ARCHIVE-

記事一覧

Jeep ラングラー JK メンテナンス(車検整備)

Jeep ラングラー JK メンテナンス(車検整備)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
各灯火類やエアコンなど、普段お客様がお使いになる機能が正常に作動することを確認。
テスタにて故障コードの入力の有無を点検します。

DSC00762.jpg

DSC00765.jpg

DSC00766.jpg
エンジンルームの点検をしていきます。
エンジンルームでは、オイル漏れがないことや、ホース類に亀裂などのダメージがないことを確認。
油脂類の量や状態を専用の測定器などを用いて点検します。

また、冷却水には、ワコーズ社のクーラントブースターを添加させていただきました。
こちらを定期的に添加することで、冷却水の性能を維持することができ、
結果として冷却水交換のサイクルを伸ばすことができます。
弊社では2年(車検)毎の添加をおすすめさせていただいております。

DSC00770.jpg

DSC00817.jpg

DSC00815.jpg
エンジンオイルが劣化していましたので
エンジンオイルとオイルフィルターを交換をさせていただきました。

交換後はスムーズなエンジンフィールのお車となりました。

DSC00769.jpg

DSC00819.jpg

DSC00820.jpg
ブレーキフルードが吸湿してしまっていましたので交換をさせていただきました。
ブレーキフルードは走行距離に関係なく劣化してしまいますので、2年(車検)毎の交換がおすすめです。

DSC00814.jpg

DSC00811_20210120190519c14.jpg
その他も、エアコンフィルターやワイパーなど、必要な消耗品を交換させていただき、
快適に気持ちよく乗っていただけるお車となりました。

DSC00774_edited.jpg

DSC00773.jpg

DSC00772.jpg

DSC00821_edited.jpg
最後に、各部を清掃しながら復元。
各部調整後車検を更新し、お車のコンディションを整えお客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

弊社レンタカー メルセデスベンツ A250 シュポルト W176 メンテナンス(6ヵ月点検・警告灯点灯 診断/修理)

弊社レンタカー メルセデスベンツ A250 シュポルト W176 メンテナンス(6ヵ月点検・警告灯点灯 診断/修理)になります。

DSC00939.jpg

7582AD61-3D71-4DEA-A7C5-C13202B4C752.jpg

先ずは各部機能チェックを実施。
お貸出しした際にお客様がお使いになるエアコンやワイパーなどの機能が正常に作動することを確認。

メーターにチェックエンジンランプが点灯してしまっていましたので、メルセデスベンツ純正テスタにて状態を確認すると、
エンジンのコントロールユニットにサーモスタットの異常を示すコード(P0128)が入力しておりました。

入力コードに則り、サーモスタットの動き(水温の変化)などをテスタのパラメーター機能で確認していると、
水温が上がりきらないことがあり、サーモスタットの作動に問題があることがわかりましたので、
サーモスタットの異常と判断し部品を注文しました。

DSC00902_202101181940272b1.jpg

DSC00909_20210118194029b06.jpg

EC6F7D4E-3CD5-4FDA-B90F-64ECBFB0B591.jpg
サーモスタットの交換といいましても、こちらのお車の場合、サーモハウジングごとの交換となります。
サーモスタットはエンジン後ろ側のインレットマニホールドの下に取り付けられていますので、
インレットマニホールドなどのインテーク関連部品を取り外し、交換を行う必要があります。

DSC00918.jpg

DSC00920.jpg

DSC00922.jpg

382D6AC6-43B4-4CAC-91E4-E40D710B8ECE.jpg
サーモハウジングを新品に交換後は、取り外したインテークマニホールドやスロットルバルブなどを復元していきます。
復元時には、トラブル防止の為、ガスケット類は新品へ交換し既定のトルクにて組み付けております。

この様な整備の場合、サーモスタット交換となっているのに、
インテークマニホールドガスケットやスロットルバルブガスケットなど、
一見関係のない部品が付随項目としてお見積り書に記載されることとなります。

原因となる部品の交換までに付随する項目として必要となってしまう部品がありますので、
お客様へお見積りをご案内する際はそういった部分の説明も心掛けさせていただいております。

DSC00942.jpg

DSC00943.jpg

DSC00944.jpg

DSC00992.jpg
各部復元後は、6か月点検の内容を実施。
必要な消耗品を交換し、お車のコンディションを整え、お客様が気持ちよく乗っていただけるお車へと仕上げます。

DSC00940.jpg

CA93FA0F-3CC9-417E-9CE4-EE684AD1E919.jpg
最後に、純正テスタにて再度水温の変化をモニタリング。
ロードテストを行い、チェックランプの再点灯などがないことを確認し、整備完了となります。

弊社では、YONE MOTORSのレンタカー部門として”Raffine Rent a car”を運営しております。
アストンマーティンやマセラティ、ポルシェなどのお貸出しをしておりますので、
詳しくは下記ホームページをご覧ください。

ラフィーネレンタカー
d45093-1-976414-1[1]

アウディ A3 8P メンテナンス (車検整備・エンジン整備・足廻り整備・ブレーキ整備)

アウディ A3 8P メンテナンス (車検整備・エンジン整備・足廻り整備・ブレーキ整備)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
灯火廻りやエアコンなど、普段お客様がお使いになる機能が正常に作動することを確認。
テスタにて各モジュールへの故障コードの入力の有無を点検します。

DSC00420.jpg

DSC00432.jpg

411C1CDE-958C-4329-B24A-3743281395D3.jpg

DSC00428.jpg

DSC00429.jpg

DSC00430.jpg

DSC00424.jpg
エンジンルーム内の点検を行います。
エンジンルームでは、各油脂類の量や状態を目視や測定器を用いて確認します。
また、ホースなどに亀裂がないことや、オイルや冷却水に漏れがないこと、
エアクリーナーやスパークプラグの状態などを点検・清掃し、
必要であれば、交換をおすすめさせていただきます。

また、バッテリーの状態も電圧を測定するだけでなく、専用のテスターを使用し、
内部容量を測定し、状態を判断します。

ECB7608D-3A01-48CA-AFC5-D9E09FA4E6CB.jpg

DSC00597.jpg

DSC00422.jpg
エンジンルーム点検時に、ウォーターポンプより冷却水漏れがありましたので、
お客様へ状況をお伝えし、ウォーターポンプの交換をさせていただきました。

ウォーターポンプ交換後には、冷却水を規定のレベルまで補充。
その際に、経年により冷却水より失われてしまう、防錆・防食・消泡性能を復活させることのできる、
ワコーズ社のクーラントブースターを添加させていただきました。

DSC00593.jpg

DSC00592.jpg
下廻り点検時に、スタビライザーリンクのブーツが変形し、亀裂が入ってしまっていましたので、
スタビライザーリンクの交換をさせていただきました。
スタビライザーリンクは、経年により摩耗してきますと、異音の原因となりますので、
今回は、左右共に新品へ交換をさせていただきました。

DSC00427.jpg

DSC00434.jpg

DSC00437.jpg

DSC00436.jpg

DSC00439_20210113175647f89.jpg
その他、エンジンオイルやオイルフィルター、ブレーキフルードなど、劣化していましたので、
交換をさせていただき、ブレーキ廻りやホイールの裏などを清掃し車両をリフトから降ろします。

DSC00602.jpg

9EF079F7-A034-41D0-A0F0-DC7D67979C10.jpg
ヘッドライトの向きなど必要箇所を調整し、車検を更新。
バッテリーなどのコンディションを整え、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

McLaren MP4-12C メンテナンス (車検整備)

McLaren MP4-12C メンテナンス (車検整備)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
灯火廻りやエアコン、車高の上げ下げなど、普段お客様がお使いになる機能が正常に作動することを確認。
テスタにて各モジュールの状態を点検していきます。

DSC00116_20210108175847d18.jpg

DSC00125_20210108175850532.jpg

DSC00115_20210108175846d67.jpg

DSC00124.jpg
トランクルーム内の内装を取り外し、バッテリーやブレーキフルードの状態を点検。
特に異常はありませんでしたが、ブレーキフルードは距離だけでなく経年により、
吸湿し性能が低下してしまいますので、交換をおすすめさせていただきました。
一般的にブレーキフルードは、2年(車検)毎の交換がおすすめです。

DSC00131.jpg
車両をリフトアップ後、アンダーカバーを取り外し下廻りの点検を行います。

DSC00132_20210108175853ed1.jpg

DSC00134_20210108175856ad9.jpg

DSC00135.jpg

DSC00137.jpg

DSC00611.jpg

DSC00612.jpg
エンジンオイルとオイルフィルターの交換をさせていただきました。
ドライサンプタイプのエンジンになりますので、複数個所よりオイルを抜き取ります。

オイル充填時には、油膜を強化しエンジンを保護する効果のある、ワコーズ社のスーパーフォアビークルを添加。
オイル交換後は、滑らかなエンジンフィールのお車となりました。

DSC00139_20210108175901b0a.jpg

DSC00138.jpg
お客様より、交換の承認をいただきましたので、ブレーキフルードの交換をさせていただきました。

DSC00140.jpg

DSC00141.jpg

DSC00143.jpg

DSC00144.jpg

DSC00145.jpg
ホイールの裏側やブレーキ廻りなど、各整備箇所を清掃し、車両をリフトから降ろします。

0549E76E-61B6-4934-B5C0-E44026659102.jpg
最後に、各部のコンディションを整え、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

新年のご挨拶とFuji1-GP出場辞退のお知らせ

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
たくさんのお客様との出逢い支えられ、心より感謝申し上げます。

本年も変わらぬお引き立て、一層のご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

新年早々コロナ禍のニュースばかりですが、その中でも大きいニュースとして、
緊急事態宣言が発出の見通しとなり、弊社としましても参加の可否を慎重に検討を重ねた結果、
万が一の感染リスクとそのダメージは大きいと判断し、
とても残念ではありますが、今週末開催のFuji1-GP新春大会への出場を辞退する決定をさせていただきました。


今大会に向け弊社レースカーの”YONEMOTORS V8 Vantage”を準備している動画を
YONEMOTORSのYouTubeチャンネル”ヨネチューブ“にもアップしています。

「アストンマーティンにKWのサスペンションとりつけてみました。」

「ちょいゆるクラッチ交換」

FUJI1-GP 2020_200115_0035

708AC5B0-1051-403E-890C-8A6DABD3C180.jpeg

我々としましても、大会へ向け準備をしていただけに、とても残念ですが、
また、笑顔で富士スピードウェイでお会い出来ることを楽しみにしています。