ARCHIVE-

記事一覧

メルセデスベンツ ML350 W166 メンテナンス(車検整備・冷却水漏れ修理)

メルセデスベンツ ML350 W166 メンテナンス(車検整備・冷却水漏れ修理)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
灯火やサンルーフなど、普段お客様がお使いになる機能が正常に作動することを確認します。
また、メルセデスベンツ純正テスタにて各モジュールの状態を点検します。

DSC01384.jpg

DSC01833.jpg

DSC01834_20210416180241f11.jpg

DSC01840.jpg
お客様よりメーター内に”冷却水を点検してください”と表示され冷却水サブタンク内の水が減ってしまうということで、
診断と修理のご依頼もいただいきましたので、冷却系統へ加圧テスターを取り付け漏れ点検を実施。

ヒーターパイプの一部が劣化し少量ずつですが漏れてきていましたので、
お客様へ状況をお伝えし、該当のパイプを交換させていただきました。

交換後は冷却水の補充と経年により失われる成分を補填するクーラントブースターを添加。
ロードテスト後、漏れがないことを確認し、冷却水漏れ修理の作業完了となりました。

DSC01842_20210416180243900.jpg

DSC01843_20210416180257989.jpg

DSC01841_20210416180243e03.jpg

DSC01853_20210416180308022.jpg
エンジンオイルが汚れていましたので、エンジンオイルとオイルフィルターの交換をさせていただきました。
オイル充填時には、ワコーズ社のスーパーフォアビークルを添加。
メカニカルノイズが減り滑らかなエンジンフィールのお車となりました。

DSC01844.jpg

DSC01845_20210416180300175.jpg

DSC01846_20210416180301149.jpg

DSC01848.jpg

DSC01850_202104161803075ca.jpg
ブレーキフルードの交換をさせていただきました。
ブレーキフルードは走行距離だけでなく、経年により吸湿し劣化してしまいますので、
2年(車検)毎の交換をおすすめさせていただいております。

また、ハブセンター周りの錆も落とし給油。
ハブボルトやボルト穴を清掃させていただきました。

DSC01838.jpg

DSC01839.jpg

DSC01837.jpg

DSC01836_202104161802418d5.jpg

DSC01371.jpg
エアコンフィルターやワイパーなど、その他の消耗品を交換。
エアクリーナーは清掃にて対応し、快適にお乗りいただけるお車となりました。

DSC01382.jpg

DSC01856.jpg

DSC01389.jpg
ホイールの裏側やエンジンルームを清掃しながら復元。
お車をリフトから降ろします。

047555D7-B33F-47BA-AE16-ED66578B8C8E.jpg

DSC01385.jpg

DSC01390.jpg

DSC01857.jpg

9825D7F1-059A-47D8-92D1-D231A2EE43E7.jpg
各所必要箇所を調整し車検を更新。
バッテリーがやや消耗していましたので、充電にてコンディションを整え、キーのバッテリーなども交換。

お客様の元へお車をお返しさせていただきました。
この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。

BENTLEY Continental GT CONVERTIBLE メンテナンス(12ヵ月点検整備)

BENTLEY Continental GT CONVERTIBLE メンテナンス(12ヵ月点検整備)になります。


まずは各部機能チェックを実施。
エアコンや幌の作動など、普段お客様がお使いになる機能が正常に作動することを確認。
テスタにて各モジュールの状態を点検し、異常な箇所がないことを確認していきます。

DSC00505.jpg

DSC00506.jpg

DSC00517.jpg
エンジンルーム内の点検を進めていきます。
エンジンルームでは、ホースなどに劣化や亀裂がないことや、油脂類やフィルターなどの状態を点検します。

今回エアクリーナーは清掃にて対応させていただきました。

また、トランク内のバッテリーの状態も点検。
テスタにて内部容量を測定しても、問題のない数値でしたので、今回は充電にて対応させていただきました。

DSC00513_2021041418043949d.jpg

DSC00514_20210414180440a1d.jpg
エンジンオイルが劣化してしまっていましたので、お客様へ状況をお伝えし、
エンジンオイルとオイルフィルターを交換させていただきました。
交換後は、滑らかなエンジンフィールのお車となりました。

DSC00508.jpg

DSC00510.jpg

DSC00512.jpg

DSC00511_202104141804366a0.jpg
ホイールの裏側やブレーキキャリパー、ハブ周りなど、
普段お客様が掃除しにく部分を清掃しながら復元し、お車をリフトから降ろします。

DSC00520.jpg

DSC00507.jpg

289043FC-F7C0-4E5E-9980-C78AEAF51D29.jpg
最後にワイパーなど消耗品を交換。
エンジンルーム内など各整備箇所を清掃しながら確認し、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

ポルシェ 986 Boxster メンテナンス(車検整備)

ポルシェ 986 Boxster メンテナンス(車検整備)になります。


まずは各部機能チェックを実施。
灯火廻りや幌の作動など、普段お客様がお使いになる機能が正常に作動することを確認。
ポルシェ純正テスタにて各モジュールの状態をチェックしていきます。

DSC00372.jpg

DSC00411.jpg
各油脂類の点検を実施。
ブレーキフルードが劣化していましたので、交換させていただきました。
ブレーキフルードは走行距離に関係なく吸湿することで劣化しますので、
2年(車検)毎の交換をおすすめしております。

DSC00412_20210412185007404.jpg

DSC00413.jpg

DSC00414.jpg
エンジンオイルが劣化していましたので、
エンジンオイルとオイルフィルターの交換をさせていただきました。

オイル充填時にはワコーズ社のスーパーフォアビークルを添加。
メカニカルノイズが減り、滑らかなエンジンフィールのお車となりました。

DSC00408.jpg

DSC00409_202104121850028f6.jpg

DSC00410.jpg

DSC00416.jpg

DSC00418.jpg
ブレーキのハブ廻りやホイールの裏側、エンジンルームなど、
各部を清掃しながら組付け、車両をリフトから降ろします。

DSC00415.jpg

DSC00419.jpg

3C67E12D-9099-4EE2-B1A7-52B81BC3003B.jpg
各所おすすめの添加剤を添加させていただき、バッテリーなどのコンディションを整え、
お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

ポルシェ 987 Boxster メンテナンス(12ヵ月点検・チェックエンジンランプ点灯 診断 修理・パワーステアリングオイル漏れ 修理)

ポルシェ 987 Boxster メンテナンス(12ヵ月点検・チェックエンジンランプ点灯 診断 修理・パワーステアリングオイル漏れ 修理)になります。

DSC00036.jpg
まずは各部機能チェックを実施。
灯火廻りや幌の作動など、普段お客様がお使いになる機能が正常に作動することを確認。
お客様より、チェックエンジンランプの診断と修理もご依頼いただいておりましたので、
ポルシェ純正テスタにて故障コードの読み取りを行い診断をさせていただきました。

DSC00345.jpg

DSC00346.jpg

DSC00348_202104091851537cb.jpg
診断を進めると、トランスミッションのセレクタースイッチ内部に不具合があることがわかりましたので、
お客様へ状況を説明し、セレクタースイッチを交換させていただきました。
交換後はチェックエンジンランプも消え、気持ちよく乗っていただけるお車となりました。

DSC00027.jpg

DSC00328_20210409185131c65.jpg

DSC00329_20210409185132c9a.jpg
お車をリフトアップし、下廻りを点検すると、ステアリングラック周辺からのオイル漏れがありました。
漏れ箇所を確認すると、ラックシールからのオイル漏れでしたので、ステアリングラック本体を交換させていただきました。
交換後は、パワステフルードのエア抜きを行い、ロードテストを実施。
スムーズなハンドリングのお車となりました。

DSC00022.jpg

DSC00021.jpg

DSC00016.jpg

DSC00018.jpg

DSC00020_20210409185114ba1.jpg
その他エンジンルーム内やフィルター類、バッテリーの状態などを点検していきます。

DSC00029_2021040918512181b.jpg

DSC00035.jpg

DSC00349_202104091851540e1.jpg
エンジンオイルは、やや広範囲に漏れ跡がありましたので、
エンジンオイルを抜き、清掃させていただいた後、エンジンオイルに蛍光剤と漏れ止め剤を混ぜ
オイルを充填。
次回入庫時に漏れ箇所の特定をさせていただくこととなりました。

DSC00038.jpg

DSC00039.jpg

DSC00037.jpg

DSC00040.jpg

DSC00337_202104091851347d9.jpg

DSC00338_202104091851355f0.jpg

DSC00341_202104091851477ed.jpg

DSC00342.jpg

F28EFA8F-01D8-41F3-A0A4-74511584BD56.jpg
ブレーキ廻りやホイールの裏側、アンダーカバーなどを給油や清掃しながら復元。
各整備箇所に異常がないことを確認し、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。

アウディ A3 メンテナンス (車検整備・エンジン整備・ブレーキ整備)

アウディ A3 メンテナンス (車検整備・エンジン整備・ブレーキ整備)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
灯火廻りやエアコンなど、普段お客様がお使いになる機能が正常に作動することを確認。
テスタにて各モジュールの故障コードの有無を点検します。

DSC01862.jpg

DSC01863.jpg

DSC01865.jpg

DSC01867_20210407180158733.jpg
エンジンルーム内の点検を行っていきます。
エンジンルーム内では、各油脂の量や状態、エアクリーナーなどの汚れ具合などをみていきます。
汚れや劣化があるものは、お客様へお見積としてご案内させていただき、
了承いただいたものに関して修理や交換をさせていただきます。

DSC01874.jpg

DSC01875.jpg

DSC01876.jpg

DSC01877.jpg
エンジンオイルが劣化していましたので、エンジンオイルとオイルフィルターの交換をさせていただきました。
また、ブレーキフルードも測定器にて測定すると吸湿してしまっており、十分な性能が発揮できない状態となっていましたので、
交換をし、安心して乗っていただけるお車となりました。

DSC01956.jpg
エアクリーナーが汚れていましたので、新品へ交換。
エアクリーナーが汚れると、エンジンのレスポンスや燃費が悪化、
エンジンが調子を崩してしまい、チェックランプが点灯してしまうこともありますので、
定期的な点検と交換がおすすめです。

DSC01959.jpg

DSC01961.jpg
ワイパーやエアコンフィルターなど、その他の消耗品も交換。
走る、止まる、曲がるには関係のない部品ですが、
この様な消耗部品をメンテナンスすると、ストレスなく、快適にドライブできるお車となります。

DSC01880.jpg

DSC01881_202104071802100fb.jpg

DSC01888.jpg

DSC01878.jpg

DSC01879.jpg

DSC01887_20210407180212e2e.jpg
ブレーキ廻りやホイールの裏、エンジンルーム内など、各整備箇所を清掃や給油をしながら復元。
タイヤを取り付け車両をリフトから降ろします。

DSC01889_20210407180215477.jpg

DSC01958_20210407180247611.jpg

DSC01957.jpg

62D83108-0E1B-473E-839E-7A0BEB377964.jpg
車検に必要な調整箇所を調整し、車検を更新。
添加剤の添加やバッテリーの充電など、各部のコンディションを整えお客様の元へお車をお返しさせていただきました。
この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

VW ゴルフⅥ メンテナンス (冷却水漏れ 修理)

VW ゴルフⅥ メンテナンス (冷却水漏れ 修理)になります。


車の右前辺りから液体が漏れてしまっているとのことで、修理のご依頼をいただきました。
入庫時に一緒にみさせていただくと、右フロントの足廻り付近が濡れてしまっており、
それなりの量が漏れている状態となっていました。

車両をリフトアップし、みさせていただくと、ウォータポンプより冷却水が漏れ出してきていましたので、
お客様へ状況をお伝えし、ウォーターポンプを交換させていただくこととなりました。

DSC01917.jpg

DSC01919.jpg

DSC01914.jpg

DSC01915_20210402201528897.jpg

DSC01922.jpg
部品が到着しましたので、早速交換作業を開始。
取り外したウォーターポンプは軸にガタがでてしまっており、
回すとゴロゴロとした感触が伝わってくる状態でした。

また、こちらのお車は、スーパーチャージャーがウォーターポンプを介して駆動されているので、
ウォーターポンプ取り外しの際には、スーパーチャージャーベルトも取り外す必要があります。
短いベルトなのですが、経年により劣化し、一部亀裂もありましたので、同時に交換をさせていただきました。

DSC01929.jpg

BAF84E21-EAE4-4E53-9FA9-BD7669FCE0F4.jpg
作業後は、ロードテストを行い漏れがないことを確認。
走行距離が14万キロ超ですが、日頃メンテナンスをされていることもあり、
ロードテストの際は、快調に走ることができました。

ご納車の前にはバッテリーのコンディションなどを整え、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。
この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。