ARCHIVE

記事一覧

プジョー 508SW メンテナンス(車検整備・エンジン整備・パワーウィンドウ修理)

プジョー 508SW メンテナンス(車検整備・エンジン整備・パワーウィンドウ修理)になります。

先ずはテスタによる診断を実施。
故障履歴を読み取り、各部の状態を確認。
その後、各部の漏れや締付などの点検を行っていきます。

DSC01901.jpg

DSC01947.jpg

DSC01948.jpg

DSC01973.jpg

DSC01972.jpg

DSC01974.jpg
車両をリフトアップすると、冷却水の漏れを確認。
ラジエターホース接続部とサーモハウジングの合わせの2箇所から漏れが発生していましたので、
部品を交換させていただきました。

DSC02349.jpg

DSC02351.jpg

DSC02353.jpg
点検を進めていると、カムカバーからのオイル漏れを確認。
カムカバーを外し、接合部を清掃。
カムカバーシールを交換させていただきました。
外したシールは、経年劣化により弾力を失いすぐに切れてしまう状態になっていました。

DSC02340.jpg

DSC02341.jpg

DSC02342.jpg

DSC02343.jpg

DSC02345.jpg
車検ご入庫の予定の直前に運転席の窓が動かなくなってしまったということで、
点検すると、レギュレーターモーターのワイヤーが切れてしまっていましたので、
パワーウィンドウレギュレーターの交換にて修理させていただきました。

DSC01963.jpg

DSC01964.jpg

DSC01965.jpg

DSC01968.jpg

DSC01949.jpg

DSC01950.jpg

DSC01951.jpg

DSC01958.jpg

DSC01960.jpg
各部消耗品の交換をさせていただきました。
ブレーキの摩耗やバンプラバーの劣化などは普段乗っていても気づきにくい部分ではありますので、
きっちりとみさせていただき、安心して乗って頂ける状態にさせていただきました。

CBA9057A-787E-4776-9352-97512D816B8A.jpg
各油脂類の交換の後、ライトの向きなどを調整し、無事にラインを通過。
各部の機能チェックの後、お客様へお返しさせていただきました。
この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。