NEWS and TOPICS

お知らせ

メルセデスベンツ ML350 W166 メンテナンス(車検整備・冷却水漏れ修理)

メルセデスベンツ ML350 W166 メンテナンス(車検整備・冷却水漏れ修理)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
灯火やサンルーフなど、普段お客様がお使いになる機能が正常に作動することを確認します。
また、メルセデスベンツ純正テスタにて各モジュールの状態を点検します。

DSC01384.jpg

DSC01833.jpg

DSC01834_20210416180241f11.jpg

DSC01840.jpg
お客様よりメーター内に”冷却水を点検してください”と表示され冷却水サブタンク内の水が減ってしまうということで、
診断と修理のご依頼もいただいきましたので、冷却系統へ加圧テスターを取り付け漏れ点検を実施。

ヒーターパイプの一部が劣化し少量ずつですが漏れてきていましたので、
お客様へ状況をお伝えし、該当のパイプを交換させていただきました。

交換後は冷却水の補充と経年により失われる成分を補填するクーラントブースターを添加。
ロードテスト後、漏れがないことを確認し、冷却水漏れ修理の作業完了となりました。

DSC01842_20210416180243900.jpg

DSC01843_20210416180257989.jpg

DSC01841_20210416180243e03.jpg

DSC01853_20210416180308022.jpg
エンジンオイルが汚れていましたので、エンジンオイルとオイルフィルターの交換をさせていただきました。
オイル充填時には、ワコーズ社のスーパーフォアビークルを添加。
メカニカルノイズが減り滑らかなエンジンフィールのお車となりました。

DSC01844.jpg

DSC01845_20210416180300175.jpg

DSC01846_20210416180301149.jpg

DSC01848.jpg

DSC01850_202104161803075ca.jpg
ブレーキフルードの交換をさせていただきました。
ブレーキフルードは走行距離だけでなく、経年により吸湿し劣化してしまいますので、
2年(車検)毎の交換をおすすめさせていただいております。

また、ハブセンター周りの錆も落とし給油。
ハブボルトやボルト穴を清掃させていただきました。

DSC01838.jpg

DSC01839.jpg

DSC01837.jpg

DSC01836_202104161802418d5.jpg

DSC01371.jpg
エアコンフィルターやワイパーなど、その他の消耗品を交換。
エアクリーナーは清掃にて対応し、快適にお乗りいただけるお車となりました。

DSC01382.jpg

DSC01856.jpg

DSC01389.jpg
ホイールの裏側やエンジンルームを清掃しながら復元。
お車をリフトから降ろします。

047555D7-B33F-47BA-AE16-ED66578B8C8E.jpg

DSC01385.jpg

DSC01390.jpg

DSC01857.jpg

9825D7F1-059A-47D8-92D1-D231A2EE43E7.jpg
各所必要箇所を調整し車検を更新。
バッテリーがやや消耗していましたので、充電にてコンディションを整え、キーのバッテリーなども交換。

お客様の元へお車をお返しさせていただきました。
この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。

BENTLEY Continental GT CONVERTIBLE メンテナンス(12ヵ月点検整備)

BENTLEY Continental GT CONVERTIBLE メンテナンス(12ヵ月点検整備)になります。


まずは各部機能チェックを実施。
エアコンや幌の作動など、普段お客様がお使いになる機能が正常に作動することを確認。
テスタにて各モジュールの状態を点検し、異常な箇所がないことを確認していきます。

DSC00505.jpg

DSC00506.jpg

DSC00517.jpg
エンジンルーム内の点検を進めていきます。
エンジンルームでは、ホースなどに劣化や亀裂がないことや、油脂類やフィルターなどの状態を点検します。

今回エアクリーナーは清掃にて対応させていただきました。

また、トランク内のバッテリーの状態も点検。
テスタにて内部容量を測定しても、問題のない数値でしたので、今回は充電にて対応させていただきました。

DSC00513_2021041418043949d.jpg

DSC00514_20210414180440a1d.jpg
エンジンオイルが劣化してしまっていましたので、お客様へ状況をお伝えし、
エンジンオイルとオイルフィルターを交換させていただきました。
交換後は、滑らかなエンジンフィールのお車となりました。

DSC00508.jpg

DSC00510.jpg

DSC00512.jpg

DSC00511_202104141804366a0.jpg
ホイールの裏側やブレーキキャリパー、ハブ周りなど、
普段お客様が掃除しにく部分を清掃しながら復元し、お車をリフトから降ろします。

DSC00520.jpg

DSC00507.jpg

289043FC-F7C0-4E5E-9980-C78AEAF51D29.jpg
最後にワイパーなど消耗品を交換。
エンジンルーム内など各整備箇所を清掃しながら確認し、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

ポルシェ 986 Boxster メンテナンス(車検整備)

ポルシェ 986 Boxster メンテナンス(車検整備)になります。


まずは各部機能チェックを実施。
灯火廻りや幌の作動など、普段お客様がお使いになる機能が正常に作動することを確認。
ポルシェ純正テスタにて各モジュールの状態をチェックしていきます。

DSC00372.jpg

DSC00411.jpg
各油脂類の点検を実施。
ブレーキフルードが劣化していましたので、交換させていただきました。
ブレーキフルードは走行距離に関係なく吸湿することで劣化しますので、
2年(車検)毎の交換をおすすめしております。

DSC00412_20210412185007404.jpg

DSC00413.jpg

DSC00414.jpg
エンジンオイルが劣化していましたので、
エンジンオイルとオイルフィルターの交換をさせていただきました。

オイル充填時にはワコーズ社のスーパーフォアビークルを添加。
メカニカルノイズが減り、滑らかなエンジンフィールのお車となりました。

DSC00408.jpg

DSC00409_202104121850028f6.jpg

DSC00410.jpg

DSC00416.jpg

DSC00418.jpg
ブレーキのハブ廻りやホイールの裏側、エンジンルームなど、
各部を清掃しながら組付け、車両をリフトから降ろします。

DSC00415.jpg

DSC00419.jpg

3C67E12D-9099-4EE2-B1A7-52B81BC3003B.jpg
各所おすすめの添加剤を添加させていただき、バッテリーなどのコンディションを整え、
お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

ポルシェ 987 Boxster メンテナンス(12ヵ月点検・チェックエンジンランプ点灯 診断 修理・パワーステアリングオイル漏れ 修理)

ポルシェ 987 Boxster メンテナンス(12ヵ月点検・チェックエンジンランプ点灯 診断 修理・パワーステアリングオイル漏れ 修理)になります。

DSC00036.jpg
まずは各部機能チェックを実施。
灯火廻りや幌の作動など、普段お客様がお使いになる機能が正常に作動することを確認。
お客様より、チェックエンジンランプの診断と修理もご依頼いただいておりましたので、
ポルシェ純正テスタにて故障コードの読み取りを行い診断をさせていただきました。

DSC00345.jpg

DSC00346.jpg

DSC00348_202104091851537cb.jpg
診断を進めると、トランスミッションのセレクタースイッチ内部に不具合があることがわかりましたので、
お客様へ状況を説明し、セレクタースイッチを交換させていただきました。
交換後はチェックエンジンランプも消え、気持ちよく乗っていただけるお車となりました。

DSC00027.jpg

DSC00328_20210409185131c65.jpg

DSC00329_20210409185132c9a.jpg
お車をリフトアップし、下廻りを点検すると、ステアリングラック周辺からのオイル漏れがありました。
漏れ箇所を確認すると、ラックシールからのオイル漏れでしたので、ステアリングラック本体を交換させていただきました。
交換後は、パワステフルードのエア抜きを行い、ロードテストを実施。
スムーズなハンドリングのお車となりました。

DSC00022.jpg

DSC00021.jpg

DSC00016.jpg

DSC00018.jpg

DSC00020_20210409185114ba1.jpg
その他エンジンルーム内やフィルター類、バッテリーの状態などを点検していきます。

DSC00029_2021040918512181b.jpg

DSC00035.jpg

DSC00349_202104091851540e1.jpg
エンジンオイルは、やや広範囲に漏れ跡がありましたので、
エンジンオイルを抜き、清掃させていただいた後、エンジンオイルに蛍光剤と漏れ止め剤を混ぜ
オイルを充填。
次回入庫時に漏れ箇所の特定をさせていただくこととなりました。

DSC00038.jpg

DSC00039.jpg

DSC00037.jpg

DSC00040.jpg

DSC00337_202104091851347d9.jpg

DSC00338_202104091851355f0.jpg

DSC00341_202104091851477ed.jpg

DSC00342.jpg

F28EFA8F-01D8-41F3-A0A4-74511584BD56.jpg
ブレーキ廻りやホイールの裏側、アンダーカバーなどを給油や清掃しながら復元。
各整備箇所に異常がないことを確認し、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。

アウディ A3 メンテナンス (車検整備・エンジン整備・ブレーキ整備)

アウディ A3 メンテナンス (車検整備・エンジン整備・ブレーキ整備)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
灯火廻りやエアコンなど、普段お客様がお使いになる機能が正常に作動することを確認。
テスタにて各モジュールの故障コードの有無を点検します。

DSC01862.jpg

DSC01863.jpg

DSC01865.jpg

DSC01867_20210407180158733.jpg
エンジンルーム内の点検を行っていきます。
エンジンルーム内では、各油脂の量や状態、エアクリーナーなどの汚れ具合などをみていきます。
汚れや劣化があるものは、お客様へお見積としてご案内させていただき、
了承いただいたものに関して修理や交換をさせていただきます。

DSC01874.jpg

DSC01875.jpg

DSC01876.jpg

DSC01877.jpg
エンジンオイルが劣化していましたので、エンジンオイルとオイルフィルターの交換をさせていただきました。
また、ブレーキフルードも測定器にて測定すると吸湿してしまっており、十分な性能が発揮できない状態となっていましたので、
交換をし、安心して乗っていただけるお車となりました。

DSC01956.jpg
エアクリーナーが汚れていましたので、新品へ交換。
エアクリーナーが汚れると、エンジンのレスポンスや燃費が悪化、
エンジンが調子を崩してしまい、チェックランプが点灯してしまうこともありますので、
定期的な点検と交換がおすすめです。

DSC01959.jpg

DSC01961.jpg
ワイパーやエアコンフィルターなど、その他の消耗品も交換。
走る、止まる、曲がるには関係のない部品ですが、
この様な消耗部品をメンテナンスすると、ストレスなく、快適にドライブできるお車となります。

DSC01880.jpg

DSC01881_202104071802100fb.jpg

DSC01888.jpg

DSC01878.jpg

DSC01879.jpg

DSC01887_20210407180212e2e.jpg
ブレーキ廻りやホイールの裏、エンジンルーム内など、各整備箇所を清掃や給油をしながら復元。
タイヤを取り付け車両をリフトから降ろします。

DSC01889_20210407180215477.jpg

DSC01958_20210407180247611.jpg

DSC01957.jpg

62D83108-0E1B-473E-839E-7A0BEB377964.jpg
車検に必要な調整箇所を調整し、車検を更新。
添加剤の添加やバッテリーの充電など、各部のコンディションを整えお客様の元へお車をお返しさせていただきました。
この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

VW ゴルフⅥ メンテナンス (冷却水漏れ 修理)

VW ゴルフⅥ メンテナンス (冷却水漏れ 修理)になります。


車の右前辺りから液体が漏れてしまっているとのことで、修理のご依頼をいただきました。
入庫時に一緒にみさせていただくと、右フロントの足廻り付近が濡れてしまっており、
それなりの量が漏れている状態となっていました。

車両をリフトアップし、みさせていただくと、ウォータポンプより冷却水が漏れ出してきていましたので、
お客様へ状況をお伝えし、ウォーターポンプを交換させていただくこととなりました。

DSC01917.jpg

DSC01919.jpg

DSC01914.jpg

DSC01915_20210402201528897.jpg

DSC01922.jpg
部品が到着しましたので、早速交換作業を開始。
取り外したウォーターポンプは軸にガタがでてしまっており、
回すとゴロゴロとした感触が伝わってくる状態でした。

また、こちらのお車は、スーパーチャージャーがウォーターポンプを介して駆動されているので、
ウォーターポンプ取り外しの際には、スーパーチャージャーベルトも取り外す必要があります。
短いベルトなのですが、経年により劣化し、一部亀裂もありましたので、同時に交換をさせていただきました。

DSC01929.jpg

BAF84E21-EAE4-4E53-9FA9-BD7669FCE0F4.jpg
作業後は、ロードテストを行い漏れがないことを確認。
走行距離が14万キロ超ですが、日頃メンテナンスをされていることもあり、
ロードテストの際は、快調に走ることができました。

ご納車の前にはバッテリーのコンディションなどを整え、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。
この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

アウディ TTクーペ 3.2 クワトロ 8N 車高調キット 取り付け

アウディ TTクーペ 3.2 クワトロ 8N 車高調キット 取り付けになります。


お客様より車高調キットの取り付けのご依頼をいただきましたので、STの車高調整キットを取り付けさせていただきました。
STは、KWのサスペンション技術をフィードバックし、比較的リーズナブルながら高品質なサスペンションのメーカーになります。

DSC00286.jpg

DSC00285.jpg

DSC00287_20210331180606374.jpg
先ずはフロントショックの交換です。
フロントショック交換時には、アッパーマウントの移植が必要なのですが、アッパーマウントは経年により劣化していましたので、
純正の新品へ交換をさせていただきました。

車高調キットのショックアブソーバーはショートストロークになる為、純正と比べると全長が短くなり、見た目もスポーティーな印象となります。

DSC00290_20210331180607857.jpg

DSC00291.jpg

DSC00292.jpg

DSC00293.jpg

DSC00295.jpg
リア廻りの作業へ移ります。
リア廻りのショックアブソーバー交換時にはインナーフェンダーを取り外す必要がありますので、
取り外したインナーフェンダーやその裏側を清掃しながら組み付けさせていただきました。
取り外したショックアブソーバーは抜けてしまっており、縮めると戻らない状態となってしまっていました。

052E56D7-8AD7-4FB1-8463-2C74E7BB42C3.jpg
最後に車高やアライメントを調整しロードテストを実施。
踏ん張りの効くスポーティーな乗り味のお車となりました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN DB9 メンテナンス(12ヵ月点検・チェックエンジンランプ点灯 診断 修理・エンジン整備)

ASTON MARTIN DB9 メンテナンス(12ヵ月点検・チェックエンジンランプ点灯 診断 修理・エンジン整備)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
灯火廻りやラジオなど、普段お客様がお使いになる機能が正常に作動することを確認します。

DSC00058_20210326182245a73.jpg

DSC00077.jpg

DSCN2358.jpg

DSCN2360.jpg
入庫時からメーター内にはチェックエンジンランプが点灯し
“EMISSION SYSTEM SERVICE REQUIRED”
と表示されていましたので、アストンマーティン純正テスタにて故障コードの読み込みを行いました。
すると、O2センサーの波形は大きく乱れてしまっており、吸排気関連のコードがいくつか入っていましたので、
関連性のある部品を実際に確認していくこととしました。
※メーターの言語設定を日本語に設定している場合は”ハイキシステム ハヤイジキニ テンケンヒツヨウ”と表示されます。

DSCN2353.jpg

DSC00195_20210326182311f17.jpg
エアクリーナーの状態を点検。
予想通り、汚れてしまっていました。
アストンマーティンの12気筒エンジンは左右にエアクリーナーが取りつけられているのですが、
外側が吸気により汚れるだけでなく、エンジン内からの吹き返しによるオイルでの汚れが起きていることが多く、
エアクリーナー自体が湿ってしまいスムーズに吸気できずエンジン不調やチェックランプ点灯の原因となりますので、
定期的な点検と交換がおすすめです。

今回は清掃では対応しきれない状態でしたので、左右共に交換をさせていただきました。

DSC00196.jpg

DSC00202.jpg

DSC00203.jpg
また、エアクリーナーを取り外した際、エアクリーナーのすぐ上に取りつけられている
エアフロメーターの状態も確認させていただきますと、こちらも吹き返しによる汚れがありましたので、
エアフロメーターを取り外し清掃させていただきました。

こちらのセンサーは、吸入空気量の計量や吸気温度の測定をする重要な役割がありますので、
定期的な清掃をすることでトラブルを予防することができます。

DSC00061.jpg

DSC00066_20210326182253c8e.jpg

DSC00062.jpg

DSC00063.jpg
O2センサー関連のコード入力があり、波形もレスポンスが悪く、特性のズレがみられましたので、
該当箇所のO2センサーを交換させていただきました。

今回は波形の乱れが大きかった為、O2センサーを取り外した際、触媒の状態をマイクロスコープにて点検。
若干ではありますが、触媒の一部が崩れてしまっていることを確認しましたが、
大きく崩れているわけではありませんでしたので、新品のO2センサーを取り付け復元させていただきました。

触媒コンバーターは、イグニッションコイルの不良などにより、失火した状態のまま走行してしまいますと、
発熱により崩れていってしまい、交換となってしまいますので、エンジンが振動するなどの不調があった場合には、
なるべく早めの修理が必要となります。

DSC00057.jpg
最後に、スロットルバルブの汚れによるチェックランプ点灯も珍しくありませんので、
スロットルバルブも取り外し清掃。
復元時にはOリングも純正新品へ交換させていただいております。

DSC00076.jpg
復元後は故障コードをリセットし、ロードテストにてアストンマーティンの定めるドライブサイクルを実施。
故障コードが再入力していないことや、波形にも異常がないことを確認しチェックランプの修理完了となりました。

DSC00073_20210326182307d3f.jpg

DSC00048.jpg

DSC00047.jpg
エンジンルーム内の点検を行っていると、ベルトが劣化しヒビが入ってしまっていましたので、交換をさせていただきました。
交換時には、走行距離も多かった為、プーリーやテンショナーなども同時に交換させていただき、安心してお乗りいただけるお車となりました。

DSC00043.jpg

DSC00050.jpg

DSC00051.jpg
エンジンオイルが劣化していましたので、交換をさせていただきました。
オイル交換時に必要なドレンボルトやオイルフィルターなどの部品は、全て品質の高いアストンマーティン純正品にて交換をさせていただいております。
また、オイル充填時にはワコーズ社のスーパーフォアビークルを添加させていただき、メカニカルノイズが減り、滑らかなエンジンフィールのお車となりました。

DSC00072_20210326182306a58.jpg

DSCN2356.jpg
お客様より、ドアダンパーの交換をご依頼いただきましたので、ドアダンパーを交換。
また、室内より走行中に異音がするとのことで、点検させていただくと、定番箇所のナットが外れ、
内部で遊んでしまって音が出ていましたので、しっかりと緩まないように固定し、快適にお乗りいただける状態となりました。

DSC00069_20210326182302ecb.jpg

DSC00070_2021032618230451f.jpg

DSC00053.jpg

DSC00054.jpg

DSC00044.jpg

DSC00046.jpg
最後に、アンダーカバーやローター、ホイール裏などを清掃しながら復元。
ローターは錆が多く出てきていましたので、錆を落とした後、耐熱ペイントにて塗装をさせていただきました。

CBA47396-C11C-402F-9F50-A24E75466BCE.jpg
最後に各整備箇所を再度確認し、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。
この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。

BMW 528i F11 右後ろだけ車高が下がってしまう 診断・修理 (エアサス交換)

BMW 528i F11 右後ろだけ車高が下がってしまう 診断・修理 (エアサス交換)になります。

DSC01672_20210324193101914.jpg


しばらく駐車しておくと、右後ろだけ車高が下がってしまい、エンジンを掛けなおすとすぐに正常な車高に戻るということで、修理のご依頼をいただきました。
入庫時も、しばらくおいておくと右の後ろだけ下がってきてしまっていましたので、BMW純正テスタにて各部の状態をチェック。
エアサスペンション本体のエアリークと判断しお客様へ状況をお伝えさせていただきました。

DSC01673.jpg

DSC01675.jpg

DSC01676_20210324193105ef5.jpg

お客様よりエアサスペンション本体の交換の承認をいただきましたので、
BMW純正テスタにて、エアサスペンション内部のエアを抜き、正規の手順で確実に作業を進めていきます。
取り外したエアサスペンション本体の状態を確認すると、ヒビが入ってしまっており、
経年による傷みがみられました。

DSC01680_20210324193107e0e.jpg

DSC01681.jpg

DSC01682.jpg

DSC01683_202103241931112bf.jpg

DSC01684.jpg
新品部品を取り付けながら各部のフィッティングなどの状態を再度確認。
フィッティングからのエアリークがないことを確認し、交換作業完了となりました。

DSC01687.jpg

DSC01688.jpg
交換後は丸一日お車を駐車しておき、車高が下がってしまわないことを確認。
テスタにてリセットを行い、故障コードの再入力がないことを確認します。

DSC01727_20210324193117840.jpg

3306A4DF-5528-4C42-B100-2E12F5BB06CE.jpg
最後に各部コンディションを整えお客様の元へお車をお返しさせていただきました。
この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(車検整備)

ASTON MARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(車検整備)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
灯火廻りやエアコンなど、普段お客様がお使いになる機能が正常に作動することを確認。
アストンマーティン純正テスタにて故障コードの有無も点検していきます。

DSC01527.jpg

DSC01530_20210319172456ebe.jpg

DSC01531_20210319172458b7d.jpg

DSC01533_20210319172459288.jpg

DSC01534_20210319172501167.jpg
エンジンルーム内の点検を行っていきます。
エンジンルームでは、ベルトやホースの状態や、各油脂類の量や汚れなどを点検していきます。
油脂類の点検は目視での点検に加え、各測定器を使用し数値にて確実に状態を判断させていただいております。

DSC01562_20210319172508487.jpg

DSC01569.jpg

DSC01566.jpg

DSC01568.jpg

DSC01574.jpg
エンジンオイルが劣化していましたので、エンジンオイルとオイルフィルターを交換をさせていただきました。
V8 Vantageはドライサンプ式となりますので、エンジンオイルは複数個所から抜く必要があります。
ややオイルの滲み箇所が見受けられましたので、オイル充填時には、ワコーズのパワーシールドを添加させていただきました。

オイル交換後は、滑らかなエンジンフィールのお車となりました。

2947A514-B51D-48C2-88E3-5A3E8CA582BD.jpg

DSC01578.jpg

DSC01584.jpg

DSC01586.jpg
リアのブレーキパッドが摩耗していましたので、
お客様へ状況をお伝えし、弊社オリジナルのブレーキパッドへ交換をさせていただきました。
V8 Vantageのブレーキパッドは、残量が少なくなってくると、磨材を固定するピンが出てきてしまい、
ローターにダメージが出てしまいますので、見た目では残量が残っていても、早めの交換をおすすめさせていただいております。

DSC01524.jpg

DSC01555_20210319172505c31.jpg

DSC01559_202103191725073ec.jpg
その他点検箇所を点検し、必要な消耗品を交換させていただきました。
車種によってはキーのバッテリーが交換しにくいものもありますので、
点検や車検で入庫していただいたお車は、キーのバッテリーの状態も点検させていただいております。

DSC01583.jpg

DSC01587_20210319172533114.jpg

27348D6E-9166-41E2-B32B-3009369F5191.jpg
ホイールの裏側など、各整備箇所を清掃しながら復元。
車検時に必要な調整箇所を調整させていただき、車検を更新させていただきました。

DSC01552.jpg

DSC01554.jpg

EDFEBF1D-3B3F-4DF1-AA82-FF0BF80A997A.jpg
最後にバッテリーの充電など、お車のコンディションを整え、各種添加剤を添加。
お客様の元へお車をお返しさせていただきました。
この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。