OFFICIAL BLOG

ブログ

BMW 525i E60 メンテナンス(エンジン整備・ATFエレメント/トルコン太郎ATF交換)

BMW 525i E60 メンテナンス(エンジン整備・ATFエレメント/トルコン太郎ATF交換)になります。

AT警告灯点灯にて御依頼頂きましたが、エンジンも整備が必要な状態。診断、整備へ。
IMG_2188.jpg
IMG_2190.jpg
エンジンオイル漏れ有、また漏れている量も多い状態。
IMG_21891
点検中に判明したが、他工場にて、バキュームラインに不自然なバンドが、恐らくオイル漏れを直そうとして
オイルラインと勘違いしてホースバンドを取付と思われる。バキュームラインなのでとても恐ろしい。
ブレーキが正常に効かなくなることも有るので判明して良かったと思います。それにしてもヒドイ。

IMG_2192.jpg
O/Lの原因はPCVと判明、交換へ。ブロックや各箇所も点検及び清掃へ。
IMG_2193.jpg
IMG_2194.jpg
IMG_2195.jpg
IMG_2204.jpg
IMG_2196.jpg
IMG_2211.jpg
こちらは2次エアを吸っていた為、交換必須。
IMG_2209.jpg
シリンダブロックや各箇所、清掃。これも大事な事で整備の範囲です。
IMG_2215.jpg
ステムシールは経年有るもののOK。
IMG_2205.jpg
IMG_2207.jpg
こちらも点検及び清掃。
IMG_2214.jpg
各シール類交換。
IMG_2235.jpg
エンジン整備完了。
IMG_2236.jpg
続いてATへ。一定の条件下にての入力コード有。
フォルトはEGS3-4速有り。オーナー様と相談し、ATエレメント交換及びトルコン太郎にてATF圧送交換へ。

IMG_2240.jpg
IMG_2243.jpg
IMG_2245.jpg
IMG_2244.jpg
IMG_2252.jpg
トルコン太郎にて圧送交換完了。ATフルードは良い色です。良好。
IMG_2248.jpg
IMG_2250.jpg
IMG_2251.jpg
レインフォースプレート清掃。いつも縁の下で
頑張ってくれている部品ですから綺麗にしてあげると喜んでいることでしょう。

IMG_2257.jpg
各箇所整備完了し、ATF油面確認も兼ね、テスト走行へ。バキュームライン及びブレーキタッチもOK。
トルコン太郎でのATF圧送交換も有り、変速時のフィーリングも良好に。
再度各箇所点検しオーナー様へ納めさせて頂きました。
ATはクラッチの状態を勘案し、ATFを選択させて頂きましたので、
後日、オーナー様よりフィーリング等、インプレッションを伺う予定。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

BMW MINI Cooper R50 メンテナンス(エンジン不調修理)

BMW MINI Cooper R50 メンテナンス(エンジン不調修理)になります。

エンジン始動時に時間が掛かる時がある。エンジンが停まってしまう時があるとの事で修理御依頼。
IMG_2072.jpg
コンピュータ診断機にて診断し、各箇所を点検へ。
IMG_2054.jpg
原因は燃料ポンプと判明。交換へ。優良品にて対応。
IMG_2056.jpg
IMG_2057.jpg
IMG_2060.jpg
IMG_2058.jpg
燃料フィルタ交換。当然のことながら、フィルタの仕事をしていますがお勤めご苦労様といった所。
こちらも優良品にて対応。ラバーシール、O-リング類も同時交換。

IMG_2061.jpg
IMG_2063.jpg
続いて燃料ポンプ交換。
IMG_2065.jpg
IMG_2068.jpg
IMG_2072.jpg
作業完了し、燃圧も正常値を確認。またテスト走行及びエンジンクランキング時も改善されている事を確認。
IMG_206900.jpg
ラジオアンテナの感度が悪いので改善の御依頼も受けさせて頂きました。
ブースタ付加にても改善されない為、ラジオアンテナ新設により感度良好に。

IMG_20690.jpg
↑Befor ↓After 感度良好になり”STEREO”が表示される様に。こちらも整備完了。
IMG_2076.jpg
IMG_2075_201701220039022fe.jpg
各作業完了し、テスト走行にてエンジンの状態も良好を確認し、整備完了させて頂きました。
この度も御依頼頂き誠にありがとうございました。

BMW MINI CooperS R56 メンテナンス(リアフォグライト警告灯点灯修理)

BMW MINI CooperS R56 メンテナンス(リアフォグライト警告灯点灯修理)になります。

IMG_1788.jpg
画像の様に警告灯点灯の為、修理依頼。
IMG_1794.jpg
フォルトはFRMにて左右入っている状態。
IMG_17920.jpg
FRM/各ハーネス点検し、原因及び故障箇所特定。修理にて対応。
IMG_1789.jpg
IMG_1791.jpg
IMG_179700.jpg
修理完了し、警告灯も消灯。リアフォグ及びアダプティブブレーキライトも正常に動作OK。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

BMW Z4 sDrive23i E89 車検整備(24ヶ月点検・エンジン整備)

BMW Z4 sDrive23i E89 車検整備(24ヶ月点検・エンジン整備)になります。

IMG_1452.jpg
BMW診断機を併用しながら点検へ。
IMG_1449.jpg
テスター上ではフォルトは無し。続いて整備へ。
IMG_1448.jpg
バッテリーは良好。
IMG_1451.jpg
エンジンオイルは汚れ大。これ以上、交換スパンを伸ばすと、各機関に影響が出ると思います。
PCV経路も樹脂通路箇所を通る為、Oリングや樹脂部品を余計に痛めサーマルキャパシティを
越えてのエンジンオイルの使用は、当社ではロングライフはおススメしておりません。
WURTHフラッシングトリートメントにてフラッシング施工後、今回はLIQUIMOLY HC-7 5W/40をチョイス。

IMG_1450.jpg
IMG_1456.jpg
こういった箇所のOリングも交換。
IMG_1457.jpg
IMG_1460.jpg
IMG_1461.jpg
IMG_1466.jpg
ブレーキ廻り洗浄。ダストは落ちブレーキパッド廻りもメンテナンスにより良い状態へ。
IMG_1467.jpg
IMG_1468.jpg
IMG_1470.jpg
IMG_1471.jpg
オイル滲み・漏れはOK、下廻り各部良好な状態。
IMG_1489.jpg
IMG_1486.jpg
IMG_1485.jpg
IMG_1478.jpg
エアコンフィルタは一目瞭然で交換。
IMG_1483.jpg
エアエレメントは清掃。↑Befor ↓After
IMG_1484.jpg
IMG_1491_20161228060147b70.jpg
ブレーキフルードは24ヶ月で交換。↑Befor ↓After
IMG_1493.jpg
IMG_1498.jpg
オープンリッド各給油。
IMG_1510.jpg
メンテナンスインターバルリセット、各項目更新。
IMG_1512.jpg
オーナー様からの御要望でキドニーグリル交換。
IMG_1502.jpg
IMG_1505_20161228062211783.jpg
IMG_1495.jpg
各箇所整備完了しテスト走行もOK。
IMG_1497.jpg
IMG_5103_20161228065015032.jpg
車検整備完了。フィーリングは明らかに変わり、良好な状態に。
オーナー様にも喜んで頂きました。また今後の整備プランを提案させて頂き、納車完了させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

BMW 120iカブリオレ 車検整備(24ヶ月点検・エンジン整備・電装修理)

BMW 120iカブリオレ 車検整備(24ヶ月点検・エンジン整備・電装修理)になります。
img_1548
IMG_1543_2016122700342180d.jpg
先ずは、電装から修理へ。デフロスタが効かず今時期の冷え込んだ時期では
リアスクリーンが曇り視界が悪くお困りとの事。デフロスタスイッチは入るが実際は機能していない状態。

IMG_1537.jpg
IMG_1536.jpg
IMG_1535.jpg
BMW診断機にてコンピューター上はエラーが無い状態。実装部品の点検の結果、不具合箇所特定し、修理へ。
IMG_1544.jpg
IMG_1540_201612270040216a4.jpg
各箇所修理完了しデフロスタは機能するように。温度の上昇も確認。
IMG_1516_201612270043080f2.jpg
エンジン整備へ。白煙を吹く時があるとオーナー様からの申し出があり、状態をチェックしていくとロングライフの影響と
共に、オイル管理がわるい状態。WURTHフラッシングトリートメントにてフラッシング施工。

IMG_1519.jpg
IMG_1524.jpg
IMG_1525.jpg
IMG_1522.jpg
IMG_1532.jpg
IMG_1533.jpg
オイル消費量と触媒等々状態チェック。白煙は減少へ。
IMG_1435.jpg
IMG_1419.jpg
IMG_1427.jpg
IMG_1426.jpg
足廻り各整備・状態の連絡と御提案。
IMG_1443.jpg
IMG_1442.jpg
IMG_1438.jpg
IMG_1439.jpg
エアコンフィルタはMANNFILTER製プレシャスフィルタをチョイス。毎度ですが、
PM2.5や花粉を取り除いてくれる高性能エアコンフィルタ。度々ですが、例えて、掃除機でいえばダイ○ンと言ったところでしょうか。

IMG_1424.jpg
他、整備作業完了し、24ヶ月点検整備完了させて頂きました。
この度は御依頼頂き、誠にありがとうございました。

BMW 530iTRG E61 エンジン修理(警告灯点灯・水廻り)

BMW 530iTRG E61エンジン修理(警告灯点灯・水廻り)になります。
img_1167
IMG_1141.jpg
エンジン警告灯し、アイドリング域も不安定な状態での入庫。
BMW専用診断機にてイグニッションコイル不良と判明。実際の箇所を故障診断へ。

IMG_1137.jpg
故障該当コイルは全く反応なし。
IMG_1144.jpg
劣化具合から判断し今回はイグニッションコイル・プラグ全数交換へ。
イグニッションコイルコイルは純正品ではなく社外優良品にて対応。

IMG_1147.jpg
IMG_1148.jpg
IMG_1149.jpg
こちらは作業完了し、冷却系統の整備へ。
IMG_1160.jpg
水廻り点検の結果、交換箇所の特定が判明。
常時、水が漏れてくるのではなく、特定の条件にて画像の様に接続部から冷却水が漏れてしまう状態。

IMG_1162.jpg
各ホース系及びエクスパンションタンクも交換。
IMG_1165.jpg
IMG_1167.jpg
各整備完了し、診断機にてチェック、及びテスト走行完了し、オーナー様へ納めさせて頂きました。
この度も御依頼頂き、誠にありがとうございました。

BMW 650iカブリオレ E64メンテナンス(エンジン分解整備)入庫④

BMW 650iカブリオレ E64メンテナンス(エンジン分解整備)入庫③の続きになります。
img_5345
IMG_5310.jpg
IMG_5344.jpg
IMG_5333.jpg
バルブトロニックや各タイミングを確認し、完成へ。
イグニッションコイルは優良品にて全数交換。

IMG_5561.jpg
IMG_5566.jpg
IMG_5565.jpg
戻るべき場所へ戻り、各油脂類補充し、ハーネスチェック等々
各部最終チェックを行い、いよいよエンジンに火を入れます。

IMG_5556.jpg
無事、エンジンに火が入る。
IMG_5568_201610161001103ff.jpg
テスト走行を済ませ、各数値を点検。テスター上もエラー無し。
IMG_5594.jpg
お預かりしている間に車検期日は経過したので24ヶ月点検も済ませ
検査ラインも無事パス。

IMG_5597.jpg
完成し、無事オーナー様の元へ納車させて頂きました。この度は御依頼頂き、誠にありがとうございました。

BMW 650iカブリオレ E64メンテナンス(エンジン分解整備)入庫③

BMW 650iカブリオレ E64メンテナンス(エンジン分解整備)入庫②の続きになります。
img_5071
IMG_5092.jpg
メイン箇所は追加施工しながらの組付。
CIMG9711.jpg
CIMG9716.jpg
CIMG9714.jpg
IMG_4509.jpg
ピストン及びヘッドは洗浄し組付へ。
IMG_5123.jpg
IMG_5126.jpg
ガチガチでかなり堆積している。
IMG_5133.jpg
ここまでもかなり落ちているが、更に洗浄へ。
IMG_5079.jpg
IMG_5141.jpg
IMG_5143.jpg
ヘッド廻り組付へ。常に神経を遣いながらの作業になります。
IMG_5147.jpg
IMG_5155.jpg
IMG_5154.jpg
クランクハブも塑性域での締付にて。専用SSTにての締付作業。こちらもSSTが無いと締付できません。
重要な箇所ですので全てに神経を配ります。

IMG_5283_20161016093637fb8.jpg
IMG_5285.jpg
IMG_5286.jpg
CIMG9432.jpg
組み上げへ。既にオルタネーターもオイル漏れにより状態も加味し
交換の相談もお客様より受けており、こちらも新品へ。(リビルト設定無し)
④へ続く

BMW 650iカブリオレ E64メンテナンス(エンジン分解整備)入庫②

BMW 650iカブリオレ E64メンテナンス(エンジン分解整備)入庫①の続きになります。
img_4494
バルブトロニック等々、各機構を状態をチェックしながら分解へ。
IMG_4501.jpg
IMG_4401.jpg
インジェクターもチェックし各O-リングも交換。
IMG_4403.jpg
車載時の画像でクーラントが漏れていた箇所がこちら。
IMG_4839_20161016082438dd6.jpg
IMG_4840_2016101608244093b.jpg
IMG_4843_2016101608244186a.jpg
IMG_4846.jpg
クーラント管理がなされていなかった事により熱及びキャビテーション(以前に他工場にてW/P交換歴有)
発生により該当箇所損傷により冷却水漏れとの判断。
③へ続く

BMW 650iカブリオレ E64メンテナンス(エンジン分解整備)入庫①

BMW 650iカブリオレ E64メンテナンス(エンジン分解整備)入庫になります。
img_4469CIMG93211.jpg
IMG_4385_20161016073736814.jpg
エンジン冷却水由来の警告灯点灯により入庫となりましたが、ホース系統からではなく
ENGフロントケース内クーラントフィードシール部より漏れの為、エンジン脱着し、降ろしての作業となります。

エキゾーストシステム/ATを降ろしエンジン脱着へ。
IMG_4449.jpg
IMG_4450.jpg
IMG_4461.jpg
IMG_4486 - コピー
エンジン各機構チェックしつつ、分解へ。
IMG_4487.jpg
IMG_4495.jpg
IMG_4497.jpg
IMG_4499.jpg
既にオイル漏れを起こしている箇所も含めO/Hへ。
②へ続く。