OFFICIAL BLOG

ブログ

ASTON MARTIN DB9 メンテナンス(12ヵ月点検・エンジン整備・ブレーキ整備)

ASTON MARTIN DB9 メンテナンス(12ヵ月点検・エンジン整備・ブレーキ整備)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
灯火類やワイパー、エアコンなど、普段お客様がお使いになる機能が正常に機能することを確認。

アストンマーティン純正テスタにて故障コードの入力の有無を点検します。

DSC00468_202101221926595a5.jpg

DSC00477.jpg

DSC00482_202101221927143be.jpg

DSC00513.jpg
エンジンオイルが汚れてしまっていましたので、エンジンオイルとオイルフィルターを交換させていただきました。
オイル充填時にはワコーズ社のスーパーフォアビークルを添加。

メカニカルノイズが減り滑らかにエンジンフィールのお車となりました。

DSC00479.jpg

DSC00480.jpg

DSC00481.jpg
デフオイルが劣化していましたので、デフオイルの交換をさせていただきました。
DB9のデフにはストレーナーが取り付けられていますので、
清掃し、純正のOリングを交換し組み付けます。

DSC00467_20210122192657fa9.jpg

DSC00469_202101221927009e2.jpg

DSC00475_20210122192706ef8.jpg
ブレーキフルードの交換をさせていただきました。
ブレーキフルードは経年により吸湿してしまいますので2年(車検)毎の交換がおすすめです。

DSC00511_202101221927413b0.jpg

DSC00473.jpg

DSC00474.jpg

DSC00472_2021012219270240b.jpg
エアコンフィルターやワイパーブレードなど、その他の消耗品を交換。
ホイールの裏側やブレーキ廻りなどを清掃し車両を復元します。

DSC00486.jpg

DSC00487_202101221927220a6.jpg

DSC00514.jpg

DSC00515.jpg

32780A54-5992-448F-B909-08D9FFB83894.jpg
メーター内に点検時期を知らせるサービスインターバルをリセット。
キーバッテリーの交換や、燃料に添加剤を充填。
バッテリーなどのコンディションを整えお客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN V8 VANTAGE N400 診断・修理 (チェックエンジンランプ点灯・エンジンより異音)

ASTON MARTIN V8 VANTAGE N400 診断・修理 (チェックエンジンランプ点灯・エンジンより異音)になります。

411BBB29-0E5D-4AF0-AE42-6E1CF2738D3A.jpeg
メーター内にチェックエンジンランプが点灯し”ハイキシステム ハヤイジキニ テンケンヒツヨウ”のメッセージが表示されるとのことで
診断と修理のご依頼をいただきました。

実際に入庫した際、お車を診させていただくと、不定期にエンジンルームより”カタカタカタ”という音が出ておりました。
この音は、何台ものアストンマーティンを修理させていただいている弊社メカニックの経験から、
スロットルバルブが故障している時に出る音と判断しました。

また、アストンマーティン純正テスタにて診断すると、
吸入空気量の制御に異常があることを示す故障コードが入力しておりましたので、
お客様へ状況をお伝えし部品を注文させていただき、お車の状態も軽症ではあったので、一度お返しさせていただきました。

DSC00498.jpg

DSC00499.jpg

DSC00500.jpg

DSC00501.jpg
部品入荷後、再度お客様へ来店していただき、お待ちいただいての作業にて修理をさせていただきました。
スロットルバルブ交換時には、インレットマニホールド内の清掃などを行いながら実施。
交換後には、故障コードをリセットし、再入力がないことや、異音がしないことを確認し修理完了となりました。

DSC00502.jpg

DSC00503_20201223185732255.jpg
お客様のご要望により、メーター内に点検時期を知らせるサービスインターバルのリセットを行わせていただきました。
リセットにはアストンマーティン純正テスタが必要となりますので、
メーター内に各種メッセージが出ている場合などは、お気軽にお問い合わせください。

DSC00504_20201223185734a00.jpg

411BBB29-0E5D-4AF0-AE42-6E1CF2738D3A.jpeg
最後に、清掃しながら再度整備箇所に異常がないことを確認。
お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(12ヵ月点検・エンジン整備・ブレーキ整備・駆動系整備)

ASTON MARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(12ヵ月点検・エンジン整備・ブレーキ整備・駆動系整備)になります。

DSC00364.jpg
先ずは各部機能チェックを実施。
アストンマーティン純正テスタにて各モジュールの状態を診断。
灯火廻りやエアコンの効き、給油口の開閉の状態など、普段お客様が使う機能が正常に使えることを確認します。

DSC00288.jpg

DSC00289.jpg

DSC00290.jpg
V8 Vantageの給油口は運転席のボタンにて電動で開けることができるのですが、
ボタンを押しても開かなくなってしまうことがあります。

今回は車体側のマウントとのクリアランスが狭くなってしまい、
開きにくい状態となっていましたので、加工と調整にて対応させていただきました。

また、給油口周辺には水抜きのドレンがあるのですが、ドレンフィルターが汚れてしまっており、
詰まり気味でしたので、こちらは清掃をさせていただきました。

DSC00318_20201218194635b19.jpg

DSC00315_2020121819463437f.jpg
DSC00313.jpg

DSC00312.jpg

DSC00310_20201218194629322.jpg
エンジンルーム内の点検を行います。
エンジンルーム内では、エンジンオイルやパワーステアリングフルード、冷却水など、
油脂類の量や状態を目視や測定器を用いて点検します。
また、ホース類などに亀裂がないことや、オイル漏れなどがないことも確認します。

DSC00341_202012181927140dd.jpg

DSC00347_202012181928209b9.jpg

DSC00354.jpg
エンジンオイルが劣化し汚れてしまっていましたので、オイルフィルターを含め交換をさせていただきました。
エンジンオイル交換時に必要なOリングやボルトなどは全て品質の高いアストンマーティン純正品を使用しておりますので、
安心してお任せください。

DSC00367.jpg

DSC00368.jpg

DSC00399_20201218194637658.jpg

DSC00369.jpg
ミッションオイルに交換歴がありませんでしたので、交換をさせていただきました。
V8 Vantageの場合、ミッションとデフが一体構造(トランスアクスル)となっておりますので、オイルが共通となります。
劣化すると、ギアの入りの悪さやデフの異音の原因となりますので、定期的な交換がおすすめです。

今回は、交換時にギアの入りをよくする為の添加剤を添加させていただきました。

DSC00300_20201218192658625.jpg

DSC00302.jpg

DSC00304.jpg
リアブレーキパッドが摩耗してしまっていましたので、お客様へ状況をお伝えし、
弊社オリジナルブレーキパッドへ交換をさせていただきました。

弊社では、純正はもちろん、アストンマーティン各車種に対応したオリジナルブレーキパッドのご用意もあります。
詳しくは、弊社スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

DSC00306_20201218194627f37.jpg

DSC00406.jpg

DSC00407.jpg
お客様よりバッテリー交換のご用命をいただきましたので交換をさせていただきました。
バッテリーは唯一走行距離と反比例して劣化のしやすい消耗品となります。
交換せずに長くしようしていると、突然エンジンが掛からないなど、トラブルのもとになってしまいますので、
定期的な状態のチェックと交換がおすすめです。

DSC00326.jpg

DSC00327_20201218192707fee.jpg

DSC00328.jpg

DSC00334.jpg

DSC00340_20201218192713e18.jpg
普段お客様が清掃しにくいホイールの裏側やブレーキキャリパー、エンジンルームなどを清掃。
各整備箇所を再度確認し、お車をリフトから降ろします。

DSC00309.jpg

8CF1B6EC-804F-4B1E-AA03-FC7CD9A7A633.jpg
メーター内に点検時期を知らせるサービスインターバルをリセット。
お車のコンディションを整え、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN Vanquish メンテナンス (12ヵ月点検整備)

ASTON MARTIN Vanquish メンテナンス (12ヵ月点検整備)になります。

DSC09704.jpg
先ずは各部機能チェックを実施。
灯火廻りやエアコンの効きなど、普段お客様がお使いになる機能が正常に作動することを確認します。
また、アストンマーティン純正テスタにて、各モジュールへの故障コードの入力の有無を点検します。

DSC09661.jpg

DSC09662.jpg

DSC09664.jpg

DSC09666.jpg

FC0B46BA-CB6E-4A97-A249-FEC9BC49EE41.jpg
エンジンルーム内の点検を行っていきます。
エンジン廻りではホース類などに亀裂がないことや、
エンジンオイルや冷却水などの油脂類の量や状態を目視や測定器を用いて点検します。

DSC09673.jpg

DSC09676.jpg

DSC09683.jpg

DSC09674.jpg
エンジンオイルが劣化していましたので、交換をさせていただきました。
エンジンオイル交換時に使用する部品は全てアストンマーティン純正部品を使用しておりますので、
安心してお任せいただければと思います。

DSC09671.jpg

DSC09672.jpg
ブレーキフルードが劣化していましたので、交換をさせていただきました。
ブレーキフルードは走行距離だけでなく、お車の保管の状態や経年により吸湿し、
劣化してしまいますので、定期的な交換(2年毎)がおすすめです。

DSC09799.jpg

DSC09802.jpg

DSC09804.jpg
デフオイルの交換歴がありませんでしたので、交換をさせていただきました。
抜いた古いデフオイルは汚れてしまっており、マグネット付きのドレンボルトにも汚れが多く付着していました。
新しいデフオイルの注入後は、気持ちよく乗っていただけるお車となりました。

DSC09681.jpg

DSC09682.jpg
ブレーキキャリパー廻りやホイールの裏側など、
普段お客様が清掃しにくい箇所なども清掃をさせていただきながら車両を復元。
お車をリフトから降ろします。

DSC09663.jpg

DSC09646.jpg

E8E278A8-27FE-43AC-AD56-C727A9D64A4D.jpg
最後に、各整備箇所に異常がないことを再度確認し、必要な添加剤などを注入。
バッテリー充電などお車のコンディションを整え、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN Vanquish メンテナンス (車検整備・オイル漏れ修理・ブレーキフルードタンク交換)

ASTON MARTIN Vanquish メンテナンス (車検整備・オイル漏れ修理・ブレーキフルードタンク交換)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
灯火廻りやエアコンの作動など、お客様が普段お使いになる機能が正常に作動することを確認。
アストンマーティン純正テスタにて各モジュールの故障コードの入力の有無を点検します。

DSC00106.jpg

DSC00108_202012041826143bf.jpg

DSC00109_20201204182616769.jpg

DSC00116.jpg
お客様より、過去にコーナリング中に白煙が上がったことがあるとのことで、原因の特定と修理をご用命いただきました。

エンジンルーム内を点検すると、カムカバーからのオイル漏れが発覚。
カムカバーからオイルが漏れてしまうと、エキゾーストマニホールドなどの高温になる部品に付着し、
白煙が出たり異臭がしたりしますので、早めの修理が必要となります。

DSC00118.jpg

DSC00117.jpg

DSC00125_202012041826251e5.jpg
スロットルバルブやインレットマニホールド、イグニッションコイルなどを先に取り外し、
カムカバー本体を取り外した後に、清掃しシール類を新品に交換し組み付けました。

組付け後は、エンジンの状態を確認する為に全てのシリンダーの圧縮を測定し、
異常がないことを確認しました。

DSC00127.jpg

DSC00128.jpg

DSC00129_20201204182629efb.jpg

DSC00132_202012041826315fc.jpg

DSC00121.jpg

DSC00122_202012041826237b2.jpg

F2C5798F-C8B5-496B-8642-00D933EFD5C7.jpg
スパークプラグを新品に交換し、
インレットポートやインレットマニホールド内、スロットルバルブなどを清掃しながら組み付け。

清掃や給油をしながら組み付けることが重要なのですが、
組み付けてしまうと、中々伝わらず時間を要する作業でもあります。

組付け後は、オイル漏れがないことを確認し修理完了となりました。

DSC09989.jpg

DSC09993.jpg

DSC09994.jpg
エンジンルーム内点検の際に、ブレーキフルードのタンクが劣化しヒビが入ってしまっていましたので、
お客様に状況をお伝えし、交換をさせていただきました。

タンクの交換後は、ブレーキフルードのエア抜きと交換を行い、
安心して乗っていただけるお車になりました。

DSC09987.jpg

DSC09986.jpg

386F2151-CA5E-4707-B139-A440B2A56B24.jpg
その他、車検整備実施後は、ヘッドライトの向きなど各部を調整し車検を更新。
バッテリー充電や各種おすすめの添加剤を添加。
コンディションを整えお客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN DB9 チェックエンジンランプ点灯 診断・修理

ASTON MARTIN DB9 チェックエンジンランプ点灯 診断・修理になります。

A12C586B-F15E-41E4-A92B-423059961D4D.jpg

DSC09456.jpg
チェックエンジンランプが点灯し、メーター内に
“ハイキシステム ハヤイジキニ テンケンヒツヨウ”
というメッセージが出ているとのことで、修理のご用命をいただきました。

DSC09460.jpg

DSC09459.jpg
エンジンを掛けると、エンジンが振動し、失火していることを確認。
アストンマーティン純正テスタにて、故障コードを読み出すと、
複数のシリンダーで失火していることを示していました。

DSC09457.jpg
純正テスタの機能には、各シリンダーでの失火をカウントする機能がついていますので、
こちらを使い状態を確認すると、ほとんどすべてのシリンダーで失火を検知していることがわかりました。

DSC09470.jpg

DSC09468.jpg

DSC09469.jpg
アストンマーティンの12気筒エンジンで、失火がある場合は、
ほとんどイグニッションコイルが原因であることが多いのですが、
エアクリーナーが汚れてしまい、吸気し辛くなり、失火してしまうこともありますので、
エアクリーナーの状態を点検しました。

エアクリーナーを取り外すと、真っ黒に汚れてしまっていましたので、
お客様に状況をお伝えし、新品へ交換をさせていただきました。

交換後エンジンを掛けると、交換前よりは調子がよくなったのですが、
まだ、失火している箇所がありましたので、再度お客様へ報告し、
イグニッションコイルの全数の交換をおすすめさせていただきました。

DSC00066.jpg

DSC00069.jpg

DSC00073_2020112718350898f.jpg

DSC00074_20201127183510036.jpg

DSC00071.jpg

DSC00070_202011271835054e2.jpg

イグニッションコイル交換の承認をいただきましたので、交換をさせていただきました。
イグニッションコイルの交換は、インレットマニホールドを取り外して行いますので、
インレットマニホールドガスケットやスロットルバルブのOリングなどの必要部品も、
アストンマーティン純正品にて新品へ交換。

インレットマニホールド内部やスロットルバルブなどを清掃しながら組み付けます。

BC8D8FCA-D357-4EAA-BA70-A6A32711C8D2.jpg

DSC09509.jpg

464FE760-D6A7-4CA2-B42A-7B199F940D27.jpg
組付け後は、ロードテストを行い異常がないことを確認。
各モジュールへの入力コードをリセットし、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN DB9 メンテナンス(12ヵ月点検・エンジン整備・ブレーキ整備)

ASTON MARTIN DB9 メンテナンス(12ヵ月点検・エンジン整備・ブレーキ整備)になります。

DSC09508.jpg
先ずは各部機能チェックを実施。
灯火廻りやエアコンなど、普段お客さまがお使いになる機能が正常に作動することを確認します。
また、アストンマーティン純正テスタにて、各モジュールに異常がないことを点検します。

DSC09511.jpg

DSC09473.jpg

DSC09474.jpg
エンジンルーム内の点検を行います。
エンジンルーム内では、各油脂類の量や状態、ベルトやホース類に亀裂などないことを確認していきます。

DSC09515.jpg

DSC09476.jpg
車両をリフトアップ後、アンダーカバーを取り外し下廻りの点検を行います。
下廻りでは、オイル漏れの有無や各ボルトの締め付け状態などを点検していきます。

DSC09481.jpg

DSC09487.jpg

DSC09499.jpg

DSC09512.jpg
エンジンオイルが汚れてしまっており、量も少なくなっていたので、
エンジンオイルとオイルフィルターを交換させていただきました。

オイルフィルターの取り外しには、アストンマーティン純正の専用工具を使用し、
車両をほとんど汚すことなく確実に取り外しを行います。

DSC09488.jpg

DSC09490.jpg

DSC09491.jpg
ブレーキフルードが劣化しておりましたので、交換をさせていただきました。
ブレーキフルードには吸湿性があり、走行距離に関係なく経年により劣化してしまいますので、
2年以上交換歴がない場合は交換が必要になります。

弊社では、交換履歴だけでなく、ブレーキフルードの吸湿状態を測定できる測定器にて測定し、
良否の判定をさせていただいております。

DSC09496.jpg

DSC09498.jpg

DSC09500.jpg

DSC09516.jpg

7F53B5AD-825E-4689-9686-237D82A2559E.jpg
ブレーキ廻りやホイール裏、エンジンルームなど、整備箇所を清掃しながら復元し、車両をリフトから降ろします。

DSC09504.jpg

DSC09503.jpg
お客様のご用命によりエアコンフィルターを交換させていただきました。
エアコンフィルターは汚れてしまうと悪臭などの原因にもなりますので、
快適なドライブの為にも、定期的な交換がおすすめです。

DSC09518.jpg

DSC09517.jpg
ワイパーに拭きムラがありましたので、交換をさせていただきました。
アストンマーティンはワイパー交換時にはメンテナンスポジションに設定し交換します。

DSC09509.jpg

DSC09510.jpg

DSC09505.jpg

DSC09507.jpg

FEA397D2-49C1-4DBF-B4B5-5D4225E160F8_202011041851498fd.jpg
アストンマーティン純正テスタにて、故障コードや、
メーター内に点検時期を知らせるサービスインターバールをリセット。

バッテリーのコンディションなどを整え、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。
この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN RAPIDE S メンテナンス(12ヵ月点検整備・エンジン整備・ブレーキ整備)

ASTON MARTIN RAPIDE S メンテナンス(12ヵ月点検整備・エンジン整備・ブレーキ整備)になります。

EA588FF3-5E8A-4D3B-A5AE-5556F4E25F06.jpg

DSC09188.jpg

DSC09009.jpg

9EBF9027-E402-44B8-858C-B80969F2DC86.jpg

先ずは各部機能チェックを実施。
灯火廻りやエアコンなど、普段お客様が使用する機能が正常に作動することを確認します。
エアコンの効きを点検したところ、吹き出し口から出る風の温度が下がりきらな状態となっておりましたので、
ワコーズ社のパワーエアコンを、エアコンシステム内へ添加させていただき、冷えの良いお車となりました。

また、アストンマーティン純正テスタにて、各モジュールへの故障コードの入力の有無や、
各モジュールの学習状態などを読み出し、お車の状態を点検していきます。

DSC09015.jpg

DSC09008.jpg
エンジンルーム内の点検を行っていきます。
各油脂の量や状態やホースに亀裂がないことなどを点検していきます。

370B7E04-E185-43FF-990C-544512CF61BB.jpg
エンジンルーム内を点検していると、ベルトに亀裂が入ってしまっていましたので、
お客様へ状況をお伝えし、交換をおすすめさせていただきました。

DSC09186.jpg

DSC09182.jpg

DSC09183.jpg

DSC09184.jpg
ベルト同時に、プーリーやテンショナーも劣化してきており、
ベアリングの動きがスムーズでないものも出てきてしまっていましたので、同時に交換をさせていただきました。

交換後は、異音などなく安心して乗っていただける状態となりました。

DSC09170.jpg

DSC09173.jpg

DSC09175.jpg
エンジンオイルが汚れていましたので、交換をさせていただきました。
交換時に使用する消耗品は、高品質なアストンマーティン純正品を使用しておりますので、
安心してお任せいただければと思います。

充填時には、ワコーズ社のフォアビークルを添加させていただきましたので、
エンジンオイル交換後はメカニカルノイズが減り、滑らかなエンジンフィールとなりました。

DSC09179.jpg

DSC09180.jpg

DSC09181.jpg
デフオイルが劣化しておりましたので、交換をさせていただきました。
デフオイル交換時には、ストレーナーを取り出し清掃をしてから組付けます。

アストンマーティンのDB9やRapideなど、12気筒エンジンのATモデルは、
デフオイルが劣化すると、旋回時に異音がすることがありますので、定期的な交換がおすすめです。

DSC09171.jpg

DSC09172.jpg
ブレーキフルードの交換をさせていただきました。
ブレーキフルードは走行距離に関係なく、劣化してしまいますので、定期的なメンテナンスをおすすめしております。

DSC09018.jpg

DSC09012.jpg

DSC09013.jpg
車両を清掃しながら復元。
ホイールナットが劣化してしまっていましたので、全数を新品へ交換させていただきました。

また、各モジュール内へ入力されている故障コードをクリアし、
メーター内に点検時期を知らせる、サービスインターバルをリセットさせていただきました。

19199485-4532-4354-A3C9-28A8176FCF7F.jpg
各部最終チェックを行い、バッテリーなどのコンディションを整えお客様の元へお車をお返しさせていただきました。
この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(車検整備)

ASTON MARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(車検整備)になります。

DSC08809.jpg

DSC08810.jpg

DSC08811.jpg

先ずは各部機能チェックを実施。
普段お客さまがお使いになる機能が正常に作動することを確認します。

確認をしていると、後付けのナビゲーションのモニターが消えてしまい使えない状態となっておりました。
モニター廻りを分解すると、ナビ裏の配線が抜け落ちてしまっておりました。

アストンマーティンのモニターは回転して開閉するタイプが多く、
ハーネスへの負担が大きい為、稀ではありますがこの様なことがあります。

弊社では、点検や車検の際には点検項目だけでなく、普段お使いになる機能のチェックなども行っておりますので、
是非お任せいただければと思います。

DSCN1829.jpg

DSC08815.jpg
アストンマーティン専用テスタにてモジュールへの故障コードの入力の有無を確認。
クラッチの摩耗状態やエンジンの学習値なども点検します。

また、バッテリーの状態を点検。
電圧だけでなく、内部容量を測定できる測定器を使用し状態を点検します。

63557E71-0BE4-4ADB-B1F0-866359414242.jpg

DSC08816.jpg

DSC08823.jpg

DSC08829.jpg
エンジンルーム内の点検を行っていきます。
エンジンオイルや冷却水、ブレーキフルードなど、各油脂の量や状態を目視や測定器を用いて点検。
ホース類に亀裂がないことやオイル漏れなどないことを点検します。

また、冷却水にはワコーズ社のクーラントブースターを添加。
こちらの添加剤は、経年により失われる冷却水の防錆・防食・消泡性能を復活させることができますので、
定期的に添加をすることで、冷却水の交換サイクルを伸ばすことができます。

DSC08817.jpg

DSC08819.jpg

DSC08820.jpg

DSC08822.jpg
前回交換より、走行距離が少なかった為、今回はオイルフィルターは交換せず、
エンジンオイルのみの交換させていただきました。
交換時に使用するドレンボルトなどの消耗品は、全てアストンマーティン純正品を使用しておりますので、
安心してお任せいただければと思います。

DSCN1824.jpg

DSCN1825.jpg
パワーステアリングフルードが汚れてしまっていましたので、交換をさせていただきました。
交換後は滑らかなステアリングフィールとなりました。

DSC08824.jpg

DSC08825.jpg

DSC08826.jpg
ブレーキフルードが劣化していましたので交換をさせていただきました。
ブレーキフルードは、走行距離に関係なく劣化してしまいますので、2年(車検)毎の交換がおすすめです。

DSC08827.jpg

DSC08828.jpg

DSC08830.jpg
ホイールやブレーキ廻りなど、各部を清掃しながら復元。
車両をリフトから降ろします。

1B358A23-B162-48C6-A12D-C4B0CA3C0483.jpg
ヘッドライトの向きなど、保安基準に適合するよう各部を調整。
車検を更新します。

DSCN1828.jpg

C43580D1-E66C-44EF-9C26-E98F9F380017.jpg
最後に各整備箇所を再度チェックしながら復元。
メーター内に点検時期を知らせるサービスインターバルをリセットしお客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN Virage メンテナンス(12ヵ月点検・液晶画面表示不良 修理・シート作動不良 修理)

ASTON MARTIN Virage メンテナンス(12ヵ月点検・液晶画面表示不良 修理・シート作動不良 修理)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
灯火廻りやエアコンなど普段お客様がお使いになる機能が正常に作動することを確認します。

DSC08288.jpg
エアコンの作動を確認しようとすると、エアコン操作部の液晶が何も表示されていませんでした。
風量や温度のノブは動かすと正常に作動していましたので、
液晶部(ICM)の不具合を疑い、弊社にある予備部品を仮に取り付け動作確認を実施。
予備部品に付け替えると正常に表示されましたので、お客様へ状況をお伝えし、部品を注文させていただきました。

DSCN1847.jpg

DSCN1846.jpg

DSCN1849.jpg

DSCN1853.jpg

3F8948BC-0139-4C7A-8B99-2B63889EC1E7.jpg
部品が到着しましたので、交換を行っていきます。
交換は、慎重にセンターコンソールなどからアクセスしフェイシアパネルを取り外していきます。

交換するだけでは、内部のソフトウェアが車両の仕様と一致しない為、正常に作動しませんので、
アストンマーティン専用テスタにてモジュールの書き換えを行います。

作業後は液晶部も正常に表示されるようになり、エアコンの操作やオーディオの操作ができるようになりました。

BB87C2F0-B37D-4CDE-9329-92BDD29F2A18.jpg

614A58E5-8E92-441D-BEFB-63697587DE93.jpg
また、機能チェックの際、運転席のシートの前後もほとんどしなくなってしまっていました。
シートレール付近に異物などが詰まってしまっていないことを確認し、
アストンマーティン専用テスタにて、シートポジションの再学習の手順を実施。
再学習後は、全ての方向に正常に作動するようになりました。

アストンマーティンのパワーシートは、バッテリー上がりなどしてしまうと、
年式によっては専用のテスタを使い再学習する必要があります。
シートやウィンドウの作動に不具合が出てしまった時は、お気軽に弊社スタッフまでご相談ください。

DSC08234.jpg

DSC08233.jpg

DSC08232.jpg

1D9C9C13-DA6E-46F2-BEC0-7666978B89FB.jpg
12ヵ月点検作業を継続していきます。
点検時には、アストンマーティン専用テスタにて各モジュールへの異常なコードの入力の有無や、
エンジンルーム内の油脂やホース類の状態の点検。
車両をリフトアップしての、下廻りの締め付け状態やブレーキ廻りの点検を行っていきます。

DSC08243.jpg

DSC08248.jpg
エンジンオイルが汚れていましたので、エンジンオイルとオイルフィルターを交換させていただきました。
交換時に使用する消耗部品は全てアストンマーティン純正部品を使用しておりますので、安心してお任せ下さい。

DSC08249.jpg

DSC08237.jpg

DSC08238.jpg
各部を清掃しながら車両を復元。
点検後は、メーター内に点検時期を知らせるサービスインターバルをリセットします。

34980473-8EAF-4B49-9AFD-658582EF6A11.jpeg
最後に、各部のコンディションを整えお客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。