂き、誠にありがとうございました。

アウディ S4(8E) メンテンス(エンジン整備・オルタネータ/ラジエタ電装関係整備)

アウディ S4(8E) メンテンス(エンジン整備・オルタネータ/ラジエタ電装関係整備)になります。

DSC00852.jpg
走行不能との事で修理御相談いただき、当社積載車にて入庫させて頂きました。
DSC00853.jpg
走行不能の原因はオルタネーター故障、ラジエタサイドタンクエンジン冷却水漏れが主な原因。
IMG_4060.jpg
オルタネーター新旧。こちらは水冷式ですが、リビルトオルタネータにて対応。
IMG_4093.jpg
ラジエター新旧。こちらは純正品にて対応。
IMG_4096.jpg
クーラントフランジは劣化が有り、確認したところ亀裂もあり、優良品へ交換。
DSC00862.jpg
IMG_4062.jpg
IMG_4066.jpg
シリンダヘッドカバ~ーからのオイル漏れ有り。こちらは各シール交換しヘッドカバーは再塗装。
DSC00884.jpg
バッテリーはVARTA製をチョイス。
IMG_4085.jpg
IMG_4095_201709272121569ed.jpg
各状態を把握しながら、組付へ。
DSC00886.jpg
DSC00887.jpg
整備完了。水冷式オルタネーターも問題無く発電しておりアウディ専用診断機にてチェック。
コンピューター上でも良好を確認。

DSC00878.jpg
テスト走行ではS4本来の力強い走りが戻り、オーナー様も、とても喜んでいただけました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。