NEWS and TOPICS

お知らせ

ASTONMARTIN V8 VANTAGE 御注文車両納車前整備

ASTONMARTIN V8 VANTAGE 御注文車両納車前整備になります。


先ずはアストンマーティン専用テスタにて各モジュールに異常なコードの入力がないかをチェック。
灯火廻りなどの各部機能チェックを行い、作動に問題がないかを点検していきます。

DSCN0812.jpg

DSCN0813.jpg

DSCN0814.jpg
灯火廻りのチェックをしていると、
フロントフェンダーに取り付けられているウィンカー(サイドリピーター)のレンズが劣化により変色しておりました。
アストンマーティンではV8 Vantageの他にDB9でもこちらのサイドリピーターを使用しています。
劣化してくると、レンズが本体から剥がれてしまい、最悪の場合、レンズが外れてなくなってしまうことがありますので、
予防の為に交換をさせていただきました。

DSCN0830.jpg

DSCN0829.jpg

DSCN0853.jpg

DSCN0854.jpg
テールレンズも同様に、劣化してくるとレンズと本体の一部が剥がれてしまい、
雨水などがテールランプ内部に浸水してしまうことがありますので、
一度テールランプを取り外し、予防の為シーリング処理をさせていただきました。
その際は、テールランプ取り付け部の清掃なども行わせていただき、
少しでも気持ちよくお乗り出しいただけるよう心掛けて整備をさせていただいております。

——————–

浸水したテールランプの修理の様子については以前のブログでご紹介させていただいておりますので、
是非、そちらもご覧ください。
ASTONMARTIN V8 VANTAGE GT メンテナンス(エンジン整備・テールランプ浸水 修理)

——————–


DSCN0818.jpg

DSCN0819.jpg

DSCN0820.jpg

DSCN0821.jpg
車両をリフトアップし点検の為、アンダーカバーを取り外します。
取り外したカバー類なども、組付け前に清掃を行います。
そうすることで、単純に綺麗になるだけでなく、オイル漏れなどの異常が起きた際も
異常に気付きやすく、異常箇所の特定もしやすいなどメリットがあります。

DSCN0806.jpg

DSCN0793.jpg

DSCN0811.jpg

DSCN0774.jpg

DSCN0808.jpg
フロントブレーキパッドが摩耗していましたので、
弊社オリジナルブレーキパッドにて、交換をさせていただきました。
交換後は、ブレーキフルードの交換も行い、ブレーキ廻りをリフレッシュさせていただきました。

DSCN0776.jpg

DSCN0780.jpg
タイヤプレッシャーモニタ-のセンサーを交換させていただきました。
交換の際は、アストンマーティン純正テスタにてセンサーのIDを読み出し、同じIDにて登録させていただきました。

アストンマーティンに限らず、メーター内にタイヤの空気圧が表示されるお車の場合、
ホイールに取り付けられている、エアバルブが空気圧を測定するセンサーとなっております。

そのセンサー内部には交換のできない電池が入っており、
電池が切れてしまうとメーター内にエラーが表示されてしまいます。
その際は、センサー自体の交換が必要となります。

弊社では、各社純正センサーへの交換はもちろん、汎用品のご用意もありますので、
センサー不良やホイール交換などでの、空気圧センサーのエラーでお悩みの際は、お気軽にお問合せください。

DSCN0805.jpg

613EB2F1-0327-4EE8-B0BF-5882A2759925.jpg
ASMフルードの交換をさせていただきました。
ASMフルードはシフトチェンジやクラッチの断続などを行う重要な作動油となり、ドライブフィールに直接影響します。
ASMフルードの交換は、アストンマーティン純正テスタを使用し行います。

DSCN0832.jpg

DSCN0857.jpg

DSCN0834.jpg

DSCN0835.jpg
納車後に気持ちよくお乗りいただけるよう、必要な各種消耗品を交換させていただきました。
エアコンフィルターやワイパーなどは向こう一年間を見据え、
現状明らかな異常がなくとも交換をし、ご納車させていただいております。

DSCN0781.jpg

140AF624-DFFB-4108-84FE-A0C5046DCFA2.jpg
最後に、点検時期をメーター内に知らせるサービスインターバルをアストンマーティン純正テスタを使用しリセット。
各部の最終チェックを行い、お客様の元へお車をご納車させていただきました。

この度は注文御成約いただき誠にありがとうございました。

☆当社では注文による車両販売を行っております。輸入車・国産・新車・中古車に限らず
お取扱いしています。御予算・御希望の車種、グレードをお申し付け下さい。
御希望に沿ったお車を御提案し、整備をしっかりと行い、オーナー様の元へお届けさせて頂きます。

BMW 320d F31 メンテナンス(車検整備・エンジン整備・ブレーキ整備)

BMW 320d F31 メンテナンス(車検整備・エンジン整備・ブレーキ整備)になります。

3950F3AC-5D80-469A-AC2F-E57CF0C2CE6B.jpg
先ずはBMW純正テスタにて各モジュールの故障コードを読み出し、異常がないことを確認。
灯火廻りやパワーウィンドウの作動など、通常使用する機能も実際に操作し点検していきます。

DSC04664.jpg

DSC04639.jpg

DSC04638.jpg

DSC04637.jpg
エンジンルーム内・バッテリーの点検を行います。
ブレーキフルードの吸水率の測定や冷却水の性能を測定をしていきます。
冷却水にはワコーズ社のクーラントブースターを添加させていただき、
エアクリーナーは清掃にて対応させていただきました。

DSC04656.jpg

DSC04657.jpg

DSC04658.jpg

DSC04659.jpg

DSC04660.jpg
エンジンオイル・オイルフィルターを交換させていただきました。

エンジンオイル交換時にはワコーズ社のスーパーフォアビークル シナジーを添加させていただきました。
こちらの添加剤はエンジン内部の洗浄効果と、負荷の掛かる部分への油膜の強化を目的とした添加剤となります。
通常のフラッシング剤と比べ、長時間を掛けてエンジン内部を洗浄することができますので、
しっかりとした洗浄効果が見込めることと、負荷の掛かる部位の油膜が強化されることで、
エンジン内部の保護にもつながり、エンジンのメカノイズも低減することができます。
弊社ではお客様のお車の状況に合わせたエンジンオイルの選択や、
各種添加剤をおすすめさせていただいております。

気になる商品やご不明な点がありましたらお気軽にご相談ください。

DSC04673_2020032413441619c.jpg

DSC04663.jpg

DSC04677.jpg

DSC04678.jpg

DSC04684.jpg

DSC04686.jpg

DSC04689.jpg

DSC04687.jpg

前後のブレーキパッド・パッドセンサー・ブレーキフルードを交換させていただきました。
ブレーキパッドはお客様と相談させていただき、
純正よりもリーズナブルでブレーキダストも少ない物をご提案させていただきました。

弊社では純正品はもちろん、各ブランドの社外パーツも取り扱っております。
詳しくは弊社までお気軽にお問合せください。

DSC04674.jpg

DSC04681.jpg

DSC04682.jpg

DSC04683.jpg

48E0B686-4AE9-4CF8-97CD-75330511FAE0.jpg
普段、中々手の届かない、ホイールの裏側やエンジンルームなど、
各部の清掃をしながら車両を復元していきます。

今回低ダストブレーキパッドを取り付けさせていただきましたので、
欧州車をお乗りのお客様でお悩みの方の多い、ホイールや足廻りが汚れにくくなり、
お車をきれいな状態で保ちやすくなりました。

DSC04643.jpg

DSC04654.jpg

DSC04631.jpg
メーター内に点検を知らせるメッセージが表示されていましたので、
BMW純正テスタにて点検時期のリセットを実施。
バッテリーのコンディションを整え、ヘッドライトなどを規定値へ調整。
車検を更新させていただきました。

B623CB88-6E2C-495E-B0F7-C988DD820C31.jpg
最後に各部最終チェックを行い、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。

ポルシェ 987 Boxster 警告灯点灯 診断・修理 (エンジン整備)

ポルシェ 987 Boxster 警告灯点灯 診断・修理(エンジン整備)になります。


エンジンチェックランプ点灯とのことで、修理の御依頼。
ポルシェ純正テスタにて故障コードの読み出しを行うと、
O2センサーに関するコードの入力がありました。

DSC04564.jpg

DSC04570.jpg

DSC04574.jpg
ポルシェ純正テスタを使用しO2センサーの出力電圧を点検します。
掛け始めは問題なかったのですが、しばらくアイドリングが続くと、
右バンクの下流の波形が徐々に乱れていき、それにつられる様にして左バンクの下流の波形も乱れていきました。
また、波形が乱れるのと比例して排ガステスターのCO・HCの値も増加してしまっていましたので、
右バンクのO2センサーの出力値の不良が起因して正常な燃料噴射量の制御ができない状態と判断しました。

DSC04589.jpg

DSC04585.jpg
念の為、右バンクのみ弊社のテスト用O2センサーと入れ替えを行い再度波形を確認。
左右バンク共に波形に異常が出ないことを確認しましたので、
お客様に状況をご説明させていただきO2センサーの交換をご案内させていただきました。

DSC04740.jpg

DSC04747.jpg

DSC04749.jpg

DSC04750.jpg
O2センサー交換の承認をいただきましたので、交換作業に入ります。
こちらのO2センサーは、純正のハーネスを切断し、移植するタイプとなりますので、早速配線加工を行います。
その際、ハーネスのアウターケーブルも純正品を使用し、
取り付け時の取り廻しや見た目も純正と同じ状態になる様に加工します。

DSC04751.jpg

DSC04752.jpg

DSC04758.jpg

DSC04760.jpg
新しいO2センサーを取り付け、再度波形を確認。
新品ということもあり、左バンクと比較するとやや特性ズレはあるものの、波形の状態は良好となりました。

B6706ABD-CA98-453B-AC03-AFB3D8FDB78B.jpg
最後にロードテストを行い、波形の状態や故障コードの再入力がないことを確認。
修理完了となりました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

弊社レンタカー ASTON MARTIN V8 Vantage Roadstar メンテナンス

弊社レンタカー ASTON MARTIN V8 Vantage Roadstar メンテナンスになります。

72599E9C-168A-4450-B754-9D19B7D2A909.jpg
この度、弊社が運営しております、ラフィーネレンタカーにて、
新たに”V8 Vantage Roadstar”が追加になりました。

今回は、レンタカーとして運用する前の点検整備の様子をご紹介させていただきます。

先ずはお客様のお車の点検と同様に各部の機能チェックを実施します。
ロードスターですので、幌の動きなどはもちろん、ミラーやワイパーが正常に作動するかなど、
実際に動かしたり、アストンマーティン専用テスタを使用し、ひとつひとつ確認をしていきます。

DSCN0679.jpg

DSCN0680.jpg

DSCN0682.jpg
エンジンオイルの交換です。
アストンマーティンのオーナー様は、稀に毎日通勤で使われる方もいらっしゃいますが、
週末のみ乗る方だったりと、距離が伸びにくい乗り方をされることが多い印象です。
しかし、レンタカーとなると、走行距離が延びる傾向にありますので、オイル管理はとても重要です。

DSCN0685.jpg

DSCN0686.jpg

DSCN0687.jpg
ミッションオイルの交換です。
V8 Vantageは、ミッションが後ろに搭載される、トランスアクスルタイプとなっています。
ミッションオイル交換時には、フィルターを清掃し、
Oリングやガスケットはアストンマーティン純正品にて交換します。

DSCN0689.jpg

DSCN0688.jpg
続いてASMフルードの交換を行いました。
ASMのV8 Vantageは、クラッチ操作やギヤチェンジをASMフルードを使い油圧で行っています。
こちらが劣化してくると、走行フィールに影響を及ぼしますので、定期的な交換が必要となります。
ASMフルードの交換とエア抜きには、アストンマーティン専用テスタを使用し行います。

DSCN0690.jpg

DSCN0691.jpg

DSCN0693.jpg
フロントブレーキパッドが摩耗しておりましたので、ブレーキパッドの交換です。

V8 Vantageのブレーキパッドは摩耗が進みますと、ブレーキパッドの残量警告が点灯し、
パッドセンサーの交換も必要となります。

また、パッドの磨剤を固定しているピンがローターに接触し、ローターを傷めてしまい、
ローターも同時に交換が必要になる場合もありますので、
弊社ではなるべく交換部品が増える前の状態でのブレーキパッドの交換をおすすめしております。

55C3C419-A89B-41EA-BBCF-C77797DA6261.jpg

DSCN0695.jpg

その他、ブレーキフルードの交換や、各部の締め付け状態などを確認。
サービスインターバルをリセットし点検作業完了となります。

弊社レンタカーは、走行距離を管理し、定期的なメンテナンスを実施し、
いつでも安心してサービスをご提供できるよう努めております。

レンタカーに関しての詳しい情報はラフィーネレンタカーのホームページをご覧ください。

ラフィーネレンタカー
https://raffine-rentacar.jp/

弊社回送サービスに関するお知らせ

本日のブログは最近お問い合わせの多い、お車の回送サービスに関するお知らせです。


弊社では、販売した車両の納車や、整備でご入庫のお客様のお車の、
自社積載車による回送サービスを行っております。

CB51038C-0D77-4227-BAC9-67B2661D4A87.jpg
故障により自走が困難な場合など、お客様がご加入いただいている、
自動車保険のロードサービスにも対応しております。

出先などでのトラブルの際も、直接弊社スタッフがお客様の元へお伺いさせていただきますので、
安心してお任せいただければと思います。

D399CA11-D84B-48BC-9690-6F0FD978AD25.jpg
遠方へのお引き取りなど、回送サービスに関する詳細のお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

メルセデスベンツ GL63 AMG メンテナンス(ブレーキ整備)

メルセデスベンツ GL63 AMG メンテナンス(ブレーキ整備)になります。

DSC04705.jpg
ブレーキの警告灯が点灯したということでご入庫。
確認すると、ブレーキパッドとローターが摩耗していましたので、
前後のブレーキパッドとローター、パッドセンサーを交換させていただきました。

DSC04703.jpg

DSC04709.jpg

DSC04707.jpg
車両からキャリパーを取り外し、ブレーキローターを外し清掃します。
取り外す前のブレーキローターは摺動面の波うちも多く、耳も出てしまい交換時期となっておりました。

DSC04712.jpg

DSC04710.jpg
今回は、お客様と相談し、車重もあり非常にパワフルなお車でしたので、
その様なお車に最適な、効き重視のブレーキパッドをおすすめさせていただきました。

弊社では、純正はもちろん、各種社外ブランドの取り扱いもございます。
今回の様に効き重視のものから、ブレーキダストを抑えたいなど、お客様のニーズに合わせたパーツ選びをさせていただきますので、
パーツ選びをお考えの際は、お気軽にご相談ください。

DSC04713.jpg

DSC04714.jpg
各部グリスアップしながら新品部品を組付け。
組付け後はロードテストを実施。
ブレーキを馴染ませ、制動に異常がに異常がないことを確認します。

420D4F61-0923-47B5-BE0A-2E4176A83C60.jpg
最後に、締め付けなどの最終チェックを行い。
作業完了となりました。

制動性能も向上し、安心してお乗りいただけるお車となりました。

この度もご依頼いただき、誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN V8 VANTAGE GT メンテナンス(エンジン整備・テールランプ浸水 修理)

ASTONMARTIN V8 VANTAGE GT メンテナンス(エンジン整備・テールランプ浸水 修理)になります。


日本では大変珍しいV8 Vantage GTが修理にて入庫いたしました。
こちらのお車は、AMGになる前のV8 Vantageの最終モデルである、N430のアメリカ仕様であり、
お客様がアメリカにお住まいの時に購入し、一緒に日本へ来たという、とても愛着を感じる一台です。

今回は、エンジンチェックランプの点灯と、テールランプ内への浸水とのことで、修理をご依頼いただきました。

F24F39D7-19A2-4021-8E21-A5A97B1D5E99.jpg

DSC04606.jpg

A348805A-51AC-4F85-88BC-1BE48EB7ED7A.jpeg
チェックエンジンランプの診断です。
まずはアストンマーティン専用テスタにて故障コードの読み取りを行います。
エンジンコンピューターにO2センサーの異常を示すコードの入力がありましたので、
O2センサーの波形を確認し、左バンク上流のO2センサーの故障を確認。
O2センサーの交換をさせていただきました。

A04B08BB-E796-4D72-B429-CB123E767AF5.jpg

DSC04627.jpg
テールランプが浸水しているとのことで、修理をさせていただきました。
アストンマーティンのこのタイプのテールランプは、雨漏りするものがあるものの、
内部のLEDなどが損傷していなければ修理が可能ですので、今回も修理にて対応させていただきました。

DSC04646.jpg

DSC04647.jpg

DSC04648.jpg

DSC04649.jpg
中に入ってしまった水を抜き、内部を乾かしていきます。
また、この時点で漏れ箇所を特定しシーリングする箇所を確認します。
DSC04651.jpg

857C759D-5D8E-436E-93D5-78AE17EBDB9E.jpg

漏れ箇所のシーリングを行い、テールレンズを復元します。
復元後は点灯状態に異常がないことなど確認します。

0CFFAC6F-B302-4CAF-9B34-19592F132913 (3)
最後に、ロードテストを行い、再度アストンマーティン専用テスタにて
異常なコードの再入力がないことを確認。

テールレンズの浸水は、シャワーテストを行い、レンズ内部に水の浸水がないことを確認し、
お客様のもとへお車をお返しさせていただきました。

この度も御依頼いただき誠にありがとうございました。

アウディ A3 メンテナンス (灯火類整備・タイヤ交換)

アウディ A3 メンテナンス (灯火類整備・タイヤ交換)になります。

40CC8FC9-AA48-4A3D-9A04-D0ED6AE1A8AB.jpg
右ヘッドライト内のスモールランプが点灯しないということと、タイヤが劣化しているとのご用命をいただきご入庫。

早速ヘッドライトの診断を行うとヘッドライト内部の不良によりスモールランプが点灯しなくなっていましたので、
ヘッドライトAssyを交換を行います。

BB54BD28-C488-4BB6-B73A-C5C8E7672DC1.jpg

DSC04828.jpg

CCFBDE3E-0E12-4F09-B409-FD81C0E04AEA.jpg
ヘッドライト交換はバンパーを取り外し行います。
交換後は各灯火の機能チェックを行い、ヘッドライトテスターにて向きを調整します。

DSC04829.jpg

DSC04826.jpg

DSC04830.jpg

DSC04831.jpg

DSC04833.jpg
タイヤの交換をさせていただきました。
交換したタイヤは、摩耗度合いはそこまでではないものの、
ショルダーの片減りと劣化によりヒビ割れも多く交換時期となっておりました。
タイヤ交換の際にはホイールの清掃やエアバルブの交換も行います。

DSC04834.jpg

DSC04835.jpg

DSC04836.jpg
タイヤ交換後はホイールバランサーにてバランス調整を行います。
ホイールバランスを調整することで、回転するタイヤの中心に重心を調整し、
タイヤが高回転で回転した時のブレなどを抑えることができます。
タイヤ交換時の調整は必須ですが、タイヤが摩耗してくることでバランスも変化してきてしまいますので、
高速走行時のハンドルのブレなどは、ホイールバランスの再調整で改善することもありますので、
お気軽にご相談ください。

40CC8FC9-AA48-4A3D-9A04-D0ED6AE1A8AB.jpg
最後にロードテストを行い異常がないことを確認し、お客様のもとへお車をお返しさせていただきました。

この度も、ご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(12ヵ月点検・エンジン整備・ブレーキ整備・異音修理)

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(12ヵ月点検・エンジン整備・ブレーキ整備・異音修理)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
灯火類などの基本的な機能から、幌の作動など車種特有のチェックを行い、
アストンマーティン専用テスタにて、各モジュールに異常なコードの入力がないかを確認します。
また、ロードテストを行い走行状態の確認も行います。
今回はロードテストにてブレーキの引きずりがあり、整備をさせていただきましたので、その様子もご紹介させていただきます。

845E791C-A9E5-4928-A3D5-4E12E1412BC8.jpg

DSC04413.jpg

DSC04403.jpg

DSC04406.jpg

0AFD8699-8843-42D0-B429-5A400ED80476.jpg
エンジンルーム内の点検を行います。
油脂類の量や状態や漏れなどの異常がないかを確認します。

DSC04419.jpg

DSC04422.jpg
車両をリフトアップし、下廻りの点検を行います。
タイヤやブレーキパッドの状態や残量を確認。
下廻りに緩みがないことを確認し、ブッシュの状態なども点検していきます。

DSCN0590.jpg

DSCN0592.jpg

C9C27C0B-6A62-4B8A-842E-E4D1120AD2AE.jpg

DSCN0593.jpg

DSCN0594.jpg

DSC04445.jpg

DSC04446.jpg
ロードテスト時にブレーキの引きずりがありましたので、
ブレーキキャリパーのオーバーホールを行わせていただきました。

ブレーキキャリパーには多くのゴム部品が使われており、年数が経過すると硬化してしまい、
本来の性能を発揮できなくなってしまいますので、定期的なメンテナンスをおすすめしております。

キャリパー脱着時にはブレーキホースを取り外す必要があるのですが、
旋回時などに回転部などに干渉しないよう、取り付けの角度がシビアに決められております。

弊社では、アストンマーティン専用工具の使用により、
マニュアルに定められた手順での確実な取り付けを行っておりますので、安心してお任せください。

DSCN0588.jpg

DSCN0589.jpg
お預かり時のご用命にて
“旋回時に異音がする”
とのことでしたので、診断をさせていただきました。
調べてみると、サイドブレーキキャリパーのボルトの歪みが原因でサイドブレーキパッドが引きずっており、
異音が出てしまっていましたので、サイドブレーキキャリパーの固定ボルトを交換させていただきました。

DSC04424.jpg

DSC04425.jpg

DSC04426.jpg

DSC04428.jpg

DSC04429.jpg

DSC04438.jpg
エンジンオイル・オイルフィルターの交換をさせていただきました。
V8 Vantageはドライサンプ式になりますので、各所からオイルを抜き取ります。
この際、ストレーナーなどを清掃し、サンプワッシャーやOリングなどはアストンマーティン純正品へ交換します。

DSCN0585.jpg

DSCN0586.jpg

85B92067-E3AA-4511-BD48-109950DCAC17.jpg
最後にワイパーリフィールの交換やバッテリーのコンディションなどを整え、最終チェックを実施。
異常がないことを確認しお客様のもとへお車をお返しさせていただきました。

この度は御依頼いただき誠にありがとうございました。

ポルシェ マカン ターボ メンテナンス(エンジン整備・ドライブトレイン整備)

ポルシェ マカン ターボ メンテナンス(エンジン整備・ドライブトレイン整備)になります。


“エンジンよりオイル漏れ”
“旋回時パワーステアリングより異音”
とのご用命をいただきましたので、診断、修理をさせていただきました。

まず、オイル漏れの箇所を確認していきます。
アンダーカバーを取り外すとオイルパン周辺は漏れたオイルで汚れ、補器類の隙間などを縫って垂れており、
追っていくと、右バンクのカムカバーとフロントカバーの合わせ部より漏れていました。

DSC04451.jpg

DSC04452.jpg

DSC04454.jpg

DSC04455.jpg

DSC04457.jpg
お客様と相談をし、今回は部品交換は行わず、漏れ箇所に直接塗布するタイプの漏れ止め剤を塗布。
更にエンジンオイルに混ぜて劣化したシール類の弾力を元の状態に戻す効果のある添加剤を添加し、
様子をみることとなりました。

この際添加剤のみを入れることはできませんので、古いエンジンオイルを抜き取り、
新しいエンジンオイルに添加剤を添加し、よく馴染ませた後、エンジンへ入れていきます。

DSC04479.jpg

DSC04482.jpg

E84F6775-5F0D-4476-9DA4-17513B476AA4.jpg

DSC04489.jpg
旋回時にパワーステアリングより異音とのことで、ロードテストを実施。
最初は異音の確認はできなかったものの、しばらく走っていると、旋回時に”コー”という音がなりはじめました。
徐々に異音は大きくなり、油圧式のパワーステアリングのポンプからの異音と類似した音にも聞こえます。

しかし、こちらの車両は電動式のパワーステアリングということと、音が大きくなるにつれて車両の後方より
音が聞こえてきましたので、デフオイルの劣化による異音と判断。
デフオイルを交換させていただき、異音は改善されました。

デフやミッションオイルなど、エンジンオイルと比較するとガソリンが混ざってしまうなど、
劣化する要素が少なく、中々交換するイメージのない油脂ですが、
オイルは酸化などで、徐々に性能が低下していきますので、
弊社では定期的な交換をおすすめしています。

DSC04461.jpg

EE20D30C-4F5C-492D-AB5D-DF45B50ADAFF.jpg
最後に各部の清掃を行い、再度漏れ、異音がないことを確認。
各灯火など最終チェックを行いお客様のもとへお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。