OFFICIAL BLOG

公式ブログ

Yonemotors promotion movie


この度、yonemotorsでは
promotion movieが完成しました。
各車両整備は元より、アストンマーティンでの
モータースポーツを楽しむコンセプトで
オーナ参加型のyonemotorsでのサポートにて
yonemotors team活動を行なっていきます。
是非ご覧いただければと思います。

ASTON MARTIN DB11 メンテナンス (ブレーキパッド交換・エンジンオイル交換)

ASTON MARTIN DB11 メンテナンス (ブレーキパッド交換・エンジンオイル交換)


前後のブレーキパッドとエンジンオイル交換のご依頼をいただきました。
事前に連絡をいただいていましたので、部品を本国よりご用意させていただき作業をさせていただきました。

DSC01076.jpg

DSC01067.jpg

DSC01068.jpg

DSC01075.jpg

DSC01072.jpg

DSC01061_20210616200446a41.jpg

DSC01081.jpg
前後のブレーキパッドを純正の新品へ交換します。
組付け時には各部を給油し組付け。
ホイールの裏側など関連整備箇所を清掃させていただき復元します。

DB11のリアパッドは振動をコントロールする重りが取り付けられており、鳴きを抑制しています。

DSC01070.jpg

DSC01073.jpg
エンジンオイルとオイルフィルターを交換させていただきました。
交換に必要な消耗品は全てアストンマーティン純正品にて交換をさせていただいています。

27680D6D-14AC-4223-9D89-E6E4CBBB9430.jpg
最後に各整備箇所を再度確認。
ロードテストにてブレーキの効きに異常がないことやオイルの滲み等ないことを確認し、
お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

池袋工場オープンのお知らせ

この度、YONEMOTORSは新たに池袋に
整備工場をオープンさせていただくことになりました。
お陰様で麻布ショールーム、多摩ショールーム、多摩認証整備工場についで、
四拠点目のオープンになります。
6月21日月曜日よりオープンし、
更に皆様の愛車のメンテナンスに
尽力させていただく所存です。
皆様の御依頼心よりお待ち申し上げます。

YONEMOTORS 池袋認証整備工場
〒170-0011 東京都豊島区池袋本町2丁目5-3
(首都高5号線 北池袋 出口至近ドンキホーテさん並び)

車検・点検・修理・鈑金(万が一の事故を含む)メンテナンス全般の問い合わせは下記フリーダイヤルまで御連絡下さい。

YONEMOTORS Factory
直通フリーダイヤル 0120-050-903

Jaguar XJ X351 メンテナンス(12ヵ月点検整備・冷却水漏れ修理)

Jaguar XJ X351 メンテナンス(12ヵ月点検整備・冷却水漏れ修理)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
灯火やエアコン、ウィンドウの開閉など、普段お客様がお使いになる機能が正常に作動することを確認。
テスタにて各モジュール内の状態を点検します。

DSC02528.jpg

DSC02530.jpg

DSC02622.jpg
エンジンルーム内を点検していると、冷却水漏れを確認。
お客様にお伝えすると、冷却水を足しながらお使いになっていたということでした。

手前の部品を取り外し漏れ箇所の点検を行うと、ウォーターポンプ周辺に冷却水が多く漏れてしまっていました。
この頃のジャガーやランドローバーのエンジンはウォーターポンプや樹脂製のウォーターラインからの漏れが多い為、
必要な部品のお見積りをご案内し、部品を注文させていただきました。

DSC02628.jpg

DSC02632.jpg
インレットマニホールドを取り外すと、樹脂のウォーターパイプ周辺から冷却水が漏れていることが確認できました。

DSC02635_20210607184928848.jpg

DSC02634_2021060718492741d.jpg

DSC02636_20210607184930e4f.jpg

DSC02642_20210607184933ddc.jpg

DSC02643.jpg

DSC02641_20210607184931c1f.jpg
ウォーターパイプを取り外すとパイプが劣化により損傷してしまっていました。
また、ウォーターポンプの合わせ目からも冷却水の漏れ跡を確認しました。

DSC02645_20210607184936e07.jpg

DSC02646_20210607184937040.jpg

DSC02654_202106071849395c8.jpg

DSC02675_20210607185009a0b.jpg

DSC02657_2021060718495168c.jpg
組付け前に、漏れ跡を清掃し、異常のある部品や予防を含めたホース類などを交換しながら復元します。

DSC02660_202106071849547b3.jpg

DSC02659_202106071849529f8.jpg
補機類を駆動するベルトもひび割れしてしまっていましたので新品へ交換。
新品の冷却水を入れ、エンジンを温め漏れがないことを確認し、冷却水漏れの修理完了となりました。

DSC02664_20210607184958ac2.jpg

DSC02663.jpg

DSC02666.jpg

DSC02667.jpg
エンジンオイルのご用命をいただきましたので交換をさせていただきました。
エンジンオイルにはエンジンを潤滑するだけでなく、エンジン内部に発生した汚れを取り込む効果などもありますので、
定期的な交換をおすすめさせていただいております。

また、ブレーキフルードも劣化しており、2年交換歴がありませんでしたので交換をさせていただきました。
ブレーキフルードは走行距離だけでなく、経年で吸湿し劣化してしまいますので、2年毎の交換がおすすめです。

DSC02668_20210607185003417.jpg

DSC02670_20210607185004115.jpg
ブレーキ周りやホイールの裏側など、各部を清掃しながら復元し、車両をリフトから降ろします。

DSC02662.jpg

DSC02671.jpg

DSC02674.jpg

30682703-69CD-40C2-B603-FF05C574F7F0.jpg

その他フィルター類やバッテリーなど消耗品を交換させていただき、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。
この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN DB9 ドアロックできない時がある 修理

ASTON MARTIN DB9 ドアロックできない時がある 修理になります。

DSC00905.jpg

お客様より「ドアをロックしようとしても、はじかれてしまいドアロックできない時がある」とのことで、
修理のご用命をいただきました。
実際に、室内やキーのロックボタンを押し確認すると、やはりロック作動が失敗してしまうことがありましたので、
ドアラッチなどの関連部品を発注し交換させていただくこととなりました。

DSC00904.jpg

DSC00907.jpg

DSC00908_20210602191631275.jpg

DSC00914_202106021916350d1.jpg

部品到着後、ドアの内張を取り外し分解を進めていきます。
ドアロック関連の部品の取り外しにはウィンドウレギュレーターなどの取り外しが必要となります。
アストンマーティンのDB9やV8 Vantageは今回の様ににロックができない不具合は珍しくはなく、
経年によりドアラッチ内部の動きが悪くなったり、写真赤丸部の様にアウターワイヤーが折れてしまっていることもあります。
今回は、ドアラッチの交換歴もなく、ワイヤーも損傷してしまっていましたので両方を交換させていただきました。

DSC00910.jpg

DSC00911.jpg

DSC00915_20210602191636b2d.jpg

F2234A2F-0BE5-4847-9DDA-3452ADFC759E.jpg
左右の部品交換し、窓の調整を実施。
各部を復元し、ドアロックやパワーウィンドウの作動に異常がないことを確認。
お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

メルセデスベンツ E220d S213(W213) メンテナンス(12ヵ月点検整備)

メルセデスベンツ E220d S213(W213) メンテナンス(12ヵ月点検整備)になります。


まずは各部機能チェックを実施。
ライトの点灯状態やエアコンの効きなど、お客様が普段お使いになる機能が正常に作動することを確認。
メルセデスベンツ純正テスタにて各モジュールの状態を点検します。

DSC02581_20210526180858a45.jpg

DSC02592.jpg

DSC02594_2021052618090674c.jpg
エンジンルーム内の点検を行っていきます。
エンジンルーム内では、各油脂類の漏れがないことや、ホースなどに劣化による亀裂などがないことを確認します。
また、各油脂を目視や測定器を用いて点検を行い、状態を点検します。
今回はブレーキフルードの吸湿率は低く、冷却水の性能も異常がありませんでしたので、
正常と判断し、お客様へ状況をお伝えしました。

DSC02586.jpg

DSC02584_20210526180900e08.jpg

DSC02585_202105261809015cf.jpg

DSC02596_20210526180910fec.jpg
エアコンフィルターやエアクリーナーなど、フィルター類を取り外し状態を確認。
汚れは少なく、問題ありませんでしたので、清掃にて対応させていただきました。

この様に、点検時には状態を確認し、部品の交換はしないということもありますが、
異常がないことを確認することで、安心してお乗りいただけるお車になりますので、
定期的な点検がおすすめです。

DSC02610.jpg

DSC02597.jpg

DSC02606.jpg

DSC02605.jpg
お客様よりエンジンオイルとオイルフィルター交換のご用命をいただいていましたので、
エンジンオイルとオイルフィルターを交換。
エンジンオイルはお客様指定のエンジンオイルにて交換をさせていただきました。

また、ブレーキローターがドリルド(穴あき)ローターのタイプなのですが、
穴がダストにより埋まってしまっているところがありましたので、
ローターの穴を含むブレーキ周りの清掃をさせていただきました。

DSC02589.jpg

AB334CF4-57F7-4B5F-B691-874EB5B2044C.jpg
最後に各整備箇所を確認しながら復元。
バッテリーの内部容量がやや低下していましたので、充電にてコンディションを整えさせていただき、
お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(車検整備)

ASTON MARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(車検整備)になります。

DSC00954_202105241852307ac.jpg

DSC00959_202105241852489ad.jpg
先ずは各部機能チェックを実施。
灯火類やエアコンなど、普段お客様がお使いになる機能が正常に作動することを確認。
アストンマーティン純正テスタにて、各モジュールの故障コードの入力の有無やクラッチの状態を点検します。

DSC00923_20210524185209c3d.jpg

DSC00937.jpg

DSC00938.jpg

DSC00941.jpg

DSC00939_20210524185224e5f.jpg
エンジンルーム内の点検を行っていきます。
エンジンルーム内では、ホースなどに亀裂がないことや油脂類の漏れがないことを点検していきます。
ブレーキフルードの吸湿率を測定すると4%以上と多く吸湿してしまっていましたので、
ブレーキフルードの交換もさせていただきました。

DSC00925_2021052418521263f.jpg

DSC00928.jpg

DSC00929_2021052418521593f.jpg

DSC00932.jpg

DSC00933.jpg

DSC00935.jpg
エンジンオイルも劣化していましたので、交換をさせていただきました。
V8 Vantageは、ドライサンプ式のエンジンの為、複数個所からのオイルの抜き取りが必要となります。
オイル交換時に必要な消耗品は全て、信頼性の高いアストンマーティン純正品にて交換をさせていただいております。
また、オイル充填時には、油膜の強化とエンジン内部の洗浄交換を高める添加剤を添加。
メカニカルノイズが減り、滑らかなエンジンフィールのお車となりました。

DSC00943_20210524185227de0.jpg
その他下回りの締め付け状態やブッシュの状態を点検。
ホイールを取り付けお車をリフトから降ろします。

DSC00983.jpg

DSC00985.jpg
エアコンフィルターが汚れていましたので、交換をさせていただきました。
フィルターが汚れると噴き出し口から出てくる風が弱くなったり、悪臭の原因となることがありますので、
定期的な交換がおすすめです。

DSC00981.jpg

DSC00960.jpg

DSC00988.jpg
その他、お客様からご依頼いただいていました、異音や不具合を修正。
車検時には非常信号灯の有効期限や電池式の場合は点灯状態も点検を実施。
各部必要箇所を調整し、車検を更新しました。

DSC00989.jpg

DSC00956.jpg

DSC00957_20210524185244e47.jpg

DSC00958.jpg

78541ACD-9373-4B09-82A5-55CAC6DCFF78.jpg
最後にテスタにて故障コードのリセットと、メーター内に点検時期を知らせるサービスインターバルをリセット。
各整備箇所の清掃を行い、バッテリーなどのコンディションを整えお客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

McLaren 720S ブレーキキャリパー 交換・ホイール 交換

McLaren 720S ブレーキキャリパー 交換・ホイール 交換になります。

DSC02440.jpg

DSC02441.jpg
お客様より前後のブレーキキャリパーとホイールの交換のご依頼をいただきました。

DSC02444.jpg
早速キャリパーを取り外し、交換作業をすすめていきます。
元々はブラックのキャリパーでしたが、スポーティーで目を引くメタリックカラーのキャリパーへと交換させていただきました。

DSC02450_20210520174215fbc.jpg

DSC02451.jpg
キャリパー取り付け後は、ブレーキフルードのエア抜きを行い、
取り付け部の締め付け状態やフルードの漏れがないことを確認します。

DSC02463.jpg

DSC02464_202105201742247d8.jpg

DSC02456_2021052017421965c.jpg

DSC02458.jpg

DSC02462_edited.jpg
ホイールもブラックの物へ変更し、メリハリのあるレーシーな印象のお車になりました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

ポルシェ ボクスター 987 幌開閉できない 修理

ポルシェ ボクスター 987 幌開閉できない 修理になります。


お客様より、幌を開閉している時に”バキッ”という音がして
幌が開閉できなくなってしまったとのことで修理のご依頼をいただきました。

DSC02368.jpg
幌の開閉機構を点検すると、リンクロッドのボールジョイント部が左右共に割れてしまっていました。
割れた部分の樹脂は崩れやすくなってしまっており、
経年劣化により開閉時の力がかかった時に割れてしまったものと思われます。

DSC02367.jpg
お客様へ状況をお伝えし、リンクロッドをポルシェ純正品にて交換させていただきました。
取り付け時には、各部の調整を行い、正常に開閉することを確認。
修理完了となりました。

349008C5-EB28-4D15-86EF-6F7742758231.jpg
オープンカーは走行中に開閉など行うと無理な力が掛かり弱い部分が損傷してしまうことがありますので、
開閉はなるべく止まった状態で行うことをおすすめします。

今回の割れた部分も、樹脂製から金属製に変える社外品なども販売されており、
ボクスターでは珍しくはない不具合なのですが、そういった社外品をつけることで、
別の弱い部分が損傷してしまい、更に修理のコストが上がってしまうこともありますので、
部品選びも重要になってきます。

この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN Vanquish エンジンコンピューター(PTEC)交換・オーバーヒート修理

ASTON MARTIN Vanquish エンジンコンピューター(PTEC)交換・オーバーヒート修理になります。


走行中に冷却水が噴き出してしまいロードストップしてしまったとのことで、修理のご依頼でご入庫。
車両の状態を確認すると、エンジンの調子は悪く、噴き出した冷却水によりエンジンルーム内も汚れてしまっていました。

また、少し前から調子が悪く、エンジンコンピューターの交換もご用命もいただいていましたので、
エンジンコンピューターの交換を含め作業を進めさせていただくこととなりました。

DSC01592.jpg

DSC01596_202105141703209f6.jpg

DSC01597_20210514170321792.jpg
エンジンコンピューター(PTEC)はバンクごとにありますので、合計2つあるのですが、
右バンク(プライマリー側)のエンジンコンピューターに不具合がでていましたので、
コンピューターを取り外し新品へ交換をさせていただきました。

DSC01599_20210514170323782.jpg

DSC01601_20210514170335b41.jpg

DSC01607_20210514170336f63.jpg

DSC01618.jpg

DSC01619.jpg

DSC01620.jpg
エンジンコンピューターはただ交換しても、内部のプログラムがマッチしておらず、
また、鍵の情報なども管理していますので、交換後、アストンマーティン純正テスタを使用しての、
プログラミング作業が必要となります。

プログラミングの条件には安定した電源供給が必須事項となりますので、
電源を供給しながら慎重に作業を進めます。

プログラミング後は、鍵の情報の登録作業や、クラッチやエンジンの学習を行い
エンジンコンピューター交換作業は完了となりました。

DSC01622.jpg

DSC00677.jpg

DSC00678_20210514170307247.jpg
次にオーバーヒートの修理に移ります。
漏れ箇所特定の為、冷却水を少し足し加圧すると、
ラジエターの樹脂製サイドタンクが劣化により割れてしまい冷却水が漏れてしまっていました。

オーバーヒートにより漏れた時は相当な勢いで噴き出したのか、
ラジエター周辺は冷却水により汚れてしまっていました。

割れてしまったラジエターはもちろん、ウォーターポンプやサーモスタット、ラジエターホースなど、
経年により劣化するものは交換をご提案させていただきました。

DSC00688.jpgDSC00680.jpg

DSC00682.jpg

DSC00683.jpg

DSC00689.jpg
おすすめさせていただいた劣化した部品を交換していきます。
ラジエターはサイドタンクが樹脂製からアルミ製となり、対策されていました。
サーモスタットやウォーターポンプも交換させていただき、これから安心して乗っていただけるお車へと仕上げていきます。

DSC00686.jpg

DSC00687.jpg

DSC00685.jpg

DSC00716_20210514170317b35.jpg
その他外した外した部品を清掃しながら組み付け。
噴き出した冷却水による汚れもきちんと落とし、見た目にも気持ちの良いエンジンルームとなりました。

46838D22-DACB-4DAE-92A8-2156D55C9D0C.jpg
作業完了後は、ロードテストを行い、冷却水などの漏れなどないことを確認。
アストンマーティン純正テスタにて各モジュールに異常なコードの入力がないことをチェックし、
お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

Daimler ダブルシックス メンテナンス(12ヵ月点検・エンジン整備・ブレーキ整備・足回り整備)

Daimler ダブルシックス メンテナンス(12ヵ月点検・エンジン整備・ブレーキ整備・足回り整備)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
普段お客様が使う機能が正常に作動することを確認します。

DSC00603.jpg

DSC00604.jpg

DSC00607.jpg

DSC00610_20210512191209e2e.jpg
灯火の点灯点検をしていると、右フロントのスモールランプが点灯しておらず、
電球を確認するとライトのグロメットなどなく、ソケットやヘッドライト内部も錆や汚れで傷んでしまっていました。

ヘッドライト関連部品は入手困難とのことでしたので、ソケットなどを作り直し、
レンズ内部も清掃し対応させていただきました。

DSC00616.jpg

DSC00617.jpg

DSC00619.jpg

DSC00622_202105121759208f0.jpg

DSC00628_202105121759254a1.jpg
車両をリフトアップし下回りを点検していると、ブレーキホースに亀裂がありましたので、
お客様へ状況をお伝えし交換をさせていただきました。
ブレーキ周辺は何かあると、直接事故につながる可能性が高い部位ですので、
異常がある場合は、早めのメンテナンスが必要です。
今回の様なブレーキホースの亀裂は、保安基準には適合せず、
車検は通りませんので、要交換項目となります。

DSC00623.jpg

DSC00624.jpg

DSC00643.jpg
引き続き下回りの点検を進めると、ラックブーツが切れてしまっていましたので、交換をさせていただきました。
ラックブーツやタイロッドエンドブーツなど、可動部に使われるブーツなどのゴム部品は、
経年によりひび割れなどしてしまいますので、定期的な交換が必要になります。

DSC00599.jpg

DSC00600.jpg

DSC00601.jpg

お客様より、エンジンオイルの交換のご用命をいただいておりましたので、
エンジンオイルとオイルフィルターを交換させていただきました。
エンジンオイルはお客様より指定の銘柄がありましたので、ご要望のオイルにて交換をさせていただきました。
弊社では、お客様のご希望のオイルの銘柄などあれば、お取り寄せしてのご対応も可能です。
詳しくは弊社スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

DSC00645.jpg

DSC00647.jpg

DSC00648.jpg

DSC00602_202105121758541f8.jpg
その他、エンジンルームを点検していると、ベルトが劣化により亀裂が入ってしまっていましたので交換。
ラジエターキャップも経年により劣化してきておりましたので、
オーバーヒートなどの問題が起きる前に交換をさせていただき、安心してお乗りいただける状態となりました。

DSC02413.jpg

DSC02415_202105121759383e1.jpg

DSC02418.jpg

DSC02421.jpg
お客様より、エアコンの効きが弱いとのことでしたので、点検をさせていただくと、
片側のブロアファンが回っていませんでした。
診断を行うと、ブロアファンユニットに取りつけられているトランジスタの異常でしたので、
交換をさせていただきました。

また、エアコンガス圧も低下してしまっていましたので、エアコンシステム内部のクリーニングの後、
ガス圧を規定量充填させていただき、きちんとエアコンの効く状態となりました。

エアコンの効きが悪いなど、異常を感じましたら、本格的に暑くなる前にご相談ください。

DSC00635.jpg

DSC00636.jpg

DSC00613.jpg

DSC00620.jpg

DSC00657_20210512175935400.jpg

グリスアップポイントの給油や各部の清掃を行いながら復元。
お車をリフトから降ろします。

DSC00597_202105121758487cf.jpg

06A1444A-C123-41A8-A8DF-202B453AF81D.jpg
ワイパーなどその他の消耗品を交換。
お車のコンディションを整え、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき、誠にありがとうございました。