ARCHIVE

記事一覧

年末年始休業期間のお知らせ

拝啓 時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜りますとともに、
当社ホームページ及びブログをご覧頂き、厚くお礼申し上げます。早いもので、もうご挨拶をする日付となりました。
本年中のご愛顧に心より御礼申し上げます。
来年も皆様のお役に立てる様、誠心誠意努力する所存でございます。

尚、弊社の年末年始の休業期間は下記の通りです。

〔年末年始休業期間〕
12月30日(水)~1月5日(火)

来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、
年末のご挨拶とさせて頂きます。

CIMG0050.jpg
CIMG0053.jpg
IMG_3558.jpg

ポルシェ 987Boxster S メンテナンス(24ヶ月点検・エンジン修理)

ポルシェ 987Boxster S メンテナンス(24ヶ月点検・エンジン修理)入庫になります。
CIMG9906.jpg
車検整備・エンジンチェックランプ点灯し修理御依頼です。
CIMG97960.jpg
早速、ポルシェ診断機にてエンジンチェックランプ点灯内容及び車両状態を診断。
CIMG9798.jpg
触媒下流O2センサのエラーによるコード。左右バンク同時に入力は何かあると思う。
CIMG9853.jpg
CIMG9851.jpg
CIMG9853.jpg
CIMG9848.jpg
汎用O2センサに交換されており、他工場にてコネクタ加工の際、左右共に結線の接続不良によるフォルトでした。
CIMG9854.jpg
CIMG9821.jpg
CIMG9828.jpg
両バンク結線修理し、02センサーモニターしながら実際の数値を排ガステスタにてモニターし
HCも50~60PPMと触媒は無事機能しており、触媒の損傷が無く良かったと思います。

CIMG9808.jpg
CIMG9809.jpg
CIMG9811.jpg
光軸はロービームにて測定、エイミング。
CIMG9819.jpg
CIMG9835.jpg
CIMG9839.jpg
CIMG9833.jpg
バッテリは充電でOK。エアエレメント及びオイルエレメントは交換。
CIMG9867.jpg
CIMG9861.jpg
CIMG9862.jpg
CIMG9864.jpg
CIMG9868.jpg
24ヶ月定期交換によるブレーキフルード・クラッチフルード交換。
CIMG9843.jpg
CIMG9842.jpg
MTオイルはFUCHSにて交換。熱ダレやシフトフィーリングが安定しているのでお勧めです。
CIMG9880.jpg
エンジン冷却水も交換。冷却水は経年経過すると消泡性分が著しく低下し
キャビテーションによるウォーターポンプの故障、水路のパッキンやシールを侵食し様々な故障を
引き起こす原因になるので、当社では、車種により様々ですが基本24ヶ月経過で交換をお奨めしています。

CIMG9890.jpg
CIMG9893.jpg
CIMG9891.jpg
CIMG9887.jpg
オイルレベルチェック及びメンテナンスサービスリセット実行。
エンジンチェックランプ消去し、各点検整備完了。24か月点検整備完了させて頂きました。
この度は御依頼誠にありがとうございました。

メルセデスベンツCLK320 12ヶ月点検(エンジン整備・ステアリング電動チルト他)

メルセデスベンツCLK320 12ヶ月点検(エンジン整備・ステアリング電動チルト他)入庫になります。

CIMG9729.jpg
先ずはエンジンから
CIMG9700.jpg
CIMG97080.jpg
ヘッドカバーパッキンよりオイル漏れの為こちらは左右バンク交換。
CIMG9710.jpg
CIMG9713.jpg
CIMG9712.jpg
CIMG971400.jpg
セパレーター部も、勿論施工。エアパイプは経年により、硬化してしまっているのでこちらは予防交換。
CIMG9792.jpg
CIMG97940.jpg
CIMG9726.jpg
A/Cはガス充填量オーバーの為、冷媒サイクルメンテナンス施工しケミカル類交換し完了。
記録簿やメンテナンスメモリーが無いですが、エンジンの状態からオイル管理はきちんとされていたようです。

CIMG9615.jpg
CIMG9730.jpg
CIMG9732.jpg
足廻りはコントロールアームブッシュ左右共に亀裂有の為、ブッシュ交換。
CIMG9742.jpg
電動チルトが機能せず上端の位置にある為、オーナー様の運転位置に調整する事が出来ずこちらも修理御依頼。
IMG_9084.jpg
IMG_9082.jpg
CIMG9748.jpg
CIMG9747.jpg
CIMG9749.jpg
原因は電動チルト駆動モーターのカップリングカラーの破損。画像にあるとうり破断して動力が伝わらない状態。
こちらは交換し、電動チルトは正常に機能する状態に

CIMG9753.jpg
CIMG9754.jpg
IMG_9083.jpg
メンテナンスインターバルリセット実行。他点検し問題無い事を確認し、点検整備完了させて頂きました。
この度は、御依頼頂き誠にありがとうございました。

BMW 650iカブリオレ E64ATFメンテナンス(ATオイルパン/ATF交換トルコン太郎)

BMW 650iカブリオレ E64ATFメンテナンス(ATオイルパン/ATF交換トルコン太郎にて)入庫になります。

CIMG9552.jpg
CIMG9542.jpg
ATFオイルパン新旧。
CIMG9546.jpg
ATFは2度目の交換で今回は全量交換で交換効率を考慮し20リットル使用の予定。
CIMG9551.jpg
オイルパン交換時に抜いた初回時のATFと比べるとトルコン太郎装置内の廃油モニターのATFは一目瞭然。
CIMG9550.jpg
交換効率も良く.およそ12リットル使用で新油に。交換後の変速フィーリングも改善し
オーナー様にも大変喜んでいただきました。ATFも定期メンテナンスが大事です。
この度も、御依頼頂き誠にありがとうございました。

VW パサート 3BZ メンテナンス(タイミングベルト・W/P・他)

VW パサート 3BZ メンテナンス(タイミングベルト・W/P・他)入庫になります。
CIMG96960.jpg
走行距離が10万キロ手前になりましたので予防整備として消耗品のタイミングベルト交換を御依頼頂きました。
CIMG9627.jpg
フロントメンバー脱着での作業の為、A/Cガス回収及びクーラント・ATF排出。
CIMG9636.jpg
CIMG9637.jpg
CIMG9641.jpg
CIMG9644.jpg
CIMG9645.jpg
CIMG9647.jpg
CIMG9654.jpg
CIMG9661.jpg
オイルシール系は交換歴有。タイミングベルト・テンショナー・アイドラプーリ・ウオーターポンプ等消耗品交換。
CIMG9662.jpg
CIMG9664.jpg
CIMG9670.jpg
CIMG9671.jpg
CIMG9673.jpg
脱着時に判明した、PCVホース劣化の為、こちらは交換。各部組付し,
TEXA780RにてA/Cガス・A/Cオイル充填。エアコンフィルタも交換時期の為、交換。

CIMG9688.jpg
2年ほど前にダッシュボード脱着し、A/Cフラップ修理させて頂いているので
こちらも点検、ライブモニターにてフラップ動作異常なし。

CIMG9691.jpg
CIMG9694.jpg
CIMG9695.jpg
エンジン水温及びバルブタイミングも良好。
CIMG96960.jpg
CIMG9697.jpg
油脂類も交換し、各整備完了させて頂きました。
タイミングベルトやエンジン冷却水を循環させるウォーターポンプは消耗品です。
節目、節目で定期点検を行い、しっかりと整備する事によりお車の寿命は延びます。
クルマもヒトと同じく健康診断が必要です。
頭脳はコンピューター。目はヘッドライト。肺はエアエレメント。血液はエンジンオイル。
関節や筋はサスペンションやブッシュ、ブレーキ及びタイヤなど、人のカラダに例える事が出来ますが
特に調子が悪くなくても、点検により未然に故障を防ぐことが出来ますので点検はとても大事です。
この度も御依頼頂き誠にありがとうございました。