OFFICIAL BLOG

ブログ

アウディ A3 メンテナンス (車検整備・エンジン整備・ブレーキ整備)

アウディ A3 メンテナンス (車検整備・エンジン整備・ブレーキ整備)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
灯火廻りやエアコンなど、普段お客様がお使いになる機能が正常に作動することを確認。
テスタにて各モジュールの故障コードの有無を点検します。

DSC01862.jpg

DSC01863.jpg

DSC01865.jpg

DSC01867_20210407180158733.jpg
エンジンルーム内の点検を行っていきます。
エンジンルーム内では、各油脂の量や状態、エアクリーナーなどの汚れ具合などをみていきます。
汚れや劣化があるものは、お客様へお見積としてご案内させていただき、
了承いただいたものに関して修理や交換をさせていただきます。

DSC01874.jpg

DSC01875.jpg

DSC01876.jpg

DSC01877.jpg
エンジンオイルが劣化していましたので、エンジンオイルとオイルフィルターの交換をさせていただきました。
また、ブレーキフルードも測定器にて測定すると吸湿してしまっており、十分な性能が発揮できない状態となっていましたので、
交換をし、安心して乗っていただけるお車となりました。

DSC01956.jpg
エアクリーナーが汚れていましたので、新品へ交換。
エアクリーナーが汚れると、エンジンのレスポンスや燃費が悪化、
エンジンが調子を崩してしまい、チェックランプが点灯してしまうこともありますので、
定期的な点検と交換がおすすめです。

DSC01959.jpg

DSC01961.jpg
ワイパーやエアコンフィルターなど、その他の消耗品も交換。
走る、止まる、曲がるには関係のない部品ですが、
この様な消耗部品をメンテナンスすると、ストレスなく、快適にドライブできるお車となります。

DSC01880.jpg

DSC01881_202104071802100fb.jpg

DSC01888.jpg

DSC01878.jpg

DSC01879.jpg

DSC01887_20210407180212e2e.jpg
ブレーキ廻りやホイールの裏、エンジンルーム内など、各整備箇所を清掃や給油をしながら復元。
タイヤを取り付け車両をリフトから降ろします。

DSC01889_20210407180215477.jpg

DSC01958_20210407180247611.jpg

DSC01957.jpg

62D83108-0E1B-473E-839E-7A0BEB377964.jpg
車検に必要な調整箇所を調整し、車検を更新。
添加剤の添加やバッテリーの充電など、各部のコンディションを整えお客様の元へお車をお返しさせていただきました。
この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

アウディ TTクーペ 3.2 クワトロ 8N 車高調キット 取り付け

アウディ TTクーペ 3.2 クワトロ 8N 車高調キット 取り付けになります。


お客様より車高調キットの取り付けのご依頼をいただきましたので、STの車高調整キットを取り付けさせていただきました。
STは、KWのサスペンション技術をフィードバックし、比較的リーズナブルながら高品質なサスペンションのメーカーになります。

DSC00286.jpg

DSC00285.jpg

DSC00287_20210331180606374.jpg
先ずはフロントショックの交換です。
フロントショック交換時には、アッパーマウントの移植が必要なのですが、アッパーマウントは経年により劣化していましたので、
純正の新品へ交換をさせていただきました。

車高調キットのショックアブソーバーはショートストロークになる為、純正と比べると全長が短くなり、見た目もスポーティーな印象となります。

DSC00290_20210331180607857.jpg

DSC00291.jpg

DSC00292.jpg

DSC00293.jpg

DSC00295.jpg
リア廻りの作業へ移ります。
リア廻りのショックアブソーバー交換時にはインナーフェンダーを取り外す必要がありますので、
取り外したインナーフェンダーやその裏側を清掃しながら組み付けさせていただきました。
取り外したショックアブソーバーは抜けてしまっており、縮めると戻らない状態となってしまっていました。

052E56D7-8AD7-4FB1-8463-2C74E7BB42C3.jpg
最後に車高やアライメントを調整しロードテストを実施。
踏ん張りの効くスポーティーな乗り味のお車となりました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

アウディ TTクーペ 3.2 クワトロ 異音修理

アウディ TTクーペ 3.2 クワトロ 異音修理

走行中車両後方より異音がするとのことで修理のご依頼をいただきました。
ロードテストを行うと、後方より異音を確認しましたので、
車両をリフトアップし下廻りの締め付け具合やブッシュの状態などを確認しました。

DSC00158.jpg
サスペンション廻りを点検すると、リアスプリングのアッパーシートに亀裂が入ってしまっていましたので、
お客様へ状況を説明し、交換をさせていただくこととなりました。

DSC00159_20210127182621f45.jpg
スプリングシートを取り外すと、経年劣化によりボロボロと崩れてしまう状態となっていました。
スプリングシートなどの足廻り関連の部品は、車重を支え続けていますので、
経年による劣化で、状態が悪化し本来の性能を発揮できなくなってしまいます。

定期点検や車検の際にも、劣化している場合は交換をおすすめさせていただいております。

DSC00160_20210127182623a7c.jpg

DSC00163.jpg
左右共に新品を取り付け車両を復元しました。

A7652337-3385-40B2-AAB9-5642D643A9A8.jpg
交換後は、再度確認の為ロードテストを行い、異音が出ないことを確認。
お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。

アウディ A3 8P メンテナンス (車検整備・エンジン整備・足廻り整備・ブレーキ整備)

アウディ A3 8P メンテナンス (車検整備・エンジン整備・足廻り整備・ブレーキ整備)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
灯火廻りやエアコンなど、普段お客様がお使いになる機能が正常に作動することを確認。
テスタにて各モジュールへの故障コードの入力の有無を点検します。

DSC00420.jpg

DSC00432.jpg

411C1CDE-958C-4329-B24A-3743281395D3.jpg

DSC00428.jpg

DSC00429.jpg

DSC00430.jpg

DSC00424.jpg
エンジンルーム内の点検を行います。
エンジンルームでは、各油脂類の量や状態を目視や測定器を用いて確認します。
また、ホースなどに亀裂がないことや、オイルや冷却水に漏れがないこと、
エアクリーナーやスパークプラグの状態などを点検・清掃し、
必要であれば、交換をおすすめさせていただきます。

また、バッテリーの状態も電圧を測定するだけでなく、専用のテスターを使用し、
内部容量を測定し、状態を判断します。

ECB7608D-3A01-48CA-AFC5-D9E09FA4E6CB.jpg

DSC00597.jpg

DSC00422.jpg
エンジンルーム点検時に、ウォーターポンプより冷却水漏れがありましたので、
お客様へ状況をお伝えし、ウォーターポンプの交換をさせていただきました。

ウォーターポンプ交換後には、冷却水を規定のレベルまで補充。
その際に、経年により冷却水より失われてしまう、防錆・防食・消泡性能を復活させることのできる、
ワコーズ社のクーラントブースターを添加させていただきました。

DSC00593.jpg

DSC00592.jpg
下廻り点検時に、スタビライザーリンクのブーツが変形し、亀裂が入ってしまっていましたので、
スタビライザーリンクの交換をさせていただきました。
スタビライザーリンクは、経年により摩耗してきますと、異音の原因となりますので、
今回は、左右共に新品へ交換をさせていただきました。

DSC00427.jpg

DSC00434.jpg

DSC00437.jpg

DSC00436.jpg

DSC00439_20210113175647f89.jpg
その他、エンジンオイルやオイルフィルター、ブレーキフルードなど、劣化していましたので、
交換をさせていただき、ブレーキ廻りやホイールの裏などを清掃し車両をリフトから降ろします。

DSC00602.jpg

9EF079F7-A034-41D0-A0F0-DC7D67979C10.jpg
ヘッドライトの向きなど必要箇所を調整し、車検を更新。
バッテリーなどのコンディションを整え、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

アウディ A3 メンテナンス (車検整備・エンジン整備・ブレーキ整備)

アウディ A3 メンテナンス (車検整備・エンジン整備・ブレーキ整備)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
灯火廻りの点灯状態や、エアコンの作動など普段お客様が使う機能を中心に確認します。

ACE8E4CE-8BD4-43FF-B2C6-7954C8112DFE.jpg

DSC06437.jpg

DSC06438.jpg

DSC06445.jpg

DSC06446.jpg

DSC06447.jpg
エンジンルームの点検を行います。
エンジンオイルやブレーキフルード、冷却水などの各油脂類のレベルや状態を点検。
また、エアクリーナーやスパークプラグの摩耗状態も確認し、
交換が必要な場合は、お客さまへお伝えします。

オイルやブレーキフルードの他に、エアクリーナーも汚れてしまっていた為、交換をおすすめさせていただきました。

DSC06622.jpg

DSC06624.jpg
お客様へ相談したところ、交換をご了承いただきましたので、交換をさせていただきました。
エアクリーナーは、エンジンが空気を吸う為に重要な部品となります。
汚れがひどくなり、補正の範囲を超えてしまうと、燃費などに影響するだけでなく、
エンジンが不調となり、チェックランプが点灯することなどもありますので、
定期的なメンテナンスがおすすめです。

DSC06430.jpg

DSC06432.jpg

DSC06433.jpg

DSC06435.jpg

DSC06436.jpg
車両をリフトアップし、エンジンオイルとオイルフィルターを交換させていただきました。
オイル交換時には、ワコーズ社のスーパーフォアビークルを添加させていただきました。
交換後は、エンジンのメカニカルノイズが減り、滑らかなエンジンフィールとなりました。

DSC06439.jpg

DSC06440.jpg

DSC06443.jpg
ブレーキフルードが劣化していたので、交換をさせていただきました。
交換後、吸水率を測定するテスターにて測定し、吸水率が低下していることを確認します。

DSC06441.jpg

DSC06442.jpg
冷却水には、ワコーズ社のクーラントブースターを添加させていただきました。
こちらの添加剤は、経年により失われる防錆・防食・消泡性能を復活させる役割があります。
定期的に添加することで、冷却水の交換サイクルを伸ばすことができますので、
弊社では車検ごとの添加をおすすめしております。

DSC06449.jpg

DSC06450.jpg

2D76BBA5-1113-491D-A6FD-7DD2AC7BD84F.jpg

DSC06452.jpg
ホイールの裏やエンジンルームなど、普段お客様が清掃できない部分なども含め清掃しながら復元。
車検に向けヘッドライトの向きなどを調整し、車検を更新しました。

3E08B895-E06A-4732-8B97-331510929516.jpg
最後に各整備箇所を再度チェックを行い、メーター内に点検時期を知らせるサービスインターバルをリセット。
お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

アウディ S3 8V メンテナンス (ブレーキ整備)

アウディ S3 8V メンテナンス (ブレーキ整備)になります。


ブレーキの摩耗警告が点灯したということでご入庫。
お車をみせていただくと、前後のブレーキパッドとローターが共に摩耗していました。

走行に支障が出る程の状態ではありませんでしたので、
その日は、そのまま乗って帰っていただき、
お客様のご要望を元に、社外品のローターとパッドにてお見積りをご案内。
承認をいただき、後日パーツの入荷後に再度ご入庫いただきました。

DSC06509.jpg

DSC06514.jpg

車両をリフトアップし、フロントブレーキから作業をしていきます。
フロントローターの取り外し時にはキャリパーサポートの取り外しが必要となります。

DSC06517.jpg
取り外したローターは耳が出てしまい、摩耗が進んでいました。

今回は、お客様のご要望でスリットローターを取り付けさせていただきました。
スリットローターは制動力のアップはもちろん、見た目もスポーティーな印象となります。

DSC06527.jpg

DSC06531.jpg

D0F46A84-3F93-4788-AC2B-464251FE12A9.jpg

4F942D82-EC63-4B93-B93C-EC62ED77B04C.jpg
組み付け前に、バックプレートやキャリパーサポート周辺など、普段清掃できない箇所を清掃させていただきました。

弊社では、ABSセンサーへのゴミの噛みこみによるチェックランプ点灯など、
弊社のレースカー(デモカーのV8 Vantage)で実際にあったトラブルを教訓に、
トラブル予防の為にも、取り外した箇所の清掃を心掛けております。

DSC06544.jpg

B13E318E-FBDD-4F98-8356-563A44C6F303.jpg

清掃後は各部を給油しながら組みつけていきます。

DSC06533.jpg

DSC06522.jpg

DSC06515.jpg

DSC06516.jpg

DSC06539.jpg

DSC06526.jpg

537AF43F-4B25-43BE-8F15-2E836C71A5A2.jpg

4CF6588F-5BE7-4712-8843-3C1CBFED55EA.jpg
リアブレーキの作業へ移ります。
リアブレーキは電動のサイドブレーキがありますので、
純正テスタにて整備モードに設定し作業を進めていきます。
その他は、フロントと同じように作業をすすめさせていただきました。

50E10F7E-6044-44CF-AC6B-3B37C433A7B1.jpg

FD7D2E07-3A2B-4FE9-95DA-1C54756F1F0A.jpg

7E62388F-53F8-4C45-9A52-63CE1E2FD981.jpg

作業完了後はブレーキ廻りが綺麗にリフレッシュされ、
更に、純正にはないスリットが追加されたローターにより、
スポーティーな印象のお車となりました。

この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。

弊社では、こうしたお客様のご要望にお応えできる様、
各種アフターパーツの取り扱いも行っております。

気になるパーツの取り付けなどございましたら、
弊社スタッフまで、お気軽にお問合せください。

アウディ TTクーペ 2.0 TFSI グリル交換

アウディ TTクーペ 2.0 TFSI グリル交換になります。


今回は、グリル交換のご用命をいただきましたので、交換の様子をご紹介します。
※一枚目の写真は交換後の写真となっています。

CCB456D8-B539-47C3-952E-9C0125DA6958.jpg

00118456-8263-4201-B45D-6D0B41E4F567.jpg
TTのフロントグリルは、バンパーに固定されている為、
車両をリフトアップし、バンパーを取り外しアクセスします。

2274F59D-34E1-47DB-BD9D-8F12A85F1CA7.jpg
元々のグリルを取り外し、RSタイプのグリルを取り付けます。

C01AB0DC-42F3-482A-A1F0-7323FDBC07C2.jpg

CF6F21B6-606B-434A-8135-56D44488C9CE.jpg

交換後は、取り付け状態やヘッドライトウォッシャーの作動などに異常がないことを確認。
お車の表情が変わり、スポーティーな印象となりました。

この度は、ご依頼いただき誠にありがとうございました。

弊社では修理や点検などの整備はもちろん、
足廻りパーツの交換、アクセサリーパーツの取り付けなど、
各種ブランドをお取り扱いさせていただいておりますので、
アフターパーツの取り付けなど、気になる商品がございましたら、お気軽にご相談ください。

弊社回送サービスに関するお知らせ

本日のブログは最近お問い合わせの多い、お車の回送サービスに関するお知らせです。


弊社では、販売した車両の納車や、整備でご入庫のお客様のお車の、
自社積載車による回送サービスを行っております。

CB51038C-0D77-4227-BAC9-67B2661D4A87.jpg
故障により自走が困難な場合など、お客様がご加入いただいている、
自動車保険のロードサービスにも対応しております。

出先などでのトラブルの際も、直接弊社スタッフがお客様の元へお伺いさせていただきますので、
安心してお任せいただければと思います。

D399CA11-D84B-48BC-9690-6F0FD978AD25.jpg
遠方へのお引き取りなど、回送サービスに関する詳細のお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

アウディ A3 メンテナンス (灯火類整備・タイヤ交換)

アウディ A3 メンテナンス (灯火類整備・タイヤ交換)になります。

40CC8FC9-AA48-4A3D-9A04-D0ED6AE1A8AB.jpg
右ヘッドライト内のスモールランプが点灯しないということと、タイヤが劣化しているとのご用命をいただきご入庫。

早速ヘッドライトの診断を行うとヘッドライト内部の不良によりスモールランプが点灯しなくなっていましたので、
ヘッドライトAssyを交換を行います。

BB54BD28-C488-4BB6-B73A-C5C8E7672DC1.jpg

DSC04828.jpg

CCFBDE3E-0E12-4F09-B409-FD81C0E04AEA.jpg
ヘッドライト交換はバンパーを取り外し行います。
交換後は各灯火の機能チェックを行い、ヘッドライトテスターにて向きを調整します。

DSC04829.jpg

DSC04826.jpg

DSC04830.jpg

DSC04831.jpg

DSC04833.jpg
タイヤの交換をさせていただきました。
交換したタイヤは、摩耗度合いはそこまでではないものの、
ショルダーの片減りと劣化によりヒビ割れも多く交換時期となっておりました。
タイヤ交換の際にはホイールの清掃やエアバルブの交換も行います。

DSC04834.jpg

DSC04835.jpg

DSC04836.jpg
タイヤ交換後はホイールバランサーにてバランス調整を行います。
ホイールバランスを調整することで、回転するタイヤの中心に重心を調整し、
タイヤが高回転で回転した時のブレなどを抑えることができます。
タイヤ交換時の調整は必須ですが、タイヤが摩耗してくることでバランスも変化してきてしまいますので、
高速走行時のハンドルのブレなどは、ホイールバランスの再調整で改善することもありますので、
お気軽にご相談ください。

40CC8FC9-AA48-4A3D-9A04-D0ED6AE1A8AB.jpg
最後にロードテストを行い異常がないことを確認し、お客様のもとへお車をお返しさせていただきました。

この度も、ご依頼いただき誠にありがとうございました。

アウディ S8 トラブルシュート (エアコン修理)

アウディ S8 トラブルシュート (エアコン修理)になります。


エアコンがまったく効かず冷風が出ないとの御依頼をいただきましたので、
早速診断を開始。

確かに冷風は出ず、エアコンスイッチを切り替えてもコンプレッサーがONにならない状態でした。
ガス圧を測定した所、ほとんどガスが入っていない状態でしたので、ガスリークと判断。
アウディはエアコンのプレッシャースイッチからのガスリークが多いので、
確認すると、やはりプレッシャースイッチのカプラー部よりガスがリークしていました。

a.jpg

c.jpg

b.jpg
S8の場合、プレッシャースイッチの交換にはフロントバンパーの取り外しが必要です。
プレッシャースイッチ交換後、TEXA 780Rにて、メンテナンスを実施。
エアコンシステム内部をクリーニングし、規定量のガスとオイルを補充することができますので、
エアコンの効きが良くなるだけでなく、エアコンシステムの故障の予防にもなります。

d.jpg
吹き出し口温度の確認です。
メンテナンスしたことで、冷えがよくなり効率が上がっていることがわかります。

494D8D81-CF00-4857-8942-B6E6680AE35Ca.jpg
最後に車両を復元し、各部の機能チェックを行い作業完了です。

この度はご依頼いただき、誠にありがとうございました。