OFFICIAL BLOG

ブログ

Jaguar XJS チェックランプ点灯 修理

Jaguar XJS チェックランプ点灯 修理になります。


エンジンチェックランプが点灯したとのことで、診断修理のご依頼をいただきました。

IMG-8006.jpg

IMG-8004.jpg
早速エンジンを掛けチェックランプを確認します。
メーター上に”CHECK ENG”と警告灯が点灯するだけでなく、
それに対応した故障コードが時計の液晶に表示されていました。

FA952519-2257-449F-A29C-21AE9953EC25.jpg
液晶に表示される故障コードが”FF44″ということでしたので、
調べるとO2センサーの信号に不具合があると入力するコードとのことでした。

エンジンの調子は悪くありませんでしたが、
念の為、排ガスの数値を測定。

特に異常はありませんでしたので、燃焼状態の異常ではないと判断しました。

DSC07478.jpg
この様な症状は、同年式頃のXJでもあり、
O2センサー自体の不具合ではなく、ノイズによる誤信号の入力が起因する場合もあるとのことで、
その場合の対策の資料を入手し実施しました。

DSC07425.jpg

DSC07426.jpg

DSC07429.jpg
先ずはエンジンルームのアーススタッドのナットを取り外し、
スタッド本体とボルトなどを磨き端子部には酸化防止剤を塗布し組付けます。

DSC07430.jpg

DSC07431.jpg

DSC07432.jpg
次にエンジンにアースハーネスを追加し、アースのポイントを増やしました。

DSC07438.jpg

DSC07441.jpg

DSC07443.jpg

DSC07444.jpg

DSC07446.jpg
室内のアースポイントも同様に磨きを行い、酸化防止剤を塗布。
状態をみると、エンジンルームよりも、室内のボルト類のほうが錆が出ておりました。

IMG-8008.jpg

IMG-8010.jpg
アースの強化後は故障コードを消去しロードテストを実施。
故障コードが再入力しないことを確認しました。

IMG-8003.jpg

7E0ECB15-0861-4A01-B2A5-FB419B6E6474.jpg
最後に各整備箇所を清掃し、最終チェックを実施。
お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

弊社回送サービスに関するお知らせ

本日のブログは最近お問い合わせの多い、お車の回送サービスに関するお知らせです。


弊社では、販売した車両の納車や、整備でご入庫のお客様のお車の、
自社積載車による回送サービスを行っております。

CB51038C-0D77-4227-BAC9-67B2661D4A87.jpg
故障により自走が困難な場合など、お客様がご加入いただいている、
自動車保険のロードサービスにも対応しております。

出先などでのトラブルの際も、直接弊社スタッフがお客様の元へお伺いさせていただきますので、
安心してお任せいただければと思います。

D399CA11-D84B-48BC-9690-6F0FD978AD25.jpg
遠方へのお引き取りなど、回送サービスに関する詳細のお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

Jaguar XJ sovereign X308 メンテナンス (異音修理)

Jaguar XJ sovereign X308 メンテナンス (異音修理)になります。


エンジン掛け始めにのみ異音がするとのご依頼にてご入庫。
一日置いて、エンジンを始動すると”ガタン・ガタン・ガタン”
と、一定のリズムでの異音を確認。
ベルト廻りを観察していると、ベルトテンショナーより異音が出ておりました。
その他のベルト廻りも点検をすると、クランクプーリーのダンパーなども劣化していましたので、
関連する消耗部品も同時に交換をご提案させていただきました。

DSCN0541.jpg
まずは音の原因であるベルトテンショナー本体の交換です。
テンショナー内部が損傷しテンションをきちんと保持できない状態になっていました。
また、アイドラプーリーとベルトも予防として交換をさせていただきました。

DSCN0537.jpg

DSCN0538.jpg

DSCN0540.jpg
クランクプーリーのダンパーも劣化によりヒビがありましたので、交換をさせていただきました。
こちらのジャガーのクランクプーリーはキーなどなく、
割りのあるテーパー形状の圧入によりクランクシャフトに取り付けられている為、
取り付けボルトは大きなトルクで締め付けられています。
こちらもきちんと決められたトルクにて締め付けていきます。

DSCN0543.jpg

9F3D49D5-248D-4BCE-8F3A-26D88512112A.jpg
清掃をしながら取り外した部品の復元をします。

8E9F5E73-0D4D-4AF0-9A4E-4C326014BC04.jpg
最後にエンジンを始動し、異音が出ないことを確認。
各部の締め付けなど、最終チェックを行い異常がないことを確認し、
お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

今回は、異常のある箇所以外にも、予防を含めた関連箇所の整備をさせていただきました。
関連した項目となりますと、その都度別々に整備するよりも工賃などもお安くご案内させていただけます。

お車を診させていただく際は大切なお車を長く安心して乗っていただけるような提案を心がけておりますので、
安心してお任せいただければと思います。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

Jaguar XJ   X351 異音修理 (足廻り整備)

Jaguar XJ   X351 異音修理 (足廻り整備)になります。


走行中異音がするということで、ロードテスト実施。
路面のギャップを通過する際にコトコトという異音を確認しましたので、
早速工場にて車両をリフトアップし診断させていただきました。

DSCN0042.jpg

DSCN0046.jpg
足廻りのボールジョイントやブッシュなどの傷みを確認すると、
スタビライザーを支持しているブッシュに劣化がみられ、
スタビライザーのリンクのボールジョイントも動きがルーズになっていましたので、
お客様へ状況をお伝えし、スタビライザー廻りの部品の交換をさせていただきました。

DSCN0044.jpg

DSCN0043.jpg
スタビライザーブッシュの交換時は、右側は特に邪魔をするものはないのですが、
左側がやや入り組んでいました。

A7F2F6AC-EE5E-4EC9-A7D0-A64CDE5C46D6.jpg

725274AC-396E-4B65-A7E8-B4BBA5BD416E.jpg
ブッシュを取り外すと、経年により内径がやや大きくなっており、
ブッシュの内側にされている処理がなくなりツルツルになっていました。

5EF84A94-D9A6-4BB6-B700-9AB28A768D3F.jpg
スタビライザーリンクのボールジョイントはガタまでいかないものの、
ボールジョイント部がかなりルーズな状態となっていました。

DSCN0051.jpg

DSCN0052.jpg

21869495-6265-46A6-9591-518C9794F863.jpg

37338EFC-9582-45FE-84F6-1BF55349B2CD.jpg
部品を組み付け、再度ロードテストを行い異音が改善されていることを確認。
各部の清掃、完成チェックの後、お客様へお車をお返しさせていただきました。

この度も御依頼いただき、誠にありがとうございます。

Jaguar XJ sovereign X308 メンテナンス (車検整備・エンジン整備・ブレーキ整備・足廻り整備・ウォッシャー修理)

Jaguar XJ sovereign X308 メンテナンス (車検整備・エンジン整備・ブレーキ整備・足廻り整備・ウォッシャー修理)になります。

63C17865-E112-48BB-BDE5-26FC09F2FC8C.jpg
先ずはロードテスト、診断機による診断を実施。
ライト廻りなど、機能チェックを行い、各部を点検していきます。

DSC02676.jpg

DSC02658.jpg

DSC02660_20191106182538e0f.jpg

DSC02668.jpg

DSC02664_20191106182539378.jpg

DSC02675_20191106182618560.jpg

DSC02677_20191106182621f1c.jpg
ハブのガタを点検したところ、左フロントハブベアリングに大きなガタがありましたので、
ハブベアリングを交換させていただきました。
今回の様な不具合を修理する際は、ナックルアッセンブリーかハブベアリング単体での交換のどちらかになるですが、
ナックルアッセンブリーですと部品代が高価になってしまいますので、
やや工賃は上がるもののハブベアリング単体の打ち替えをさせていただき、
トータルでのコストを抑えさせていただきました。

弊社ではベアリングやボールジョイントなど、お客様のご要望に合わせて単体交換も可能ですので、
異音やガタでお悩みの際はお気軽にご相談ください。

DSC02450_20191106182550aef.jpg

DSC02452.jpg

F592C97F-D470-46DF-A197-E67866C01E31.jpg

DSC02456_201911061825544c1.jpg
フロントショックアブソーバーのアッパーブッシュが劣化により崩れていましたので、
交換させていただきました。
こういった足廻りのブッシュ関連のヘタりは、徐々に劣化していきますので、
運転していても不具合に気づきにくい部分ではありますが、直接ハンドリングや乗り心地に影響します。
きちんとメンテナンスをすることで、本来のドライビングフィールを取り戻すことができますので、大変おすすめです。

DSC02648_20191106182532468.jpg

DSC02681.jpg

DSC02650_20191106182535a91.jpg

DSC02680_20191106182623ba5.jpg
ブレーキホースも経年により劣化していましたので、交換させていただきました。
安全に関わる部品は不具合が起きてからでは遅いので、交換歴がなく劣化している場合は、
予防での交換をおすすめさせていただいています。

DSC02641.jpg

DSC02686.jpg

DSC02685.jpg
各油脂類を点検し、エンジンオイルやブレーキフルードなど、
交換が必要なものは交換させていただきました。
また、冷却水にはクーラントブースターを添加させていただき、
冷却水の失われてしまう成分を補わせていただきました。

DSC02642.jpg

DSC02647.jpg

DSC02646.jpg
ウォッシャー液が出ませんでしたので、ウォッシャーポンプを交換させていただきました。
ウォッシャーは出ないと車検に通りませんので、不具合がある場合は要修理となります。

DSC02688.jpg

DSC02690.jpg

6EDE76B4-7AE0-4028-9EC8-3ABCA726F266.jpg

各部の整備完了後、車検を更新。
完成チェックを行い、お客様お返しの前にバッテリーのコンディションを整え、
お客様の元へ納車させていただきました。

この度も御入庫いただき誠にありがとうございました。

Jaguar xj sovereign X308  車検整備(24ヶ月点検・エンジン整備・クルーズコントロール修理)


ジャガー XJ ソブリン X308  車検整備(24ヶ月点検・エンジン整備・クルーズコントロール修理)になります。
DSC00029.jpg
先ずは懸念事項のデフオイル交換から。XJのデフはドレンが無い為、
デフケースを分解しての交換の為、コストがかかりますが当社では分割することなく交換可能です。

DSC00025.jpg
今回はLIQUIMOLY製デフオイルをチョイス。廃油/新油ですが一目瞭然です。
続いてエンジン関係整備へ。
IMG_3113.jpg
IMG_3114.jpg
IMG_3115.jpg
IMG_3120.jpg
補機ベルト関係はテンショナにガタ有の為、ダンパープーリー以外は一式交換にて。
IMG_3121.jpg
IMG_3423.jpg
IMG_3424.jpg
エアエレメントは状態から新品交換。
他・整備を行い、エンジン関係整備は完了。
IMG_3430.jpg
IMG_3432.jpg
ブレーキフルードはテスターにて吸湿確認。交換必須。
DSC00019.jpg
DSC00020.jpg
バックモニターの取付も御依頼頂き、こちらも施工完了。
IMG_3443.jpg
IMG_3444.jpg
IMG_3445.jpg
IMG_3447.jpg
クルーズコントロールは故障個所の原因を診断機及び該当箇所点検にて特定し、該当箇所修理完了。
また経年劣化にて交換必要箇所もありの為、こちらも予防整備にて施工させて頂きました。

DSC00010.jpg
他、各整備完了。テスト走行にて、クルーズコントロール作動の確認OK。
車検ラインも無事クリア。 また今後の整備プランも御相談させて頂き納車させて頂きました。
この度も、御依頼頂き誠にありがとうございました。