NEWS and TOPICS

お知らせ

Jaguar xj sovereign X308  車検整備(24ヶ月点検・エンジン整備・クルーズコントロール修理)


ジャガー XJ ソブリン X308  車検整備(24ヶ月点検・エンジン整備・クルーズコントロール修理)になります。
DSC00029.jpg
先ずは懸念事項のデフオイル交換から。XJのデフはドレンが無い為、
デフケースを分解しての交換の為、コストがかかりますが当社では分割することなく交換可能です。

DSC00025.jpg
今回はLIQUIMOLY製デフオイルをチョイス。廃油/新油ですが一目瞭然です。
続いてエンジン関係整備へ。
IMG_3113.jpg
IMG_3114.jpg
IMG_3115.jpg
IMG_3120.jpg
補機ベルト関係はテンショナにガタ有の為、ダンパープーリー以外は一式交換にて。
IMG_3121.jpg
IMG_3423.jpg
IMG_3424.jpg
エアエレメントは状態から新品交換。
他・整備を行い、エンジン関係整備は完了。
IMG_3430.jpg
IMG_3432.jpg
ブレーキフルードはテスターにて吸湿確認。交換必須。
DSC00019.jpg
DSC00020.jpg
バックモニターの取付も御依頼頂き、こちらも施工完了。
IMG_3443.jpg
IMG_3444.jpg
IMG_3445.jpg
IMG_3447.jpg
クルーズコントロールは故障個所の原因を診断機及び該当箇所点検にて特定し、該当箇所修理完了。
また経年劣化にて交換必要箇所もありの為、こちらも予防整備にて施工させて頂きました。

DSC00010.jpg
他、各整備完了。テスト走行にて、クルーズコントロール作動の確認OK。
車検ラインも無事クリア。 また今後の整備プランも御相談させて頂き納車させて頂きました。
この度も、御依頼頂き誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN DB9 車検(エンジン整備・排気システム/リアデファレンシャル整備)

ASTONMARTIN DB9 車検(エンジン整備・排気システム整備/リアデファレンシャル整備)になります。

DSC01087.jpg
アストンマーティン専用診断機にて各コンピュータ診断及び、各実装部品点検へ。
センサ不良箇所が有り、こちらは交換へ。

DSC01082.jpg
クーラント滲み有。Vバンク間ではなくサーモケースより。こちらはサーモスタットを含み各シール交換へ。
DSC01629.jpg
各油脂類交換。
DSC01635.jpg
DSC01615.jpg
DB9のリアデフ音鳴り対策施工。こちらのフィルタも重要です。クリーニングメンテナンス。
DSC01627.jpg
各足廻り整備。
DSC01080.jpg
他、各整備完了。テスト走行にて、整備後の良好を確認。車検ラインも無事クリア。
オーナー様へは今後の整備プランもお伝えし、整備完了させて頂きました。
整備でお困りの様でしたのでとてもお喜び頂きました。
この度は、御依頼頂き誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(エンジン点検・ASMクラッチ校正)

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(エンジン点検・ASMクラッチ校正)

エンジン各部点検及びASMクラッチの点検の御依頼。
DSC01064.jpg
DSC01063.jpg
DSC01061.jpg
エンジン各部点検、アストンマーティン専用診断機にて各コンピューター診断及び
ASMクラッチ校正を行い、オーナー様へ今後のエンジン各部、クラッチ交換のタイミング、
各々の整備プランをお伝えさせて頂きました。
この度は、御依頼頂き誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN DB9 メンテナンス(エンジン・電装システム整備)

ASTONMARTIN DB9 メンテナンス(エンジン・電装システム整備)になります。

DSC01048.jpg
エンジンチェックランプ点灯/排気システム警告灯メッセージ表示の為、修理御依頼頂きました。
DSC00994.jpg
アストンマーティン専用診断機にて各コンピュータ診断後、各箇所、実装部品の点検へ。
DSC01039.jpg
DSC01038.jpg
DSC01042.jpg
DSC01043.jpg
各部点検の結果、上流側ラムダセンサの不良と診断。該当箇所交換へ。
DSC01599.jpg
エアエレメントは状態から交換必須。新品へ交換。
DSC01597.jpg
DSC01589.jpg
スロットルボディはO-リング交換及びクリーニング施工。アストンマーティン専用診断機にて
実測値確認。数値は良好へOK。

DSC01591.jpg
DSC01593.jpg
DSC01593_20170929211622193.jpg
DSC01596.jpg
各整備完了。
DSC01053.jpg
アストンマーティン専用診断機にてエラー消去完了。
DSC01055.jpg
組付後、エンジンクリーニング施工。
V12エンジンスタートし、虎口の如くエキゾーストノートが響き渡り快音を轟かせます。

DSC01057.jpg
テスト走行にて、整備後の良好を確認。本来のエキゾーストサウンドを奏でておりました。
オーナー様へは今後の整備プランをお伝えし、整備完了させて頂きました。
この度は、御依頼頂き誠にありがとうございました。

BMW 330ciカブリオレ E46 車検整備(24ヶ月点検・エンジン/AT整備)

BMW 330ciカブリオレ E46 車検整備(24ヶ月点検・エンジン/AT整備)になります。

DSC01533.jpg
車検整備へ。先ずは油脂類交換から。
エンジンオイルはLIQUIMOLY HC-7をチョイス。

DSC01515.jpg
ブレーキフルードはフルードテスターにて吸湿有り、2年毎/交換必須。
DSC01534.jpg
エアエレメントは交換。
DSC01502.jpg
電装関係・オルタネータ・バッテリーは良好、OK。Before↑ After↓。
DSC01508.jpg
ハブ・ブレーキ・各足廻りはクリーニング&グリスアップ。ブーツ・ブッシュ系はOK。
DSC01509.jpg
DSC01519.jpg
続いてはATメンテナンス。懸念していたとうりATFの状態は良好ではない状態。
DSC01520.jpg
DSC01523.jpg
DSC01518.jpg
DSC01521.jpg
走行距離が少ない車両でも経年によるATF劣化も見られ、
ATクラッチによるスラッジ有り。ATフィルタ交換し、トルコン太郎にて圧送交換。

DSC01528.jpg
DSC01526.jpg
DSC01530.jpg
DSC01531.jpg
各部クリーニング施工し新品フィルタにて組付へ。
ATメンテナンスは車齢および走行距離に応じて的確な整備を行う事が重要です。

DSC01543.jpg
DSC01550.jpg
DSC01544.jpg
続いてエンジン・ATマウント交換へ。新旧↑経年によりマウントは潰れ
エンジンを正常な位置に保てていない状態。交換し正しい位置にマウントする事により
各振動・ヨーク角度等が適正になり本来の性能を発揮する事が出来ますのでお薦めの整備内容になります。

DSC01029.jpg
他整備完了。サービスインターバルリセットし、診断機上も問題無く、完了。
車検ラインも無事クリア。24ヶ月点検整備完了させて頂きました。
オーナー様も整備後のフィーリングにとても喜んで頂き、当社としましても整備に関わらせて頂き感謝しております。
この度は御依頼頂き、誠にありがとうございました。

アウディ S4(8E) メンテンス(エンジン整備・オルタネータ/ラジエタ電装関係整備)

アウディ S4(8E) メンテンス(エンジン整備・オルタネータ/ラジエタ電装関係整備)になります。

DSC00852.jpg
走行不能との事で修理御相談いただき、当社積載車にて入庫させて頂きました。
DSC00853.jpg
走行不能の原因はオルタネーター故障、ラジエタサイドタンクエンジン冷却水漏れが主な原因。
IMG_4060.jpg
オルタネーター新旧。こちらは水冷式ですが、リビルトオルタネータにて対応。
IMG_4093.jpg
ラジエター新旧。こちらは純正品にて対応。
IMG_4096.jpg
クーラントフランジは劣化が有り、確認したところ亀裂もあり、優良品へ交換。
DSC00862.jpg
IMG_4062.jpg
IMG_4066.jpg
シリンダヘッドカバ~ーからのオイル漏れ有り。こちらは各シール交換しヘッドカバーは再塗装。
DSC00884.jpg
バッテリーはVARTA製をチョイス。
IMG_4085.jpg
IMG_4095_201709272121569ed.jpg
各状態を把握しながら、組付へ。
DSC00886.jpg
DSC00887.jpg
整備完了。水冷式オルタネーターも問題無く発電しておりアウディ専用診断機にてチェック。
コンピューター上でも良好を確認。

DSC00878.jpg
テスト走行ではS4本来の力強い走りが戻り、オーナー様も、とても喜んでいただけました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

メルセデスベンツ S400HYBRYD W221メンテナンス(ハイブリッドシステム修理)

メルセデスベンツ S400HYBRYD W221メンテナンス(ハイブリッドシステム修理)になります。

ハイブリッドシステムが正常に作動せず、エンジンも始動出来ないとの事で修理御依頼頂きました。
DSC00916.jpg
DSC00827.jpg
テスターにて点検しSG-EM及びDC-DCコンバーターのハイブリッドシステムのエラーを確認。
電圧値も128Vまで昇圧し、各部点検の結果、パワーコントロールユニット内部の故障と判明。
ハイブリッドシステムパワーコントロールユニットは高額ですが、御連絡し修理御依頼を受け作業へ。

DSC00823.jpg
DSC00834.jpg
ユニット内部故障の為、テスター上にて高電圧解除作動が不可能の為、手動にて高電圧解除実行。
ゴニョゴニョくるくるポンにて無事、高電圧解除、切り離しに成功。
この作業が出来ないと、高電圧に感電した場合は死亡してしまうリスクがあります。

IMG_4103.jpg
ハイブリッドシステムパワーコントロールユニットはマニホールド下部にあり、
インシュレーター装着ととLLCにより冷却されている。

IMG_4104.jpg
IMG_4106.jpg
IMG_4102.jpg
新/旧ユニット。新品ユニットを取付へ。
DSC00926.jpg
DSC00930.jpg
DSC00929.jpg
DSC00951.jpg
ユニット取付後、プログラミング実施。無事完了し、ユニット適合、認識OK及びエラー無し。
E8BCB8A1-8F7E-4394-A7E8-E2AB306134DB.jpg
DSC00947.jpg
高電圧解除後は、ハイブリッドシステムも問題なく作動。
DSC00954.jpg
動作不動だったエアコンも無事作動。TEXA780Rにてエアコンサイクル再構築し5.0℃まで冷える様に。
DSC00927.jpg
エンジンクリーニング実施。
DSC009441.jpg
作業完了後、テスト走行実施し各箇所問題無い事を確認。
故障個所の特定/難度が高く、高額修理案件でしたが無事、修理完了させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

BMW MINI CooperS R56 修理(エンジン整備・ハイプレッシャーポンプ)

BMW ミニ CooperS R56 修理(エンジン整備・ハイプレッシャ高圧ポンプ)になります。

DSC00889.jpg
整備は残念ながら、行き届いていない状態。
DSC00908.jpg
エンジンチェックランプ点灯し、エンジンも息継ぎをしている状態。
DSC00890.jpg
BMW専用診断機にて診断。エラーは点火系ミスファイアと高圧ポンプ系統など入力有りの為、実装部品の点検・診断へ。
DSC00891.jpg
DSC00896.jpg
DSC00894.jpg
DSC00897.jpg
エンジン故障及び不調の原因は高圧ポンプと診断。高圧ポンプ及び各故障部品を交換。
また埃が大量に付着しているため、クリーニングを同時に施工していきます。

DSC00899.jpg
DSC00900.jpg
エアエレメントは清掃にてOK。
DSC00909.jpg
DSC00912.jpg
点灯していたエンジンチェックランプも無事、消灯。
DSC00902.jpg
DSC00914.jpg
各、組み付け完了。高圧ポンプも問題なく駆動。肝心のインジェクターは全数、アクティベーションにてOK。
エンジンが息を吹き返し、テスト走行においても問題無し。エンジン整備完了させて頂きました。
この度は、御依頼頂き誠にありがとうございました。

BMW 335iカブリオレ E93 車検整備(24ヶ月点検・エンジン/AT整備)

BMW 335iカブリオレ E93 車検整備(24ヶ月点検・エンジン/AT整備)になります。

車検点検整備へ。BMW専用診断機にて各コンピューター診断し、各部点検していきます。
IMG_4016.jpg
ヘッドカバーはオイル滲み有の為、交換へ。
IMG_4018.jpg
IMG_4019.jpg
インジェクタ・イグニッションコイルはOK。
IMG_4023.jpg
スパークプラグは状態、経年により全数、新品へ交換。
IMG_4028.jpg
エンジンクーラントはWAKO’Sクーラントブースタにて消泡性能を保持し
ウォータージャケット系のシールを保護します。。

IMG_4020.jpg
IMG_4022.jpg
バッテリーは交換時期の為、VARTA AGMへ交換。こちらは診断機にてパワーマネジメント変更設定。
1200.jpg
AT整備はDCT(DKG)各キャリブレーション施工及びメカトロ/ソレノイドフラッシング洗浄施工。
上りの坂道で下がってしまう症状は改善し、シフトフィーリングも良好に。

IMG_4011.jpg
ブレーキパッドは交換時期の為、ATEセラミックをチョイス。
制動力を損なうことなくこれでホイールの汚れが目立たなくなります。

IMG_4013.jpg
ハブはクリーニング。Before↑ After↓。
IMG_4014.jpg
DSC00788.jpg
BBSのアルミホイールはガリ傷有の為、ホイールリペアを承りました。
リペア完了し、新品の様に綺麗な状態に。当社ではホイールリペアも承っております。

IMG_4024_201709061102297bb.jpg
エアコンフィルタ交換。細かい埃やチリをキャッチし室内空間を清潔に保つと共にエバポレータの保護
も兼ねており、1年の定期交換がお薦めです。

IMG_4026.jpg
エアコンフィルタはMANNFILTER製プレシャスフィルタをチョイス。
PM2.5や花粉を取り除いてくれる高性能エアコンフィルタ。度々ですが、例えて、掃除機でいえばダイ○ンと言ったところでしょうか。

DSC00792.jpg
各整備完了し、各機関良好。テスト走行でもターボチャージャのレスポンス・車体のフィーリングが良好に。
DSC007950.jpg
車検検査ラインも無事クリアし整備作業完了。納めさせて頂きました。
オーナー様は、とても大事にされているお車ですので
当社としましても整備に関わらせて頂き感謝しております。
この度も御依頼頂き誠にありがとうございました。

BMW 530iTRG E61 車検整備(24ヶ月点検・エンジン/AT整備)

BMW 530iTRG E61 車検整備(24ヶ月点検・エンジン/AT整備)になります。

先ずはBMW専用診断機にて各コンピューター診断し、実装部への点検整備施工。
油脂類交換、エンジンフラッシングから。
WURTH製オイルトリートメントにて施工。素早くスラッジを廃油と共に排出したのち、
各オイルギャラリーへのトリートメント効果が期待できます。また環境負荷低減の為、ロングドレン向きのエンジンには、
バルブリセス部のスラッジ等の溶融洗浄・排出にもお薦めです。

IMG_3948.jpg
オイルエレメント交換。新・旧。
IMG_3942.jpg
ブレーキフルード交換。交換必須ですがフルードテスターにて水分含み、交換要の状態。Before↑ After↓。
IMG_39410.jpg
IMG_3957.jpg
エアエレメントは経年の為、優良品にて新品交換。
IMG_3971.jpg
AT整備へ。今回、車検のタイミングで当社でお薦めしている交換サイクルの為、
ATF及びATFフィルタ・ATスリーブを同時交換施工。

IMG_3965.jpg
IMG_3966.jpg
マグネットにはATスラッジが蓄積しておりこちらは新品オイルパンと共に新品へと交換。
IMG_3969.jpg
新・旧スリーブ。
IMG_3972.jpg
交換後は各ギアの変速ショックも無くなりスムーズに。ATソレノイドやバルブボディにスラッジが蓄積する前に交換をお薦めしています。
IMG_3951.jpg
各車輪、ハブ部クリーニング施工。
IMG_3950.jpg
IMG_3959.jpg
エアコンフィルタ交換。細かい埃やチリをキャッチし室内空間を清潔に保つと共にエバポレータの保護
も兼ねており、1年の定期交換がお薦めです。

IMG_3958.jpg
また、エアコンフィルタはMANNFILTER製プレシャスフィルタをチョイス。
PM2.5や花粉を取り除いてくれる高性能エアコンフィルタ。度々ですが、例えて、掃除機でいえばダイ○ンと言ったところでしょうか。

DSC00739.jpg
メンテナンスインターバルリセット完了。
DSC00740.jpg
車検整備及び、各箇所整備完了。
各機関良好を確認、車検ラインも無事クリアし整備作業完了させて頂きました。
オーナー様にも車両全体のフィーリングが良くなり、とてもお喜び頂きました。
この度も御依頼頂き誠にありがとうございました。