ARCHIVE

記事一覧

フェラーリ F458 メンテナンス (マフラー交換)

フェラーリ F458 メンテナンス (マフラー交換)になります。


今回は社外マフラーから純正マフラーへの戻し作業を御依頼頂きましたので、
早速取り外していきます。

083AA5F7-DE8E-4928-B4F8-0CA1E28E39E7.jpg

DSC02187_201910301853493af.jpg

DSC02188_20191030185347313.jpg
カバー類を取り外しサイレンサーなどを順に取り外していきます。

DSC02192_20191030185345b73.jpg

DSC02189_20191030185347ff5.jpg

DSC02184.jpg
純正触媒の取付時にはエキゾーストマニホールドの取り外しも必要です。
エキゾーストマニホールド脱着時にはスタッドボルトを一度全数取り外し、
清掃してから、スタッドボルトを締め付けていきます。

8960C0BC-8745-4759-BC6C-D0C3F4B813B2.jpg

DSC02166.jpg

9C578F52-2752-462F-9C95-C179EB872A68.jpg
マフラー関連部品を全て取リ付け、排気漏れなどの不具合がないことを確認します。
その後、アンダーカバーやエンジンカバー類を取り付け清掃します。

AEB0AC8E-677F-45C6-8ACA-7A266732DF6B.jpg

84D273EB-D3F3-4E8C-9316-F1E900A3595D.jpg
ロードテストを行い、異音などないことを確認。
お客様の元へお車をお返ししました。

今回もご依頼いただき、誠にありがとうございます。

☆弊社ではマフラー交換や足廻りの交換なども行っております。
各種ブランドのアフターパーツもご用意できますので、お気軽にご相談ください。

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(12ヶ月点検・クラッチ整備)

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(12ヶ月点検・クラッチ整備)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
アストンマーティン専用テスタにて各モジュールを点検。
クラッチの数値に摩耗がみられたので、念の為ロードテストにて実際に走りを確認。
クラッチ関連部品の交換をおすすめさせていただき、交換作業に入りました。

DSC02259_2019102520265224a.jpg

DSC02264_201910252026544de.jpg

DSC02266b.jpg

DSC02268.jpg
アンダーカバーに始まりマフラーやエキゾーストマニホールド、ミッションなどを取外し、
クラッチを取り外します。

DSC02289.jpg

DSC02288.jpg

DSC02291.jpg
取り外したクラッチの状態を確認します。
取り外したクラッチは、溝がなくなっている部分があり、
プレッシャープレートにも焼けがある状態になっていました。
クラッチとクラッチカバーは新品に交換し、フライホイールにもやや焼けがありましたので、
研磨にて対応させていただきました。

DSC02292.jpg

DSC02295_20191025202712a83.jpg

DSC02276.jpg

DSC02281_20191025202701118.jpg
クラッチダストが各部に飛んでいますので、
トラブル予防の為にも各部をきちんと清掃していきます。

DSC02280.jpg

DSC02282_2019102520270370b.jpg

DSC02286_2019102520270430f.jpg

DSC02308.jpg

スレーブシリンダーはクラッチ交換時の同時交換をおすすめしている部品のひとつです。
油圧にてプレッシャープレートを押す役目をしていますが、ストロークのセンサーも一体になっており
非常に重要な部品となっています。
また、スレーブシリンダー自体がクラッチダストの影響を受けやすい場所に取付られている為
摺動部にダストが詰まってしまい取り外したスレーブシリンダーのほとんどが動きが悪くなってしまっています。

DSC02298.jpg

DSC02299.jpg

DSC02300.jpg

DSC02311.jpg

DSC02355.jpg
清掃が終わりましたら、いよいよクラッチ関連の部品を組付けていきます。
弊社ではアストンマーティンディーラーで使っている専用工具と同じ物を使用して作業をしています。
重要な部分ですので、フライホイールやクラッチカバーなどを固定しているボルトやナット類
エキゾースト関連のガスケット等も純正の新品へ交換させていただきました。

DSC02302.jpg

DSC02303.jpg
専用工具にてフライホイールを固定し、クラッチのセンターを出しながら
規定のトルクにてクラッチ関連部品を取り付けていきます。

DSC02314.jpg

DSC02315.jpg

DSC02317.jpg

DSC02329.jpg

DSC02345_20191025202806efa.jpg
ミッションオイルの交換とASMフルードの交換です。
ミッションオイルはストレーナーを清掃しガスケット類を交換。
ASMフルードのエア抜きを確実に行うにはアストンマーティン専用テスタを使用し
ASM内のポンプを作動させながらエア抜きを行う必要があります。

DSC02366_2019102520284388d.jpg
組付けの後、専用テスタにてクラッチの学習値のリセットを行い。
ロードテストにてクラッチポジションの学習を行い完了となります。

DSC02370_20191025202845725.jpg

DSC02371.jpg

DSC02346.jpg

DSC02347.jpg

DSC02349_20191025202811f4c.jpg

DSC02359.jpg
今回はクラッチ交換だけでなく、元々12ヶ月点検での御入庫でしたので、
その他のワイパー、オイルといった消耗品も交換させていただきました。
エンジンオイル交換時には、若干のオイルにじみを確認しましたので、
ワコーズ社のエンジンパワーシールドを添加させていただきました。
こちらの添加剤はオイルにじみなどをシールを復活させて止める効果がありますので、
弊社ではオイル交換前に軽度のにじみなどがある場合には添加をおすすめしております。

DSC02362.jpg

DSC02363_20191025202839bf7.jpg

DSC02360_201910252028346ab.jpg

DSC02361_20191025202836cec.jpg

DSC02364_2019102520284062f.jpg

DSC02365_20191025202842710.jpg

DSC02172_201910252026483c8.jpg

DSC02177_201910252026516dc.jpg

DSC02175_201910252026499c4.jpg

整備した箇所に異常がないか最終チェックを行いながら給油と清掃を行い
車両を復元していきます。
ハイマウントストップランプの固定が緩み
右側だけ奥に入ってしまっていたので修正させていただきました。

68BBF377-4647-4B83-86D0-127B26316299.jpg
最終チェック完了後、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。
クラッチのフィーリングが格段によくなり、より気持ちよく乗っていただけるお車になりました。

今回も御入庫いただき誠にありがとうございました。

BMW アルピナ B5 F10 メンテナンス(車検整備)

BMW アルピナ B5 F10 メンテナンス(車検整備)になります。


先ずはBMW純正テスタにて各モジュールの故障コードの読み出しと各部機能チェックを実施。
灯火廻りやエアコンなどの機能がきちんと作動することを確認します。

DSC02094.jpg

DSC02092.jpg
ボンネットを開け油脂類の状態や漏れなどがないかを点検していきます。
その際、お客様の大切なお車に傷がつかない様、車両の保護を実施します。

DSC02784.jpg

DSC02785.jpg

DSC02790.jpg

DSC02791.jpg
エアクリーナーの清掃です。
特にハイパワーのお車は吸い込む力も強いので汚れが溜まりやすい傾向にあります。
こちらのB5は交換時期ではありませんでしたが、それなりに汚れが付着していましたので、
清掃にて対応させていただきました。

DSC02792.jpg

DSC02801.jpg

DSC02799.jpg

ブレーキ廻りの清掃を行いブレーキ廻りの状態を点検します。
異常ありませんでしたので、ブレーキフルードの交換と各部の給油を行いました。

DSC02781.jpg

DSC02782.jpg
ブレーキダストによりどうしてもホイールの裏側も汚れてしまいます。
お車を綺麗にされているオーナー様でも中々手が入らず掃除しにくいですので、
車検入庫時にはホイールの裏側も清掃させていただいています。

DSC02143.jpg

DSC02142.jpg

DSC02803.jpg
各消耗品の点検と交換になります。
弊社の使用しているバッテリーテスターはエンジンスタート時の電圧降下や
負荷を掛けた状態での発電量もチェックすることができます。
車検や点検の御入庫時には必ずこちらで状態を確認し
電圧だけではわからないバッテリーの状態をお知らせします。

DSC02096.jpg

0C4C6434-D3B3-41EE-8E1B-E9CB0632E374.jpeg

49E71ADF-2EBC-4758-93F9-EB9542137F52.jpg
ヘッドライトの調整を行い、車検の更新。
最後に完成チェック・清掃を行いお客様へお車をお返しします。

この度も御入庫いただき誠にありがとうございました。

メルセデスベンツ E320AVG W211 メンテナンス(エンジン整備・足廻り異音・エンジン整備)

メルセデスベンツ E320AVG W211 メンテナンス(エンジン整備・足廻り異音・エンジン整備)になります。


メーター内にグロー警告点灯との御用命でしたのでメルセデスベンツ専用テスタにて診断実施しました。

DSC02112.jpg

DSC02084_20191021184857957.jpg

DSC02085.jpg
診断の結果グローモジュールの内部不良と判断し、グローモジュールの交換を実施。
併せて消耗品であるグロープラグも全数交換させていただきました。

DSC02080_2019102118485165f.jpg

DSC02081_20191021184852265.jpg

DSC02082.jpg

DSC02083.jpg
走行中異音がするとの御用命もいただいていましたので、ロードテストにて点検。
左フロントより異音を確認。
足廻りを点検するとロアボールジョイントにガタがありましたので、
ボールジョイント単体の交換にて修理させていただきました。

DSC02086.jpg

DSC02088.jpg
最後にエンジンオイル交換を交換させていただきロードテスト。
警告も消え、異音も無くスムーズかつエレガントな乗り味のお車に戻りました。

DSC02089.jpg

C623B9AB-BFF9-44CA-AAF6-41144BA62B4E.jpg
各部の清掃、完成チェックを行い、お車をお客様の元へお返ししました。
この度も御入庫いただき、誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN V8 Vantage S 車検整備(24ヶ月点検)

ASTONMARTIN V8 Vantage S 車検整備(24ヶ月点検)になります。


先ずは各部の機能が正常に作動することを確認。
ロードテストにて異音などの点検を行い、お車をリフトへセットします。

DSC02514a.jpg

DSC02517a.jpg

DSC02520a.jpg
アストンマーティン専用テスタにて各部のモジュールを診断。
エンジンの学習値の確認や、クラッチの摩耗具合などを点検します。

クラッチの滑りを感じる方や変速が遅いなど違和感を感じる場合は、
弊社のメカニックがロードテストにて確認するのはもちろん、
クラッチのデータを専用テスタにて確認し、
クラッチの状態をご案内させて頂きますので、お気軽に御相談ください。

4D5E634F-ECB8-4AC7-B348-254DF1A32FD7a.jpg

DSC02522a.jpg

91AFEFF4-9CC9-42BF-894D-ABED978706B7a.jpg
車両をリフトアップし、下廻りの締付具合やオイルの漏れがないかを確認。
各部の給油や清掃を行いながら復元していきます。

DSC02528a.jpg

DSC02524a.jpg

DSC02531a.jpg
ヘッドライトの向きなどを調整し車検の検査へ。
車検を更新した後、バッテリーのコンディションを整えお客様への納車に備えます。

F002DA03-CC86-474A-86BE-0A584287654Ba.jpg

C3BBA10E-939B-4F7E-BDE0-A60F71197391a.jpg

DSC02516a.jpg
最後に完成検査を行い、サービスインターバルのリセットを行います。
クラッチポジションなどの再学習の後、各部を清掃しお客様へお車をお返しとなります。
変速のフィーリングも向上し、より気持ちの良い乗り味のお車に仕上がりました。

今回も御入庫いただき誠にありがとうございました。

ポルシェ911カレラ 御注文車両納車前整備

ポルシェ911カレラ 御注文車両納車前整備になります。

先ずはポルシェ専用テスタにて各モジュールの診断。
装備品の機能チェックとロードテストにて異音の確認などをしていきます。

DSC02699.jpg

A80ED8D8-ED17-4563-9F07-1E8AF23B18FD.jpg

車両をリフトアップし下廻りの締付やオイルの漏れなどがないかを確認します。

402F7CD0-D70A-47FC-BC12-E43DFE1ED3EF.jpg

DSC02716_2019101618480048b.jpg

DSC02708.jpg

DSC02702.jpg

DSC02704_201910161847519b2.jpg

DSC02709.jpg

DSC02712.jpg

DSC02713.jpg

DSC02715.jpg
エンジンオイル・オイルフィルターの交換です。
エンジンフードを開けるとクーリングファンが見えるだけなのですが、
上部からの点検とオイルフィルターの交換の為にはクーリングファンを外して行います。
サンプボルトは樹脂製となっていますので、再使用せず純正の新品へ交換します。

DSC02722_2019101618480569f.jpg

DSC02721.jpg

DSC02720.jpg
ブレーキ廻りの点検の後、ブレーキフルードの交換です。
交換後は清掃しハブ廻りの給油を行い復元していきます。

DSC02723.jpg

16AB5C28-A022-4E85-A6B8-78BD8CCCD5A9.jpg

最後に再度各部のチェックを行い、お車のコンディションを整えお客様へ納車となりました。
これからの季節。紅葉などドライブにはもってこいの季節になりますので、
きちんと整備されたお車で、気持ちよく乗っていただけるお車に仕上がりました。

この度は注文御成約頂き誠にありがとうございました。

☆当社では注文による車両販売を行っております。輸入車・国産・新車・中古車に限らず
お取扱いしています。御予算・御希望の車種、グレードをお申し付け下さい。
御希望に沿ったお車を御提案し、整備をしっかりと行い、オーナー様の元へお届けさせて頂きます。

ASTONMARTIN DB11 メンテナンス(12ヶ月点検)

ASTONMARTIN DB11 メンテナンス(12ヶ月点検)になります。

84DEBFD2-B622-4391-B601-4B7DC06EBFE0.jpg

DSC02602.jpg
まずはロードテストと各部の機能チェックを実施。
リフトアップし、各部の点検をすすめていきます。
DB11は、各部のつくりがより洗練され、整備性もよくなっている印象です。

DSC02596_20191011205126bcb.jpg

DSC02598.jpg

DSC02599.jpg

DSC02601.jpg
エンジンオイル、オイルフィルターの交換です。
DB11の消耗部品もアストンマーティン純正部品にて交換させていただきました。

DSC02595.jpg

DSC02593.jpg

DSC02587.jpg

DSC02591.jpg

DSC02590.jpg
ブレーキフルードの交換です。
交換後は足廻りの清掃や給油を行います。
普段ホイールを外さなくては掃除しにくいホイールの裏側なども清掃させていただきます。

F677FF61-BEE0-41BC-A9D0-59A9C0A9DE4A.jpg

7216F9F3-02AB-413D-8BB0-408630572EC6.jpg

DSC02577_20191011205113df3.jpg

DSC02616.jpg

DSC02613.jpg
エンジンルームを清掃し、エアコンフィルターを交換。
バッテリー容量がやや低下していましたので、充電をさせていただきました。

DSC02578.jpg

DSC02579.jpg

DSC02580.jpg

E24A49DB-2143-4C26-B2A2-0D23E92AC14B.jpg
メーター内に点検時期を知らせるメッセージが出ていましたので、
サービスインターバルのリセットを実施。
再度各機能など完成チェックを行い、お客様へお返しさせていただきました。

この度は御依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(車検整備・シートベルト交換・異音修理)

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(車検整備・シートベルト交換・異音修理)になります。

先ずはライト廻りの確認などの機能チェック。ロードテストを行い各部に異常がないことを確認します。
DSC02470.jpg

DSC02472.jpg
アストンマーティン専用テスターにて診断。各モジュールのトラブルコードを読み込みます。
今回は異常なコードの入力はありませんでしたので、すべてのモジュールのコードをクリアさせていただきました。

DSC02459.jpg

DSC02460.jpg

DSC02461.jpg
マフラーバイパスバルブのポンプの作動音が止まらなくなっていましたので状態を確認。
劣化によりホースが裂けてしまい抜けてしまっていましたので、
ダイアフラム手前のホースを、左右共交換させていただきました。

本来でしたら、一定圧でポンプの作動が停止するのですが、リークなどの異常があると、
作動しっぱなしになり、ポンプ自体が故障してしまい、費用も多くかかってしまいますので早めの修理がおすすめです。
点検時には記録簿の内容以外にも、車種特有のポイントも点検させていただいております。

DSC02501.jpg

DSC02500.jpg

DSC02508.jpg
シートベルトのほつれてしまい、巻き取りもスムーズにできない状態になってしまっていました。
バラして内部を確認しましたが、直接安全に関わる部品ですので、シートベルトの交換にて対応させていただきました。

DSC02506_20191008194745a21.jpg
DSC02507.jpg
走行中異音がするとの御用命をいただいていましたのでロードテスト。
右のドア内張りの前側が割れて固定ビスが効かない状態でしたので修理をさせていただきました。

DSC02481.jpg

DSC02480.jpg

DSC02482.jpg

DSC02484.jpg

DSC02485.jpg

DSC02487.jpg
フラッシングトリートメント実施後、オイルを交換させていただきました。
エンジン廻りの交換部品はアストンマーティン純正を使用。
ドライサンプエンジンですので、サンプタンクとエンジンの下側よりオイルを抜き取ります。

DSC02494.jpg

DSC02496.jpg

DSC02497.jpg

DSC02502.jpg

DSC02503.jpg

DSC02505.jpg
各消耗品の点検と交換を実施。
各部リフレッシュされ、気持ちよくのって頂けるお車に仕上がっていきます。

DSC02489.jpg

DSC02490.jpg

FFB8759D-C8C6-430B-8142-4E87AA8334E1.jpg

DSC02464.jpg

DSC02510.jpg
各部を復元し、確認しながら清掃をしていきます。
バッテリー容量がやや低下していましたので、充電をさせていただきました。

DSC02456.jpg

DSC02473.jpg

A859FD37-A27F-4795-A913-F3E2A1E50A8F.jpg
ヘッドライトの向きなどを調整し車検ラインをクリア。
アストンマーティン純正テスタにてサービスメッセージをリセットし、お客様の元へお返しさせていただきました。
この度も御入庫いただき誠にありがとうございました。

メルセデスベンツ E250 W212 メンテナンス(車検整備)

メルセデスベンツ E250 W212 メンテナンス(車検整備)になります。

先ずはロードテストと各部機能チェックを実施。
灯火廻りやサンルーフなど、記録簿の項目以外にも普段使用する機能の確認を行います。
その後、メルセデスベンツ純正テスタにて診断。
各モジュールの故障コードの読み取り、内部的な故障の有無も確認させていただきました。

DSC02565.jpg

DSC02561.jpg

DSC02566.jpg
エンジンオイルの交換をさせていただきました。
車検時のオイル交換前にはウルト社の”フラッシングオイルトリートメント”をおすすめしています。
こちらを交換前のオイルに添加することでエンジン内部を洗浄・保護することができます。
車検以外のオイル交換のみでのご入庫でも承れますので、お気軽にご相談ください。
尚、フラッシングオイルトリートメントを行った時はエンジン内部の落ちた汚れが循環しますので、
必ずオイルフィルターの交換がセットとなります。

DSC02569_201910011903461d1.jpg
こちらは弊社の車検時におすすめさせていただいている
ワコーズ社の”クーラントブースター”になります。
こちらを定期的に冷却水に補充することで、経年で失われる成分を補うことができ。
冷却水の交換サイクルを伸ばすことができます。

DSC02571_201910011903493e5.jpg

DSC02570.jpg
ブレーキ・ハブ廻りの清掃と給油を行い。
ブレーキフルードを交換させていただきました。
ブレーキフルードには吸水性があり、走行距離に関係なく劣化しますので、
2年(車検)ごとに交換するのが一般的です。

DSC02574.jpg

DSC02575.jpg
バッテリーの状態を確認し、充電が必要な状態でしたので、
お返し前に充電をさせていただきました。

92745C75-E3CA-4C21-B9FD-C54041DA4B47.jpg

114DE2EA-15F0-4ED0-AAF8-A4977B136EC0.jpg
ライト廻りの調整などを行い、車検の検査に合格。
最後に完成チェックと各部の清掃を行いお客様の元へお返ししました。

この度も御入庫いただき誠にありがとうございました。