OFFICIAL BLOG

ブログ

ASTONMARTIN V8 VANTAGE 御注文車両納車前整備

ASTONMARTIN V8 VANTAGE 御注文車両納車前整備になります。


先ずはアストンマーティン専用テスタにて各モジュールに異常なコードの入力がないかをチェック。
灯火廻りなどの各部機能チェックを行い、作動に問題がないかを点検していきます。

DSCN0812.jpg

DSCN0813.jpg

DSCN0814.jpg
灯火廻りのチェックをしていると、
フロントフェンダーに取り付けられているウィンカー(サイドリピーター)のレンズが劣化により変色しておりました。
アストンマーティンではV8 Vantageの他にDB9でもこちらのサイドリピーターを使用しています。
劣化してくると、レンズが本体から剥がれてしまい、最悪の場合、レンズが外れてなくなってしまうことがありますので、
予防の為に交換をさせていただきました。

DSCN0830.jpg

DSCN0829.jpg

DSCN0853.jpg

DSCN0854.jpg
テールレンズも同様に、劣化してくるとレンズと本体の一部が剥がれてしまい、
雨水などがテールランプ内部に浸水してしまうことがありますので、
一度テールランプを取り外し、予防の為シーリング処理をさせていただきました。
その際は、テールランプ取り付け部の清掃なども行わせていただき、
少しでも気持ちよくお乗り出しいただけるよう心掛けて整備をさせていただいております。

——————–

浸水したテールランプの修理の様子については以前のブログでご紹介させていただいておりますので、
是非、そちらもご覧ください。
ASTONMARTIN V8 VANTAGE GT メンテナンス(エンジン整備・テールランプ浸水 修理)

——————–


DSCN0818.jpg

DSCN0819.jpg

DSCN0820.jpg

DSCN0821.jpg
車両をリフトアップし点検の為、アンダーカバーを取り外します。
取り外したカバー類なども、組付け前に清掃を行います。
そうすることで、単純に綺麗になるだけでなく、オイル漏れなどの異常が起きた際も
異常に気付きやすく、異常箇所の特定もしやすいなどメリットがあります。

DSCN0806.jpg

DSCN0793.jpg

DSCN0811.jpg

DSCN0774.jpg

DSCN0808.jpg
フロントブレーキパッドが摩耗していましたので、
弊社オリジナルブレーキパッドにて、交換をさせていただきました。
交換後は、ブレーキフルードの交換も行い、ブレーキ廻りをリフレッシュさせていただきました。

DSCN0776.jpg

DSCN0780.jpg
タイヤプレッシャーモニタ-のセンサーを交換させていただきました。
交換の際は、アストンマーティン純正テスタにてセンサーのIDを読み出し、同じIDにて登録させていただきました。

アストンマーティンに限らず、メーター内にタイヤの空気圧が表示されるお車の場合、
ホイールに取り付けられている、エアバルブが空気圧を測定するセンサーとなっております。

そのセンサー内部には交換のできない電池が入っており、
電池が切れてしまうとメーター内にエラーが表示されてしまいます。
その際は、センサー自体の交換が必要となります。

弊社では、各社純正センサーへの交換はもちろん、汎用品のご用意もありますので、
センサー不良やホイール交換などでの、空気圧センサーのエラーでお悩みの際は、お気軽にお問合せください。

DSCN0805.jpg

613EB2F1-0327-4EE8-B0BF-5882A2759925.jpg
ASMフルードの交換をさせていただきました。
ASMフルードはシフトチェンジやクラッチの断続などを行う重要な作動油となり、ドライブフィールに直接影響します。
ASMフルードの交換は、アストンマーティン純正テスタを使用し行います。

DSCN0832.jpg

DSCN0857.jpg

DSCN0834.jpg

DSCN0835.jpg
納車後に気持ちよくお乗りいただけるよう、必要な各種消耗品を交換させていただきました。
エアコンフィルターやワイパーなどは向こう一年間を見据え、
現状明らかな異常がなくとも交換をし、ご納車させていただいております。

DSCN0781.jpg

140AF624-DFFB-4108-84FE-A0C5046DCFA2.jpg
最後に、点検時期をメーター内に知らせるサービスインターバルをアストンマーティン純正テスタを使用しリセット。
各部の最終チェックを行い、お客様の元へお車をご納車させていただきました。

この度は注文御成約いただき誠にありがとうございました。

☆当社では注文による車両販売を行っております。輸入車・国産・新車・中古車に限らず
お取扱いしています。御予算・御希望の車種、グレードをお申し付け下さい。
御希望に沿ったお車を御提案し、整備をしっかりと行い、オーナー様の元へお届けさせて頂きます。

弊社レンタカー ASTON MARTIN V8 Vantage Roadstar メンテナンス

弊社レンタカー ASTON MARTIN V8 Vantage Roadstar メンテナンスになります。

72599E9C-168A-4450-B754-9D19B7D2A909.jpg
この度、弊社が運営しております、ラフィーネレンタカーにて、
新たに”V8 Vantage Roadstar”が追加になりました。

今回は、レンタカーとして運用する前の点検整備の様子をご紹介させていただきます。

先ずはお客様のお車の点検と同様に各部の機能チェックを実施します。
ロードスターですので、幌の動きなどはもちろん、ミラーやワイパーが正常に作動するかなど、
実際に動かしたり、アストンマーティン専用テスタを使用し、ひとつひとつ確認をしていきます。

DSCN0679.jpg

DSCN0680.jpg

DSCN0682.jpg
エンジンオイルの交換です。
アストンマーティンのオーナー様は、稀に毎日通勤で使われる方もいらっしゃいますが、
週末のみ乗る方だったりと、距離が伸びにくい乗り方をされることが多い印象です。
しかし、レンタカーとなると、走行距離が延びる傾向にありますので、オイル管理はとても重要です。

DSCN0685.jpg

DSCN0686.jpg

DSCN0687.jpg
ミッションオイルの交換です。
V8 Vantageは、ミッションが後ろに搭載される、トランスアクスルタイプとなっています。
ミッションオイル交換時には、フィルターを清掃し、
Oリングやガスケットはアストンマーティン純正品にて交換します。

DSCN0689.jpg

DSCN0688.jpg
続いてASMフルードの交換を行いました。
ASMのV8 Vantageは、クラッチ操作やギヤチェンジをASMフルードを使い油圧で行っています。
こちらが劣化してくると、走行フィールに影響を及ぼしますので、定期的な交換が必要となります。
ASMフルードの交換とエア抜きには、アストンマーティン専用テスタを使用し行います。

DSCN0690.jpg

DSCN0691.jpg

DSCN0693.jpg
フロントブレーキパッドが摩耗しておりましたので、ブレーキパッドの交換です。

V8 Vantageのブレーキパッドは摩耗が進みますと、ブレーキパッドの残量警告が点灯し、
パッドセンサーの交換も必要となります。

また、パッドの磨剤を固定しているピンがローターに接触し、ローターを傷めてしまい、
ローターも同時に交換が必要になる場合もありますので、
弊社ではなるべく交換部品が増える前の状態でのブレーキパッドの交換をおすすめしております。

55C3C419-A89B-41EA-BBCF-C77797DA6261.jpg

DSCN0695.jpg

その他、ブレーキフルードの交換や、各部の締め付け状態などを確認。
サービスインターバルをリセットし点検作業完了となります。

弊社レンタカーは、走行距離を管理し、定期的なメンテナンスを実施し、
いつでも安心してサービスをご提供できるよう努めております。

レンタカーに関しての詳しい情報はラフィーネレンタカーのホームページをご覧ください。

ラフィーネレンタカー
https://raffine-rentacar.jp/

弊社回送サービスに関するお知らせ

本日のブログは最近お問い合わせの多い、お車の回送サービスに関するお知らせです。


弊社では、販売した車両の納車や、整備でご入庫のお客様のお車の、
自社積載車による回送サービスを行っております。

CB51038C-0D77-4227-BAC9-67B2661D4A87.jpg
故障により自走が困難な場合など、お客様がご加入いただいている、
自動車保険のロードサービスにも対応しております。

出先などでのトラブルの際も、直接弊社スタッフがお客様の元へお伺いさせていただきますので、
安心してお任せいただければと思います。

D399CA11-D84B-48BC-9690-6F0FD978AD25.jpg
遠方へのお引き取りなど、回送サービスに関する詳細のお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ASTONMARTIN V8 VANTAGE GT メンテナンス(エンジン整備・テールランプ浸水 修理)

ASTONMARTIN V8 VANTAGE GT メンテナンス(エンジン整備・テールランプ浸水 修理)になります。


日本では大変珍しいV8 Vantage GTが修理にて入庫いたしました。
こちらのお車は、AMGになる前のV8 Vantageの最終モデルである、N430のアメリカ仕様であり、
お客様がアメリカにお住まいの時に購入し、一緒に日本へ来たという、とても愛着を感じる一台です。

今回は、エンジンチェックランプの点灯と、テールランプ内への浸水とのことで、修理をご依頼いただきました。

F24F39D7-19A2-4021-8E21-A5A97B1D5E99.jpg

DSC04606.jpg

A348805A-51AC-4F85-88BC-1BE48EB7ED7A.jpeg
チェックエンジンランプの診断です。
まずはアストンマーティン専用テスタにて故障コードの読み取りを行います。
エンジンコンピューターにO2センサーの異常を示すコードの入力がありましたので、
O2センサーの波形を確認し、左バンク上流のO2センサーの故障を確認。
O2センサーの交換をさせていただきました。

A04B08BB-E796-4D72-B429-CB123E767AF5.jpg

DSC04627.jpg
テールランプが浸水しているとのことで、修理をさせていただきました。
アストンマーティンのこのタイプのテールランプは、雨漏りするものがあるものの、
内部のLEDなどが損傷していなければ修理が可能ですので、今回も修理にて対応させていただきました。

DSC04646.jpg

DSC04647.jpg

DSC04648.jpg

DSC04649.jpg
中に入ってしまった水を抜き、内部を乾かしていきます。
また、この時点で漏れ箇所を特定しシーリングする箇所を確認します。
DSC04651.jpg

857C759D-5D8E-436E-93D5-78AE17EBDB9E.jpg

漏れ箇所のシーリングを行い、テールレンズを復元します。
復元後は点灯状態に異常がないことなど確認します。

0CFFAC6F-B302-4CAF-9B34-19592F132913 (3)
最後に、ロードテストを行い、再度アストンマーティン専用テスタにて
異常なコードの再入力がないことを確認。

テールレンズの浸水は、シャワーテストを行い、レンズ内部に水の浸水がないことを確認し、
お客様のもとへお車をお返しさせていただきました。

この度も御依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(12ヵ月点検・エンジン整備・ブレーキ整備・異音修理)

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(12ヵ月点検・エンジン整備・ブレーキ整備・異音修理)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
灯火類などの基本的な機能から、幌の作動など車種特有のチェックを行い、
アストンマーティン専用テスタにて、各モジュールに異常なコードの入力がないかを確認します。
また、ロードテストを行い走行状態の確認も行います。
今回はロードテストにてブレーキの引きずりがあり、整備をさせていただきましたので、その様子もご紹介させていただきます。

845E791C-A9E5-4928-A3D5-4E12E1412BC8.jpg

DSC04413.jpg

DSC04403.jpg

DSC04406.jpg

0AFD8699-8843-42D0-B429-5A400ED80476.jpg
エンジンルーム内の点検を行います。
油脂類の量や状態や漏れなどの異常がないかを確認します。

DSC04419.jpg

DSC04422.jpg
車両をリフトアップし、下廻りの点検を行います。
タイヤやブレーキパッドの状態や残量を確認。
下廻りに緩みがないことを確認し、ブッシュの状態なども点検していきます。

DSCN0590.jpg

DSCN0592.jpg

C9C27C0B-6A62-4B8A-842E-E4D1120AD2AE.jpg

DSCN0593.jpg

DSCN0594.jpg

DSC04445.jpg

DSC04446.jpg
ロードテスト時にブレーキの引きずりがありましたので、
ブレーキキャリパーのオーバーホールを行わせていただきました。

ブレーキキャリパーには多くのゴム部品が使われており、年数が経過すると硬化してしまい、
本来の性能を発揮できなくなってしまいますので、定期的なメンテナンスをおすすめしております。

キャリパー脱着時にはブレーキホースを取り外す必要があるのですが、
旋回時などに回転部などに干渉しないよう、取り付けの角度がシビアに決められております。

弊社では、アストンマーティン専用工具の使用により、
マニュアルに定められた手順での確実な取り付けを行っておりますので、安心してお任せください。

DSCN0588.jpg

DSCN0589.jpg
お預かり時のご用命にて
“旋回時に異音がする”
とのことでしたので、診断をさせていただきました。
調べてみると、サイドブレーキキャリパーのボルトの歪みが原因でサイドブレーキパッドが引きずっており、
異音が出てしまっていましたので、サイドブレーキキャリパーの固定ボルトを交換させていただきました。

DSC04424.jpg

DSC04425.jpg

DSC04426.jpg

DSC04428.jpg

DSC04429.jpg

DSC04438.jpg
エンジンオイル・オイルフィルターの交換をさせていただきました。
V8 Vantageはドライサンプ式になりますので、各所からオイルを抜き取ります。
この際、ストレーナーなどを清掃し、サンプワッシャーやOリングなどはアストンマーティン純正品へ交換します。

DSCN0585.jpg

DSCN0586.jpg

85B92067-E3AA-4511-BD48-109950DCAC17.jpg
最後にワイパーリフィールの交換やバッテリーのコンディションなどを整え、最終チェックを実施。
異常がないことを確認しお客様のもとへお車をお返しさせていただきました。

この度は御依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN VANQUISH メンテナンス(12ヵ月点検、エンジン整備、ドライブトレイン整備、電装品取り外し)

ASTONMARTIN VANQUISH メンテナンス(12ヵ月点検、エンジン整備、ドライブトレイン整備、電装品取り外し)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
各灯火廻りのチェックからエアコンなどの快適装備の機能チェックなど行い、
アストンマーティン専用テスタにて各モジュールのコードの読み込み実施し異常がないことを確認していきます。

DSCN0608.jpg

DSCN0609.jpg

DSCN0610.jpg

DSCN0611.jpg
機能チェックをしている際に、タイヤプレッシャーモニターの警告灯の点灯を確認。
調べてみるとホイールについているタイヤプレッシャーセンサーが故障していました。
VANQUISHは日本ではオプションにてこちらのシステムが導入されているのですが、
今回ご入庫いただいたお車は北米市場向けの日本では珍しい車体であり、
北米では標準で装備されています。
お客様に相談したところ、こちらのシステムは不要とのことでしたので、
タイヤプレッシャー関連部品の取り外しをさせていただきました。
また、ただ取り外すだけでは警告灯が点灯してしまうので、警告灯のキャンセルも行わせていただきました。

DSCN0613.jpg

DSCN0606.jpg

DSC04493.jpg

DSC04363.jpg

DSC04368.jpg

C4CCA6BB-A542-4017-A59F-EFD6A3DC1D39.jpg

DSC04374.jpg
エンジンルーム内の点検をしていきます。
各油脂類の量や状態、クリーナーなどの清掃を行い、交換が必要な場合はお客様へお伝えします。

DSCN0598.jpg

DSCN0599.jpg

DSCN0601.jpg

DSCN0603.jpg
ASMフルードが経年により汚れていましたので、交換とエア抜き作業をさせていただきました。
ASMフルードの交換にはアストンマーティン専用テスタを使用し確実に行います。
交換後はシフトフィールがよくなり気持ち良く乗っていただけるお車となりました。

DSCN0597.jpg

DSCN0605.jpg

DSC04499.jpg

DSC04500.jpg
エンジンオイル、オイルフィルター、ブレーキフルードの交換をさせていただきました。
オイルフィルターやドレンボルトなどの消耗部品はアストンマーティン純正品を使用しておりますので、
品質も高く、安心していただけるものとなっております。

DSC04358.jpg

DSC04495.jpg
タイヤの製造年が2009年と古かった為、山はありましたが交換をさせていただきました。
タイヤは古くなると、ヒビ割れや硬化を起こしグリップ不足や最悪バーストなどを起こす危険があります。
また、硬化してしまうと、ロードノイズも大きくなり、耳障りなドライブとなってしまいますので、
点検や車検時などには、残量だけでなく、製造年も確認し、必要であれば提案をさせていただいております。

DSC04506.jpg

DSC04507.jpg

DSC04502.jpg

DSC04510.jpg

9120E831-01B2-4660-92A4-C70E3B6C9A4F.jpg
各部を清掃し復元していきます。
カラードのキャリパーやホイールの裏側など、普段お客様では中々掃除できない部分も清掃させていただきます。

ED76D0FE-F02B-4C88-B517-B8735E7221AA.jpg
最後に各部の最終チェックを行い、内装関連部品も取り外していますので、
異音などないかなどもチェックしていきます。
今回はワイパーなど細かい部分も各所リフレッシュをさせていただきましたので、
快適な乗り味のお車となりました。

この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN DB9 メンテナンス(12ヶ月点検・エンジン整備・ドライブトレイン整備)

ASTON MARTIN DB9 メンテナンス(12ヶ月点検・エンジン整備・ドライブトレイン整備)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
アストンマーティン専用テスタにて各モジュールの故障コードの読み取りを行い、
車両をリフトアップし、油脂類の状態や締め付け状態などを確認していきます。

DSC04235.jpg

DSC04237.jpg

DSC04232.jpg

DSC04234.jpg
エンジンルーム内を点検しているとシリンダーブロックのバンクの間から水漏れを確認しました。
アストンマーティンの12気筒エンジンでは、
稀にバンク間のメクラプラグの隙間から冷却水が漏れてしまうことがありますので、
その際は、通常ですとメクラプラグの交換をおすすめさせていただいております。

今回は清掃後の漏れてくる量が少なかったこともあり、
お客様と相談し一度漏れ止め剤にて様子をみていただくこととなりました。

DSC04242.jpg

DSC04244.jpg

DSC04262.jpg

DSC04264.jpg

DSC04263.jpg
エンジンオイルの交換をさせていただきました。
DB9などほとんどの12気筒エンジン搭載のアストンマーティンの場合、
左ハンドルのお車の場合はステアリングコラムシャフトがオイルフィルターのすぐ近くを通っているため、
オイルフィルターの交換時にはアクセスする為に、いくつか別の部品の取り外しが必要となり、
中々一筋縄ではいかない内容となります。

DSC04246.jpg

DSC04247.jpg

DSC04249.jpg

DSC04252.jpg

DSC04251.jpg

DSC04253.jpg

DSC04254.jpg

DSC04257.jpg
旋回時にデフより異音が出ていましたので、デフオイルの交換をさせていただきました。
ドレンボルトを取り外すと、ドレンボルトには大量の汚れが付着していましたので清掃をします。
デフオイルの交換時にはオイルストレーナも同時に清掃を行い、
デフオイルにはデフの異音に有効な添加剤を添加をおすすめさせていただきました。
デフオイル交換後には異音もなくなりスムーズな乗り心地となりました。

DSC04268.jpg

DSC04269.jpg
ヘッドライト内のスモールランプバルブ切れとウィンカーバルブの色落ち、
サイドリピーターのレンズの剥がれがありましたので、各部交換をさせていただきました。
DB9も10年以上経過したお車もありますので、経年によりレンズ類の劣化やバルブの色落ちなどあるお車も入庫しますが、
こういった細かい部分がリフレッシュされますと、カチッとした印象のお車となります。

DSC04239.jpg

DSC04240.jpg

DSC04267.jpg

DSC04243.jpg
ブレーキフルードを交換させていただき、足廻りの清掃と給油を実施。
各部を復元していきます。

503A174B-A23A-4163-9457-BEA151923459.jpg

69381A2A-6F5A-4145-980E-E99D14DB7843.jpg
各部最終チェックを行い、アストンマーティン専用テスタにてサービスインターバルのリセットを実施。
お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN DB9 メンテナンス(12ヶ月点検・AT整備・ブレーキ整備)

ASTON MARTIN DB9 メンテナンス(12ヶ月点検・AT整備・ブレーキ整備)になります。

DSC04221.jpg
先ずは灯火廻りなど各部機能チェックを実施。
アストンマーティン専用テスタにて各モジュールの故障コードを読み取り、
車種やメーカー特有のウィークポイントなども含めてチェックをしていきます。

DSC04187.jpg

DSC04188.jpg
アストンマーティンにも特有のウィークポイントがありますので、
給油口の開閉具合や、グローブボックスのダンパーの状態なども点検し、
問題があれば修理をご提案させていただきます。
今回点検させていただいたお車は特に異常はありませんでした。

DSC04218.jpg
バッテリーの状態を確認。
バッテリーのテスターにより、電圧だけでなく、負荷を掛けた状態での充電状態や内部容量などを測定します。
今回はやや容量が低下していましたので、充電にて対応させていただきました。

DSC04198.jpg

DSC04350.jpg

DSC04202.jpg

DSC04205.jpg
エンジンフードを開け、エンジンルーム内の点検を行います。
その際油脂類の量や状態も確認。
今回はご要望によりオイル交換はしなかったのですが、
エンジンオイル量が少なかった為、補充をさせていただきました。

8107BDA6-4A45-4499-A58D-A07AF5378CA1.jpg

DSC04206.jpg

DSC04210.jpg

84C4279B-7453-4576-A9F0-D28BB3CB4A7A.jpg
車両をリフトアップ。アンダーカバーを取り外し、下廻りの点検を行います。
下廻りでは各部に緩みや腐食。オイルの漏れなどがないかを確認していきます。
アンダーカバー取り外し時に、車両の前側よりオイルの漏れを確認。
調べてみるとATクーラーホース取り付け部よりオイルが漏れていました。
今回は、ホースのバンドを増し締めし清掃を実施。
後日再度診させていただくこととなりました。

DSC04197.jpg

DSC04196.jpg
ブレーキパッドの残量を点検します。
アストンマーティンは4輪全てにパッドの残量が少なくなると警告を点灯させるセンサーが取り付けられているのですが、
一度点灯してしまうと、センサーも交換しなくてはいけない構造となっています。
また、純正パッドは4mm前後から磨剤固定用のピンが出てきてしまいローターを攻撃してしまう為、
向こう1年でこの残量を下回ってしまうと判断した場合には交換をおすすめさせていただいております。

DSC04333.jpg

DSC04344.jpg

DSC04345.jpg

DSC04346.jpg
今回はリアブレーキの残量が少なかった為、
当社オリジナルの低ダストブレーキパッドへ交換をさせていただきました。

弊社では低ダストブレーキパッドの他にも、
ストリートからスポーツ走行でもお使いいただけるスポーツブレーキパッドや
富士スピードウェイの耐久レースにて弊社デモカーのV8 Vantageでも使用しているサーキット用のブレーキパッドなど、
用途に合わせたブレーキパッドを各種ご用意しております。

また、DB9やV8 Vantege以外にもRapideなどにも対応しています。
詳細などにきましては、お気軽にお問合せください。

DSC04332.jpg

DSC04335.jpg

DSC04339.jpg

630DE139-9C28-49C4-85DB-F0D2292AB2E4.jpg
ホイールの裏や、エンジンルーム、下廻りを清掃し車両を復元していきます。

DSC04222.jpg

DSC04219.jpg

DSC04224.jpg
アストンマーティン専用テスタにて故障コードをクリア。
点検時期を知らせるメッセージも点灯していましたので、サービスインターバルのリセットをさせていただきました。

9E1A053C-C744-46CC-A998-7EC1E639F224.jpg
最後に、各部の最終チェックを行いお客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度は、ご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN VANQUISH メンテナンス(電装系整備、エンジン整備)

ASTONMARTIN VANQUISH メンテナンス(電装系整備、エンジン整備)になります。


バッテリーを新品に交換したが、すぐに上がってしまうとのことでご入庫。
仮のバッテリーを取り付け、早速診断をさせていただきました。

D5B4335A-E16A-4B2A-8CE7-00DBD976EA4C.jpg
まずは暗電流の測定を行います。
エンジンを停止しドアロックをしている状態でも通常よりも大きな電流が流れていました。
過大電流の発生個所を調べるとオルタネーターのレギュレーターより異常な電流消費を確認。
また、発生電圧も安定しませんでしたので、オルタネーターの不具合と判断。

お客様と相談し、今回はリビルト品のオルタネーターへ交換をさせていただくことになりました。

DSCN0495.jpg

DSCN0496.jpg

DSCN0501.jpg

DSCN0502.jpg
オルタネーター交換の際、ベルトも傷んでいましたので、
アストンマーティン純正品へ交換をさせていただきました。

DSCN0497.jpg

DSCN0498.jpg
また、バッテリーも元々ついていたものは完全に上がってしまい、
使える状態ではありませんでしたので、新品へ交換させていただきました。

今回は弊社でお勧めしているVARTA社のドイツ生産品のAGMバッテリーへ交換。
こちらのバッテリーは品質が高く、高温になるエンジンルーム内や寒冷地などでも安心してお使いになれます。
弊社では、輸入車に対応したサイズの高品質なバッテリーをご用意できますので、お気軽にお問合せください。

DSCN0506.jpg

DSCN0507.jpg

DSCN0508.jpg
今回は併せてエンジンオイルの交換のご用命もいただきましたので、
エンジンオイルとオイルフィルターの交換もさせていただきました。
下廻りを確認させていただきますと、オイルの滲みがみられましたので、
ワコーズ社のパワーシールドを添加させていただきました。

こちらの添加剤はオイルの粘度を上げると共に、劣化して痩せてしまったシールを元の状態に戻す効果があり、
オイル漏れやオイル上がり、オイル下がりに有効な添加剤となっています。

BBDB89C2-10A7-4391-8AAF-6A7FEF583B14.jpg
最後に各部を復元し清掃。
発生電圧や暗電流などに異常がないことを確認。
バッテリーを取り外しますと、エンジンやクラッチなどの各種学習値がリセットされてしまいますので、再学習を行いました。

DSC04309.jpg

DSC04308.jpg

1AF2BA34-FFA5-494E-85F5-7CE39C5750A3.jpg

最後にアストンマーティン純正テスタにて故障コードの読み込みとリセットを行い作業完了。
お客様のもとへお車をお返しさせていただきました。

この度はご依頼いただき、誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN V12 VANTAGE S メンテナンス(車検整備)

ASTONMARTIN V12 VANTAGE S メンテナンス(車検整備)になります。

7CD21431-134B-43A5-9B38-B08CE39494DA.jpg
先ずは各部の機能チェックを実施。
ロードテストの後、アストンマーティン専用テスタにて各モジュールに
異常な故障コードの有無などを確認します。

DSCN0279.jpg

DSCN0300.jpg

DSCN0299.jpg
点検をしているとオイルの滲みを確認。
オイル交換時にワコーズ社のパワーシールドを添加させていただきました。
こちらの添加剤はオイルの粘度を上げると共に、劣化して痩せてしまったシールを元の状態に戻す効果があり、
オイル漏れやオイル上がり、オイル下がりに有効な添加剤となっています。

弊社では、車検点検時だけでなく、通常のオイル交換の際にもおすすめの添加剤やフラッシング剤などを
各種お取り扱いしております。
詳しくはお気軽にお問合せください。

DSCN0298.jpg
ASMフルードが劣化していましたので、交換とエア抜き作業を行わせていただきました。
ASMフルードの交換にはアストンマーティン専用テスタを使用し、
定められた手順に則り作業を進めます。

DSCN0277.jpg

DSCN0281.jpg

DSCN0285.jpg

DSCN0278.jpg
ブレーキフルードの交換をさせていただきました。
V12 Vantageは標準でカーボンローターを装備しており、迫力のあるブレーキ廻りとなっています。

ブレーキブリーダーの締め付けは日常的に行う部分ではありますが、重要な部分でもありますので、
きちんとトルクレンチを使用し締め付けを行います。

DSCN0294.jpg

DSCN0295.jpg

DSCN0303.jpg
各部を清掃し復元していきます。
清掃を行うことで、見た目が綺麗になるのはもちろん、
オイル漏れなどある場合、次に入庫していただいた際に、位置の特定をし易くする効果もあります。

7CD21431-134B-43A5-9B38-B08CE39494DA.jpg
各部の最終チェックを行い、お客様へお車をお返しさせていただきました。
この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。