OFFICIAL BLOG

ブログ

ポルシェ 986 Boxster メンテナンス(車検整備・ヘッドライトスイッチ修理)

ポルシェ 986 Boxster メンテナンス(車検整備・ヘッドライトスイッチ修理)になります。

先ずは御用命いただいた各項目の状態と機能を点検。
ポルシェ専用テスタにてコードを読み取り、故障の有無などを確認していきます。

DSC01555.jpg

DSC01562.jpg

DSC01564.jpg

DSC01561.jpg

DSC01567.jpg
エンジンオイル、オイルフィルター、ミッションオイル、パワーステアリングオイルなど
油脂類の交換と添加剤を添加させていただきました。
ミッションオイルの交換後はスムーズなシフトフィールになりました。

DSC01559.jpg

DSC01560.jpg
ブレーキフルードは吸水性がある為、性能を維持するためにも
弊社では2年ごとの交換をおすすめさせていただいております。

DSC01557.jpg

DSC01558.jpg
エアコンフィルターを交換。
今年も猛暑になっていますので、エアコンの効きやにおいなど、
気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

DSC01556.jpg
ヘッドライトスイッチの調子が悪いということで交換させていただきました。
スイッチの節度がなくなっていましたが、かっちりとした操作感になりました。
普段何気なく操作するところだけに、こういったところを修理しますと、
ストレスなく、気持ちよくお乗りいただけます。

37B3F642-109D-4B9D-8F7A-17E385207C2C.jpeg
その他、各部の調整と下廻りなど他箇所整備完了。
車検ラインをクリアした後、各部再チェック、清掃実施の後、お客様の元へご納車させて頂きました。
この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

メルセデスベンツ S350 W221 メンテナンス (車検整備)

メルセデスベンツ S350 W221 メンテナンス (車検整備)になります。

先ずは、メルセデスベンツ専用テスタによる車両システムの点検と各部機能チェックを行います。
異常がない事を確認した後、ロードテストにて異音などがないか確認します。

DSC01171_20190805190706d0f.jpg

DSC01180.jpg

DSC01172.jpg
エンジンオイル、オイルフィルターの交換を行います。
弊社では車検時のオイル交換にはエンジン内部の洗浄と保護を目的とし、
フラッシングオイルトリートメントや、クーラントのもつ性能(防錆・防食・消泡性能)を
維持する目的で、クーラントブースターの添加もおすすめさせていただいています。

その他にも各種添加剤を取り扱っておりますので、お気軽にご相談ください。

DSC01175.jpg

DSC01174.jpg

DSC01186_20190805190720b78.jpg

DSC01187_201908051907213a0.jpg
ブレーキフルードの交換、下廻り、足廻りの整備後、
ホイールを取り付け車両を接地させます。
キャリパーやホイール裏など普段中々手が入らず掃除できない部分も
清掃させていただき、車検後には気持ちよく乗って頂けることを心掛けています。

DSC01176.jpg

DSC01178.jpg

DSC01189.jpg

DSC01190_20190805190724bc8.jpg
エアエレメント、エアコンフィルター、ワイパーの交換をさせていただきました。
普段なかなか意識することのない部分ではありますが、
車検の際には各部を点検させて頂き、性能が低下しているものをお知らせさせていただきます。

7C9A05EA-ECE4-451E-8A98-E9195DF471E1.jpeg

21906BFD-B0DA-4057-9786-F76AEF837131.jpeg
ヘッドライトの向きやサイドスリップの測定など他箇所整備完了。
車検ラインをクリアし、各部再チェック、清掃実施の後、お客様の元へご納車させていただきました。
この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。

ポルシェ 911 カレラ エンジンチェックランプ点灯 (エンジン整備)

ポルシェ 911 カレラ エンジンチェックランプ点灯 (エンジン整備)になります。

エンジンチェックランプ点灯とのことで入庫。
ポルシェ純正テスタにて各部を診断。
失火の履歴を確認しました。

DSC01761.jpg

472D1D31-9DB6-42EC-A448-3DFB4D0215FD.jpg
走行距離が18万km超の為、予防も含めイグニッションコイルとプラグを全数交換させていただきました。

DSC01766.jpg

DSC01765.jpg

DSC01767.jpg
取り外した部品の状態を確認しながら新しい部品を付け替えていきます。
今回は、整備履歴より、コイルの交換履歴がありませんでしたので、
経年劣化の可能性を含め全数の交換をおすすめさせて頂きましたが、
該当シリンダーのみの部品交換など、ご要望に合わせた整備も可能です。

8152D821-5158-4211-AD32-37DC9D20F41E.jpeg
交換後、ロードテストを実施。
走行に異常がないこととチェックランプが再点灯しないことを確認し、ご納車。

スムーズなエンジンフィールを取り戻しました。
この度は御依頼頂きありがとうございました。

ASTONMARTIN DB9 メンテナンス(車検整備・シート修理・ミラーシール修理) ②

ASTONMARTIN DB9 メンテナンス(車検整備・シート修理・ミラーシール修理) ②になります。

4C6378E6-16D8-49D2-A3AF-2647AD5D4628.jpeg

DSC01909.jpg
ボンネットを開けた際に、保持できないということで、ボンネットダンパーを交換。
12気筒のエンジンルームは迫力があり眺めても楽しめます。
せっかくダンパーを交換していただきましたので、ついついエンジンルームの清掃にも力が入りました。

DSC01975.jpg

DSC01980.jpg

DSC01981.jpg

DSC01983.jpg

DSC01989.jpg
ドアミラーのシールが傷んできているとのことでしたので、シールを新品に交換。
一見地味な部品ですが、こういった細かい部分がきちんとしていると、
車全体の見栄えがぐっとよくなり、オーナー様のお車への愛着を感じます。

DSC01921.jpg

DSC02105.jpg

DSC02103.jpg

DSC02102.jpg
エアコンフィルターとワイパーリフィールも交換させていただきました。
ワイパー交換時にはメンテナンスポジションにしてから交換作業へ入ります。(意外と知られてないようです。)
ワイパーは切れていると車検不適合になってしまうので、要交換となりますが、
そういった場合以外でも、お車をお預かりした時の状態だけでなく、
“向こう一年ストレスなくきちんとした性能を維持できるか”ということも考慮し、
長持ちしない状態のものは交換をおすすめさせていただいています。

82B18DE7-F4B5-4B77-AF11-558CCBB0C847.jpeg
ヘッドライトの向きの調整などの他箇所整備完了。
車検ラインをクリアし、各部再チェック、清掃実施の後、お客様の元へご納車させて頂きました。
この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN DB9 メンテナンス(車検整備・シート修理・ミラーシール修理) ①

ASTONMARTIN DB9 メンテナンス(車検整備・シート修理・ミラーシール修理) ① になります。

DSC01713.jpg

先ずは御用命いただいた各項目の状態と機能を点検。
アストンマーティン専用テスタにて故障コードの有無なども確認していきます。

こちらのテスタはメンテナンス時はもちろん、不具合の診断にも強力なツールとなっております。
チェックランプの点灯や、体感的に違和感があるお客様はお気軽に御相談ください。

DSC01714.jpg

DSC01722.jpg

運転席シートバックが倒れないということで、可倒レバー部を分解点検。
内部が損傷していましたので、修理にて対応させていただきました。

DSC01883.jpg

DSC01881.jpg

CE95810B-320D-4429-9CEC-1AABFF89E494.jpeg

各油脂類の交換と下廻りの整備へ
弊社おすすめの添加剤を注入させていただきリフトアップしていきます。

DSC01885.jpg

DSC01897.jpg

DSC01891.jpg

DSC01900.jpg

エンジンオイルとオイルフィルターの交換です。
12気筒エンジンのオイルフィルターは奥まった所に取り付けられており、部品を取り外してアクセスします。
また、メンバーにオイルが垂れてしまうと完全に綺麗にするのは難しい為、
汚さない様、工夫をしてオイルフィルターを外していきます。

DSC01893.jpg

DSC01907.jpg

DSC01915.jpg

下廻りの整備を行い、ブレーキフルード交換後、各部の清掃と給油を実施。
アンダーカバーやタイヤを取り付け車両を接地させます。

この続きは次回のブログにてご紹介させていただきます。

メルセデスベンツ CLA180 シューティングブレーク メンテナンス (12ヶ月点検・エンジン整備)

メルセデスベンツ CLA180 シューティングブレーク メンテナンス (12ヶ月点検・エンジン整備)になります。

先ずは、メルセデスベンツ専用テスタによる車両システムの点検と各部機能チェックを行います。
異常がない事を確認した後、ロードテストにて異音などがないか確認します。

DSC02115.jpg

DSC02117.jpg

DSC02120.jpg
オイル、オイルフィルターの交換をさせていただきます。
最近のドイツ車に多いのですが、オイル注入時にオイルがこぼれ易い形状のものがあります。
こういったお車の場合は専用の工具を使用し、お客様の大切なお車をなるべく汚さない様に心掛けて整備を進めていきます。

DSC02111.jpg

DSC02113.jpg

DSC02118.jpg

DSC02119.jpg
ブレーキ廻りの点検後、清掃と給油。
ホイール裏も清掃し組み付けていきます。
点検だけでなく、点検をしながらお客様が普段手を入れにくい箇所を
きれいにすることも心掛けております。

31BBFE25-3DF5-4B9E-A909-CB2D2867F37A.jpeg

DSC02122.jpg

B66E07CE-3604-47D8-8324-E8EE9F68BF67.jpeg

最後にエンジンルーム内の油脂類の量などを確認し、ホースやベルト類を点検、清掃し完了となります。

この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(ドアロック修理、トランク廻り修理)

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(ドアロック修理、トランク廻り修理)になります。

先ずは御用命いただいた各項目の状態を点検。
専用テスタにて関連コードの有無も確認していきます。

DSC01696.jpg
“室内のスイッチでのトランクオープンができない”とのことでしたので、
センターコンソール廻りを分解しスイッチ廻りを確認。
トランクとドアロックのスイッチのコネクターが入れ違って取り付けられていました。
どちらも接続できてしまうので、弊社では分解時にマーキングなどして組み間違えのないようにしています。

DSC01700.jpg

DSC01699.jpg
“トランクを開けている時に保持できない”とのことでしたので、
トランクダンパーを交換。
交換後はスムーズにトランクが開き保持できます。
V8 VantageやDB9はトランクの他にボンネットやドアにもダンパーが取り付けられており、
普段何気なく使っているとヘタりに気づきにくいこともあります。
ダンパー類は交換されると、軽々とした動きに感動されるお客様が多いので、
快適に乗っていただくという意味ではおすすめの交換部品となっています。

DSC01742.jpg

DSC01743.jpg

DSC01745.jpg

DSC01746.jpg
“ドアロックできない時がある”とのことで、左右のドアラッチを交換させていただきました。
交換の際には、ドアウィンドウを取り外しますので、マーキングをし分解していきます。
ドアラッチ交換の際に、経年劣化によるメカニカルキーシリンダーのアウターワイヤーも損傷していましたので、
こちらも修理させていただきました。
最近は、同じような症状でのお問い合わせも増えております。
このような症状でお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

CE48BC51-FAF8-4BA9-ADB4-28CB19EB57B0.jpeg
最後に各部の作動を再度確認し、お客様へご納車させていただきました。
この度もご依頼頂き誠にありがとうございました。

プジョー 208 アリュール シエロ パッケージ 御注文車両納車前整備(24ヶ月点検)

プジョー 208 アリュール シエロ パッケージ 御注文車両納車前整備(24ヶ月点検)になります。

先ずは、テスタによる車両システムの点検及び各部実装部品の点検へ。
テスタでの点検に異常がない事を確認した後、ロードテスト、各部機能チェックをしていきます。

DSC01187.jpg

DSC01188.jpg

DSC01190.jpg
24ヶ月点検の記録簿の内容に則り点検作業をすすめます。
各種フィルターやブレーキ廻り等も清掃や給油をしながら点検を行っています。

DSC01185.jpg

DSC01186.jpg

DSC01191.jpg

DSC01192.jpg

DSC01193.jpg
オイルはもちろんエアコンフィルターやワイパーなどの快適装備に関する消耗品も交換します。
安全面で必要な整備はもちろん、納車後にストレスなく快適に乗れることも意識して点検作業をさせていただいています。

59E5A680-FA99-45FD-AE05-E8BEE0CBBF4A.jpeg
ヘッドライトの向きの調整などの他箇所整備完了。
車検ラインクリア及び、登録手続きも完了し、お客様の元へご納車させて頂きました。
この度は注文御成約頂き誠にありがとうございました。

☆弊社では注文による車両販売を行っております。輸入車・国産・新車・中古車に限らず
お取扱いしています。御予算・御希望の車種、グレードをお申し付け下さい。
御希望に沿ったお車を御提案し、整備をしっかりと行い、オーナー様の元へお届けさせて頂きます。

ASTONMARTIN V8 VANTAGE ROADSTAR メンテナンス(12ヶ月点検・エンジンフード修理・マフラーバイパス機構修理)

ASTONMARTIN V8 VANTAGE ROADSTAR メンテナンス(12ヶ月点検・エンジンフード修理・マフラーバイパス機構修理)になります。

先ずは、アストンマーティン専用テスタによる車両システムの点検及び各部実装部品の点検へ。
専用テスタでの点検に異常がない事を確認した後、ロードテスト、各部機能チェックをしていきます。

DCBE1420-8CF6-4E76-AEA4-66969859C2FEa.jpeg
エンジンフードが開かないというご要望がありましたので、
慎重にグリルを脱着し、ボンネットラッチへアクセス。
ボンネットラッチの修理後、ボンネットの高さを調整させていただきました。

DSC01582.jpg

0FABA21A-6200-4BD1-9EA8-C58B32254D02.jpeg
ロードテスト時に、走行状態に応じて排気音が変化していない事を確認しましたので、
マフラーバイパスバルブが開いていないと判断。
点検すると、バイパスバルブを動かすポンプのホースが折れ曲がり空気が通っていない事を確認。
汎用のバキュームホースにて修理をさせていただきました。

DSC01587.jpg

DSC01588.jpg
トランク内の内張りクリップ損傷による剥がれの修理をご用命いただいていましたので、
同一径のクリップにて修理を実施。
こういった細かい部品も経年劣化などによりガタつきなど出ると異音の原因にもなりますので、
ダメージのありそうなクリップは予防も含め全数交換させていただきました。

2F0B3749-D60E-4FA6-839C-621F9B07DDA9a.jpeg
オイルなどの消耗品も交換させていただき、ロードテストにて各部に異常がない事を確認。
最後に純正テスタにてサービスインターバルをリセットした後、オーナー様へお返しさせていただきました。
マフラーバイパスバルブが開閉し、メリハリのある走りのお車になりました。
この度は、ご依頼頂き誠にありがとうございました。

日産 GT-R R35 メンテナンス(12ヶ月点検)

日産 GT-R R35 メンテナンス(12ヶ月点検)になります。

まずは診断機にて故障コードの読み取りなどを行い目に見えない異常がないかを点検していきます。

DSC01600.jpg

DSC01601.jpg
車両をリフトアップし、アンダーカバー類を取り外し各部を点検します。
ブレーキ廻りもしっかり点検後、清掃と給油をしていきます。

DSC01607.jpg

DSC01606.jpg
エアクリーナーの点検の際は、取り外し後に交換の必要がなくとも、
必ず清掃をし組み付けていきます。
こういった形で部品を交換しなくとも、点検や車検等で入庫して頂いたことでメンテナンスを行い、
お客様から調子がよくなったというお声を頂くと、とても嬉しく励みになります。

00D0B994-C624-4AFC-A4FC-5E7BFA9409B7.jpeg
油脂類の量や汚れを点検。
点検後にはエンジンルーム内を清掃させて頂きます。

F6C9599B-E5B1-460C-972D-86B9C2BE909D.jpeg
最後にホイールナットのトルクなどの最終確認を行い。
診断機にて故障コードの読み取りと消去の後、オーナー様へお返しさせて頂きました。
この度も御依頼頂き誠にありがとうございました。