ARCHIVE

記事一覧

GW中のお休みのお知らせ

お客様各位

日頃よりYONE MOTORSをご利用いただき、誠にありがとうございます。

多摩”ショールーム・サービス工場”では、
誠に勝手ながら”4月29日(水)~5月6日(水)”までお休みとさせていただきます。



ご不便をお掛けしますが、何卒よろしくお願いいたします。

尚、5月7日(木)からは通常営業いたします。

ASTON MARTIN RAPIDE メンテナンス(エンジン警告灯点灯・フロントフード修理)

ASTON MARTIN RAPIDE メンテナンス(エンジン警告灯点灯・フロントフード修理)になります。


エンジンチェックランプが点灯し、メーター内に”ハイキシステム~”というメッセージが点灯している。
とのことで、修理のご依頼をいただきました。
また、エンジンフードが開かないとのことで、そちらも同時に修理をさせていただきました。

DSC04864.jpg
先ずはアストンマーティン純正テスタにて故障コードの読み出し。
ミスファイア(点火の失敗)を示すコードが入力していました。
また、エンジンをかけていると、エンジン自体が不定期に振動することを確認しましたので、
イグニッションコイルの不具合と判断。
本来であれば、エアクリーナーなどの状態の確認となるのですが、エンジンフードが開かない為、
エンジンフードを開ける作業へ移行しました。

DSC04851.jpg

DSC04874.jpg

DSC04877.jpg

DSC04881.jpg
ボンネットラッチへアクセスし、ワイヤー類の状態や取り廻しを確認。
異常は確認できなかったので、ラッチ本体を取り外し内部を見てみると、
石が挟まりラッチの動きを抑制していました。
石を取り出し、清掃と給油を実施し、ボンネットが正常に開閉できることを確認。
エンジン不調の診断へ戻ります。

DSC04883.jpg
エアクリーナーを確認すると、汚れは少なく、交換の必要はありませんでしたので、
今回はエアクリーナーとエアフロは清掃にて対応。
イグニッションコイルとスパークプラグの全数交換をご提案させていただきました。

イグニッションコイルは異常と思われる箇所のみの交換でも修理可能なのですが、
同じ時間取り付けられている部品ということで、修理直後に、他のコイルが故障するケースがあります。
12気筒エンジンの場合、イグニッションコイルに到達するまでにインマニを取り外すなど、
不具合が発生する度に、その都度交換工賃が掛かってしまうということが考えられますので、
弊社では、12気筒エンジンの場合、コイルの全数交換をご提案させていただいております。

お客様によっては不具合箇所のみの修理をご希望されることもありますので、
その際は、特定シリンダーのコイルの交換にて作業をさせていただいております。

DSC04889.jpg

DSC05231.jpg

DSC05238.jpg

DSC05237.jpg

83F731B4-8BC8-4384-A61B-8BAEF3125465.jpg

DSC05239.jpg

DSC05244.jpg
お客様と相談し、今回は全数交換にてご依頼いただきましたので、
スパークプラグとイグニッションコイルを全数交換させていただきました。
交換時に必要なガスケットなどもすべてアストンマーティン純正品にて交換させていただきました。

B4B71ED6-0F50-42E5-A184-1928B7752A35.jpg
故障コードのリセットの後、ロードテストを実施。
修理後は、スムーズなエンジンフィールとなり、とても調子の良いお車になりました。

この度はご依頼頂き、誠にありがとうございました。

ABARTH 595 メンテナンス(車検整備・エンジン整備・ブレーキ整備)

ABARTH 595 メンテナンス(車検整備・エンジン整備・ブレーキ整備)になります。


ロードテストの後、各部機能チェックを実施。
テスタにて各モジュールの故障コードの有無を確認します。

DSC05325.jpg

DSC05323.jpg

DSC05322.jpg

1434878A-5ECF-4544-BDCB-205C98AA2A43.jpg

DSC05330.jpg
エンジンルームの点検を行います。
エアクリーナの汚れ具合や、各油脂の量や劣化具合、スパークプラグの摩耗状態などを点検していきます。
油脂類の点検には、目視による点検以外にも、専用のテスタを使用し数値にて状態を判断しています。

DSC05333.jpg

DSC05337.jpg

DSC05462.jpg

DSC05455.jpg

DSC05463.jpg

DSC05464.jpg

DSC05458.jpg

DSC05343.jpg

DSC05459.jpg

DSC05465.jpg

DSC05466.jpg

DSC05467.jpg

DSC05473.jpg
車両をリフトアップし、下廻りの点検を行います。
お客様が海の近くにお住まいということもあり、
ブレーキローターは、腐食が進んでおり、
それに伴いブレーキパッドの摩耗状態もまばらになってしまっていましたので、
前後のブレーキパッドとローターを交換させていただきました。

こちらのお車は、リアのブレーキローターの交換には、ハブごと取り外す必要がありました。

弊社ではブレーキローター交換時にはトラブル予防の為にABSセンサー周辺や、
普段見えないバックプレートなども、清掃し組付けております。

DSC05448.jpg

DSC05449.jpg

DSC05450.jpg

DSC05493.jpg

DSC05494.jpg
劣化した油脂類の交換をさせていただきました。
エンジンオイル交換時には、ワコーズ社のフォアビークルを添加させていただきました。
交換後はエンジンのノイズが減りスムーズな吹け上がりのお車となりました。

DSC05444.jpg

F9793A65-EABE-4179-9540-E0456122C0F0.jpg

DSC05452.jpg
エアクリーナーとエアコンフィルターが汚れていましたので、交換をさせていただきました。
エアコンフィルターは汚れてきますと、臭いが気になったり、
吹き出し口からの風が弱まりエアコンの効きが悪く感じたりと、
気持ちよくドライブできませんので、早めの交換がおすすめです。

DSC05498.jpg

DSC05500.jpg

DSC05320.jpg
エンジンルームやホイールの裏など、各部を清掃しながら整備箇所を復元。
ヘッドライトの向きなどを調整し車検を更新しました。

0E9F1011-7BB2-4173-A648-38E9B9381A27.jpg
再度ロードテストの後、最終チェックを行い、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。
この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN V8 VANTAGE S メンテナンス(12ヵ月点検)

ASTONMARTIN V8 VANTAGE S メンテナンス(12ヵ月点検)になります。

先ずは各部機能チェックを実施。
灯火廻りやエアコン、パワーウィンドウなど、基本的な動作に異常がないことを確認します。

DSC05629.jpg

DSC05630.jpg

DSC05632.jpg

DSC05633.jpg

アストンマーティン純正テスタにて各モジュールに異常なコードが入力していないかを確認。
クラッチの摩耗状態やエンジンの学習状況なども確認していきます。
ASM(2ペダル)の車両の場合、アストンマーティン純正テスタを使用することで、
クラッチの摩耗状態などの情報を確認できます。
変速タイミングが遅いなど、変速や走り出しに違和感を感じることがありましたら、
弊社スタッフまで、お気軽にご相談ください。

DSC05628.jpg

36DFE47E-B937-4A5B-A5A7-7352C77C7FBA.jpg

DSC05635.jpg

DSC05641.jpg

DSC05647.jpg

DSC05646.jpg

エンジンルームの点検を行います。
各部ホースに亀裂などの損傷やオイル漏れなどの異常がないことを確認。
各油脂の量や状態を確認していきます。
エンジンオイルは量は少なく、状態も劣化していましたので、交換をおすすめさせていただきました。

DSC05649.jpg

DSC05650.jpg

DSC05651.jpg

DSC05652.jpg

DSC05653.jpg

DSC05655.jpg

DSC05656.jpg

DSC05658.jpg
車両をリフトアップしアンダーカバーを取り外します。
下廻りのブッシュの状態や各部ボルト類に緩みがないことを確認。
エンジンオイルを抜き取り、オイルとオイルフィルターの交換をしていきます。
V8 Vantageはドライサンプ式のエンジンの為、
サンプタンクやエンジン下部など複数個所からオイルの抜き取りを行う必要があります。

オイルフィルターやドレンボルトなど、細かな部品に関しましても、
信頼性の高いアストンマーティン純正品にてご用意しておりますので、安心してお任せください。

DSC05644.jpg

DSC05661.jpg
バッテリーの状態を点検します。
こちらのテスターは、単純に電圧を測定するだけでなく、
負荷を掛けた状態にて充電状態や内部容量を測定することができ、
バッテリーの状態を正確に判断することができます。
今回は、やや容量が低下していましたので、充電にてコンディションを整えさせていただきました。

DSC05631.jpg

DSC05685.jpg

DSC05660.jpg
メーター内に点検時期をしらせる、サービスインターバルの機能をリセット。
各部を清掃しながら復元していきます。

9101D603-59F2-4B25-8790-4798A2A04C74.jpg
最後に再度整備箇所をチェック。
異常がないことを確認し、お客様の元へお車をご納車させていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

BMW 535i F10 メンテナンス (ATF交換 トルコン太郎使用)

BMW 535i F10 メンテナンス (ATF交換 トルコン太郎使用)になります。


お客様よりATFの交換のご依頼をいただきました。
走行距離が10万キロを超えているにも関わらず、車両のコンディションが非常によく
大切にされているのがとても伝わるお車です。

ATF交換の方法にはエンジンオイルの様に”ドレンプラグやオイルパンを取り外し入れ替える方法”と
“油路を一部切り離し、機材(トルコン太郎)を間にかませ、循環をさせながら交換する方法”とがあるのですが、
今回は後者の方法にて交換を行わせていただきました。
こちらの方法ですと、車両がアイドリングしている状態と変わらない状態でオイルを入れ替えることができますので、
トランスミッション内部への負担を抑えることができるのが特徴です。

DSC05558.jpg

DSC05560.jpg

DSC05561.jpg
先ずは車両をリフトアップしカバー類を取り外し、
機材取り付けに必要なアタッチメントを取り付けていきます。

DSC05562.jpg
機材を作動させるとATFが循環し、現在のオイルの状態を目視にて確認できます。
最初の状態ではATFは黒く汚れているのがわかります。

8FDF916C-9A6A-435B-8A1C-1F6B04B1D7D0.jpg
交換するオイルの充填量を設定し交換作業を開始します。
今回は2種類のATFを使用し、フラッシングと交換を行わせていただきました。
先ずはワコーズ社のセーフティーSを使用し内部をフラッシング。
その後、同じくワコーズ社のプレミアムSを充填していきます。
どちらも非常に良いオイルなのですが、プレミアムSは酸化安定性(粘度が低下しづらい)に優れておりますので、
今回は、お客様と相談させていただき、最終的に使用するオイルにプレミアムSを選択させていただきました。

95038DAE-A5B2-4070-8A58-9363CC0E3B91.jpg
DSC05567.jpg

DSC05572.jpg

DSC05576.jpg

DSC05579.jpg

早速フラッシング作業をはじめると、みるみるうちに循環しているオイルの色が変わり
茶色だった廃油も最終的には新油に近い赤色になり、見ていても内部のオイルが綺麗になっているのがわかりやすく
とても気持ちの良い光景となりました。

FACB0A26-8192-4AF4-BC21-C7336F898DF2.jpg

DSC05583.jpg

DSC05584.jpg
次に、プレミアムSを循環させ、内部のオイルを入れ替えていきます。
セーフティーSは赤色なのに対し、プレミアムSは黄色ですので、
徐々に内部のオイルが黄色へ変化していき、最終的にはほぼプレミアムSの色となり
交換作業完了となりました。


12474CEB-DEB5-4812-BEA4-561EC3BD5C0C.jpg
交換作業完了後は、車両を復元し、ロードテストにて変速状態を確認。
非常に滑らかな変速となり、気持ちの良いドライブフィールのお車となりました。

この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。

弊社では今回の様にATF交換作業を行わせていただいておりますが、
ATオイルフィルターの交換の有無や、オイルの種類の選択。
入れ替えか循環かといった交換方法など、事前にお客様とご相談の上、決めさせていただいております。
ATF交換に関しましては、先ずは弊社スタッフまでお気軽にご相談ください。

ASTON MARTIN V8 VANTAGE N430 テールランプ浸水修理

ASTON MARTIN V8 VANTAGE N430 テールランプ浸水修理になります。

DSC05364.jpg

DSC05365.jpg

左のテールランプ内に水が浸水してしまうとのことでご入庫。
現車をみせていただくと、内部に水が浸水しているものの、点灯状態に異常はありませんでしたので、
テールレンズAssyの交換ではなく、修理にてご案内をさせていただきました。

DSC05367.jpg

21126C5D-FC4D-4541-94AC-18AF474068B9.jpg
まずは車両からテールランプAssyを取り外します。

稀に、テールランプ中央部のインフィル(ボディー同色の外装部品)の取り付け部より
クラックが入り浸水の原因となっていることもありますので、確認の為、インフィルも取り外します。

DSC05375.jpg

DSC05376.jpg

DSC05385.jpg
浸水箇所の確認を行っていきますと、レンズとケースの合わせ部より水漏れを確認しました。
目でみるだけではわからないごく僅かな漏れ箇所もあれば、
大きくクラック状に剥がれてしまっている箇所もありました。

漏れ箇所が確認できましたら、内部の水を排出、清掃し、漏れ箇所のシーリングを行います。

DSC05402s_20200410191506586.jpg

DSC05403.jpg

DSC05478.jpg
取り付け部の清掃を行い、テールランプAssyを取り付けます。
その際に必要なシーリングワッシャーは、再使用するとトランク内への雨漏りの可能性もありますので、
アストンマーティン純正品にて新品へ交換させていただきました。
DSC05479.jpg

DSC05480_20200410192332bd6.jpg

6337780E-FCC9-423D-9363-322793C7C8C2.jpg
最後に、取り付け状態や点灯状態、水漏れがないことを確認。
お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(車検整備)

ASTON MARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(車検整備)になります。

DSCN0908.jpg

先ずは灯火廻りやミラーの作動など基本的な各部の機能を点検。
アストンマーティン専用テスタにて、各モジュールに故障コードの入力などがないことを確認していきます。

DSCN0892.jpg

DSCN0917.jpg
エンジンルームの点検を行っていきます。
オイル漏れやホース類に亀裂などの異常がないかなどを確認していきます。
各油脂類はレベルや目視による汚れ具合の点検はもちろん、測定器を使用し劣化具合も確認します。

DSCN0896.jpg

DSCN0900.jpg

DSCN0903.jpg

DSCN0916.jpg
エンジンオイルを交換させていただきました。
今回は交換前にウルト社のフラッシングオイルトリートメントを使用。
エンジン内部の汚れをオイルと共に排出し、オイルフィルターも同時に交換。
オイル充填時にはワコーズ社のフォアビークルを添加させていただきました。
交換後はとても滑らかなエンジンフィールとなりました。

弊社では各種添加剤などをご用意させていただいております。
お車の状態を診させていただき、お客様と相談の上おすすめさせていただいております。
添加剤の詳細や気になる用品などございましたら、お気軽にお問合せください。

DSCN0894.jpg
冷却水にはワコーズ社のクーラントブースターを添加させていただきました。
経年により失われた”防錆・防食・消泡性能”を復活させることができます。
交換と比較するとコストを抑えることができるだけでなく、排出するものがありませんので環境にも優しいのが特徴です。

定期的に添加することにより、冷却水の交換サイクルを減らすことができますので、
弊社では、車検ごとの添加をおすすめさせていただいております。

DSCN0901.jpg

DSCN0902.jpg

DSCN0904.jpg
ブレーキフルードの交換をさせていただきました。
こちらのお車はマニュアルトランスミッションのお車でしたので、
クラッチフルードも交換させていただきました。

DSCN0914.jpg

DSCN0915.jpg

DSCN0913.jpg

ワイパーやエアコンフィルターなど各種消耗品を交換させていただき、
車検の基準に適合するよう、ライトの高さなど各部を調整。
車検更新となりました。

DSCN0911.jpg

DSCN0912.jpg

DSCN0909.jpg

DSCN0910.jpg
車検更新後は出庫に備えバッテリーのコンディションを整えます。
点検時期を知らせる表示がメーター内に表示されますので、
アストンマーティン専用テスタにて、点検時期のリセットを実施。
アストンマーティンの点検時期のリセットは、専用のテスタを使用してのみ行えます。
弊社では点検や車検の際はアストンマーティンに限らずリセットを行わせていただいております。

B1EAD8DA-47E6-4838-81D9-62F6CB87DD9B.jpg

A360300A-73DA-483D-B19B-AD2205F02120.jpg
最後に各部を清掃しながら最終チェックを実施。
異常がないことを確認し、お客さまの元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

BMW X3 F25 メンテナンス(12ヵ月点検整備・エンジン整備・ドライブトレイン整備)

BMW X3 F25 メンテナンス(12ヵ月点検整備・エンジン整備・ドライブトレイン整備)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
灯火廻り等、記録簿の内容に沿ったものから、エアコンなどの快適装備についても実際に作動させ確認。

BMW純正テスタにて各モジュールに異常がないことを点検します。

DSCN0764.jpg

DSCN0735.jpg

DSCN0738.jpg
エンジンルーム内の点検を行います。
エアクリーナーの状態や、各油脂類の量や汚れ具合などを点検。
交換が必要な部品をピックアップし、お客様へお見積書としてご案内します。
弊社では、原則お客様へ事前に金額をご案内し、
了承をいただいてからの着工とさせていただいておりますので、安心してお任せください。

DSC05141.jpg

DSC05142.jpg

DSC05140.jpg

DSCN0756.jpg
スパークプラグが摩耗していましたので、交換をさせていただきました。
交換後は点火の状態をイグニッションアナライザーを使用し確認します。

DSCN0841.jpg
エアクリーナーが汚れており、清掃では対応できない状態でしたので、交換をさせていただきました。

DSCN0743.jpg

DSCN0747.jpg

DSCN0744.jpg

DSCN0752.jpg

DSCN0748.jpg

DSCN0753.jpg

DSCN0755.jpg
前後のデフオイルとトランスファーオイルの交換をご用命いただきましたので、交換させていただきました。
前後のデフオイルは弊社おすすめのワコーズ社のオイルを使用させていただき、
トランスファーオイルはBMW純正にて対応させていただきました。

この様に、オイルに限らず、お客様と相談の上、使用状況などに応じて、
弊社スタッフがおすすめの油脂やパーツを純正品を含め、ご案内させていただきますので、
気になる用品などございましたら、お気軽にご相談ください。

DSC05120.jpg

DSC05126.jpg

DSC05150.jpg
エアコンフィルターの交換をさせていただきました。
今回のX3をはじめ、最近のドイツ車は外気用だけでなく内気循環用のエアコンフィルターも装着されています。
今回は両方の状態を確認させていただき、汚れていましたので、交換をさせていただきました。

DSCN0739.jpg

DSCN0742.jpg
エンジンオイルが汚れていましたので、
エンジンオイルとオイルフィルターを交換をさせていただきました。
オイル交換時には各種パッキン類を新品へ交換します。

DSCN0761.jpg

DSCN0762.jpg

DSCN0763.jpg

5D9A28A1-E431-4383-94BA-7B4D5BD4CABE.jpg

ブレーキ廻りやホイールの裏側、エンジンルームなどを清掃しながら復元。
各整備箇所の状態に異常がないことを再度確認します。

49B84B00-5557-45A2-AB3D-4DB961144B52.jpg
点検時期のリセットやオイル量など最終チェックを行い、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。
点火廻りやドライブトレインの油脂などリフレッシュされ、軽快な走りのお車になりました。

この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN V8 VANTAGE N430 メンテナンス(12ヵ月点検)

ASTON MARTIN V8 VANTAGE N430 メンテナンス(12ヵ月点検)になります。

DSC04918.jpg

DSC04961.jpg
先ずは各部の機能やバッテリーの状態などをチェック。
バッテリーの状態はやや弱っていましたので、充電にてコンディションを整えさせていただきました。

また、アストンマーティン純正テスタを使用し、各モジュールの状態を確認。
異常なコードの入力の有無や車両の状態を数値にて点検していきます。

DSC04909.jpg

DSC04910.jpg

DSC04911.jpg

DSC04912.jpg

DSC04913.jpg

DSC04914.jpg

DSC04917.jpg

DSC04940.jpg

エンジンルーム内や下廻りの点検を行っていきます。
ホースの取り付け状態やベルトの状態。各油脂類の状態やレベルをひとつひとつ確認します。
下廻りでは車両をリフトアップし、各部の締め付け状態の確認やタイヤ、ブレーキパッドの摩耗状態を点検します。

交換の必要があると判断したものは、お客様へご案内させていただき、
原則了承をいただいてからの作業をさせていただいております。

DSC04922.jpg

DSC04923.jpg

DSC04926.jpg

DSC04927.jpg

DSC04930.jpg

DSC04931.jpg
エンジンオイルの交換をさせていただきました。
V8 Vantageはドライサンプ式のお車となっておりますので、
サンプタンクやエンジン下部のドレンボルトなど、複数個所からのオイルの抜き取りが必要となります。

また、その際に交換が必要な部品はすべて、信頼性の高いアストンマーティン純正部品にて
ご用意させていただいておりますので、安心してお任せいただければと思います。

弊社ではオイル交換やテールランプの修理のみの作業など、点検や車検以外も承っておりますので、
気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。

DSC04932.jpg

DSC04933.jpg

DSC04941.jpg

DSC04942.jpg

DSC04944_2020040318361828f.jpg

DSC04946.jpg
ブレーキフルードの交換をさせていただきました。
ブレーキフルードの交換後はキャリパーやホイールの裏側などを清掃し、車両を復元していきます。

DSC04959.jpg

DSC04964.jpg
メーター内に点検時期を知らせるメッセージが点灯していましたので、
アストンマーティン純正テスタにて、点検時期のリセットを行いました。
アストンマーティンのメッセージのリセットは純正テスタを使用してのみ可能となっております。

弊社ではアストンマーティン以外のブランドのお車でも、
点検や車検作業をさせていただいたお車は、各種テスタにて点検時期のリセットを実施させていただいております。
今現在点検時期を知らせるメッセージが点灯しているなどでお困りでしたら、
弊社スタッフまでお気軽にお問合せください。

F2EEF561-25B2-4342-A573-22A07C70AA9A.jpg

4243E07A-F281-4CE8-89D4-6D3A851035E9.jpg
最後に清掃を行いながら各部の最終チェックを実施。
特に異常はなく消耗品のみの交換となりましたが、とても気持ちの良いドライブフィールのお車になりました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。