OFFICIAL BLOG

ブログ

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(ATギア抜け/ASMシステム修理)

アストンマーティン V8 ヴァンテージ メンテナンス(ATギア抜け/ASMシステム修理)になります。

DSC03794.jpg
ATにてD(ドライブ)ボタンまたはR(リバース)を押して走行レンジを選択し、
走行しようとしてもギア抜けを起こしてしまい、ASMエラー表示がインフォメーションされてしまう状態。
アストンマーティン純正テスターにて点検し、ASM(A/T)に不良が有る事が判明。ATを降ろして修理及び整備へ。

DSC03795.jpg
DSC03796.jpg
該当作動箇所及びASM作動油、ASM各部点検。修理へ。ASMフルードホースに亀裂も見られた為、
該当ホースは高額な為、当社オリジナルASM/アダプタKITへ交換。

DSC03798.jpg
S__37904387.jpg
アストンマーティン純正テスターにて、ASMキャリブレーション実施。
DSC03556.jpg
ASM及び各部最終チェック完了。無事、ギア抜け完治し走行可能に。
DSC03910.jpg
テスト走行も完了し、オーナー様の元へ引き渡し完了させて頂きました。
とても大事にされておられ、大変お喜びになられ当社としましても、とても嬉しく励みにさせて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

Yonemotors promotion movie


この度、yonemotorsでは
promotion movieが完成しました。
各車両整備は元より、アストンマーティンでの
モータースポーツを楽しむコンセプトで
オーナ参加型のyonemotorsでのサポートにて
yonemotors team活動を行なっていきます。
是非ご覧いただければと思います。

ASTONMARTIN DB9 GT 12ヶ月点検(エンジン整備・各点検整備)

アストンマーティン DB9 GT 12ヶ月点検(エンジン整備・各点検整備)になります。

12ヶ月点検にて先ずは、アストンマーティン純正テスターにて各システム診断へ。
DSC03058.jpg
DSC03059.jpg
各メーター及びTPMSと実測の数値も比較し公差OK。
DSC03064.jpg
続いてV12エンジン点検へ。
DSC03067.jpg
DSC03071.jpg
DSC03068.jpg
DSC03074.jpg
エンジンオイル交換と共に各点検完了。
DSC03065.jpg
各、下廻り及び足廻り点検整備OK。


車両の状態もとても良好にて、各インスペクション完了し納車させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(エンジン・排気システム修理)

ASTONMARTIN V8 ヴァンテージ メンテナンス(エンジン・排気システム修理)になります。

DSC02506.jpg
排気システムでのエラーメッセージにてアストンマーティン純正診断機にてコンピュータチェックへ。
DSC03021.jpg
DSC03020.jpg
DSC03022.jpg
O2センサ内部不良と判明し予防整備も含め、該当箇所修理へ。
DSC03027.jpg
DSC03029.jpg
DSC02525.jpg
アストンマーティン純正テスターにて各データーチェック及び
テスト走行においても異常無く正常を確認。整備完了させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN RAPIDE メンテナンス(足廻り整備・TPMシステム修理)

アストンマーティン ラピード メンテナンス(足廻り整備・TPMシステム修理)になります。

タイヤ空気圧警告灯点灯及び炭化が進み、
ブレーキフェード発生の為、TPMS及びブレーキパッド1台分交換へ。

DSC02936.jpg
DSC02935.jpg
DSC02931.jpg
DSC02992.jpg
DSC02942.jpg
DSC02941.jpg
DSC03003.jpg
ホイールはインナー側もクリーニングにて。
DSC03004.jpg
TPMS交換しタイヤは1台分交換。POTENZA S001をチョイス。
DSC03010.jpg
アストンマーティン純正テスターにてTPMシステムの通信を点検し正常を確認。
テスト走行にてフェード現象も収まり良好を確認。整備完了させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN V8 VANTAGE S メンテナンス (BCMキャリブレーション)

ASTONMARTIN V8 VANTAGE S メンテナンス (BCMキャリブレーション)になります。

量販店にてバッテリー交換後に、トップが開かなくなりミラーの開閉もキーレス連動しなくなったという事で御依頼頂きました。DSC02669.jpg
DSC02672.jpg
DSC02677.jpg
DSC02679.jpg
アストンマーティン純正テスターにてBCM内の各項目キャリブレーションにて機能は元通りに。
ミラーの開閉及び、ルーフも無事開くようになりました。この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN DB9 メンテナンス(セキュリティアラームエラー・電装整備)

ASTONMARTIN DB9 メンテナンス(セキュリティアラームエラー・電装整備)になります。

駐車中にセキュリティが誤作動し、セキュリティアラームが発報してしまう状態。
DSC01869.jpg
アストンマーティン純正テスターにて点検し、故障個所判明。
DSC01867.jpg
故障箇所修理後は誤発報も無く、修理完了させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN V8 VANTAGE 車検整備(24ヶ月点検・エンジン整備・クラッチ交換整備)

ASTONMARTIN V8 VANTAGE 車検整備(24ヶ月点検・エンジン整備・クラッチ交換整備)になります。

クラッチの滑りがトルクが掛かると発生してしまう状態。
点検にて状態を確認し、クラッチ及びフライホイール各部品交換へ。

DSC02245.jpg
DSC02248.jpg
DSC02253.jpg
DSC02255.jpg
DSC02257.jpg
DSC02256.jpg
DSC02258.jpg
各状態を確認、やはりフライホイールは焼きが進んでおり、
クラッチプレートはフェースの摩耗が進みパイロットと共に交換要。

DSC02259.jpg
新旧各部品↑↓。
DSC02260.jpg
DSC02265.jpg
DSC02281.jpg
トルクチューブ・M/T組付完了。
DSC02282.jpg
M/T FLUIDも交換にて。排出↑新油↓。
DSC02283.jpg
DSC02285.jpg
続いて車検メンテナンス、各整備へ。
DSC02295.jpg
光軸調整はロービームにてエーミング。
DSC02236.jpg
DSC02241.jpg
足廻りはフルード交換及びハブグリスアップ、各メンテナンスにて。
DSC02237.jpg
DSC02243.jpg
DSC02244.jpg
ホイールはインナークリーニング実施、足元を綺麗にすると気持ちが良いものですね。
DSC02446.jpg
DSC02445.jpg
タイヤはクラッチ交換によりV84.3ℓエンジンパワーを受けとめる為、
また摩耗限度にて1台分交換。WECでアストンマーティンレーシングにサポートしていた定評のあるDUNLOPをチョイス。
グレードブランドは SP SPORT MAXXをチョイス致しました。

DSC02286_2018022021483731c.jpg
各整備完了。アストンマーティン純正テスターにて
エンジンキャリブレーション施工/不具合のジャダーも解消、テスト走行においてスムーズなクラッチミートを確認。
車検ラインも無事クリアし車検点検整備完了させて頂きました。
この度は、御依頼頂き誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN RAPIDE メンテナンス(エンジン燃料・排気システム修理)

ASTONMARTIN RAPIDE メンテナンス(エンジン燃料・排気システム修理)になります。

車両エンジン不動の為、引取依頼をお受けさせて頂きました。
IMG_7722.jpg
IMG_7726.jpg
本来であれば、エンジン始動しないと車両を動かす事は出来ず
現地作業にてエマージェンシー解除施工し、運搬可能にまで復帰。当社、積載車にて搬送。

DSC02195.jpg
DSC02192.jpg
DSC02196.jpg
アストンマーティン純正テスターを用いながら、
燃料ライン及びヒューエルポンプ駆動ハーネス等々各システムを点検。
結果、不具合箇所が判明。修理対応にて無事エンジン始動、正常状態に修理完了。

DSC02320.jpg
続いてエンジン排気システム点灯の為、アストンマーティン純正テスターにて診断。
結果、ラムダセンサの故障と判明。予防整備も兼ねてVバンク全数交換へ。

DSC02322.jpg
DSC02323.jpg
DSC02324.jpg
DSC02331.jpg
IMG_8279.jpg
警告灯も消灯し車両もエンジンスタートに不調は無く、整備及び修理完了。
テスト走行においても好調を確認。
御引渡しは自走にて快調にお帰りになりました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(クラッチキャリブレーション/電装システム修理)

アストンマーティン V8バンテージ メンテナンス(クラッチキャリブレーション/電装システム修理)になります。

各チェックランプ点灯及び走行不能になり、修理御依頼頂きました。
DSC01853.jpg
アストンマーティン純正テスターにて点検。各実装部品点検。
電装システム内ではターミナル30が途切れる状態。

DSC01851.jpg
点検の結果、オルタネータ及びバルクヘッド間ハーネス点検修理にて対応。
オルタネータはリビルト品にて交換。

DSC01854.jpg
修理完了後は発電も問題無く良好。
DSC01855.jpg
追加でエンジンオイル交換及びクラッチキスポイント学習の御依頼を承りこちらも完了。
DSC01171.jpg
点灯していた各チェックランプも消灯しテスト走行においても
問題無く良好を確認。整備完了させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。