OFFICIAL BLOG

ブログ

ASTON MARTIN DB9 メンテナンス(12ヵ月点検・チェックエンジンランプ点灯 診断 修理・エンジン整備)

ASTON MARTIN DB9 メンテナンス(12ヵ月点検・チェックエンジンランプ点灯 診断 修理・エンジン整備)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
灯火廻りやラジオなど、普段お客様がお使いになる機能が正常に作動することを確認します。

DSC00058_20210326182245a73.jpg

DSC00077.jpg

DSCN2358.jpg

DSCN2360.jpg
入庫時からメーター内にはチェックエンジンランプが点灯し
“EMISSION SYSTEM SERVICE REQUIRED”
と表示されていましたので、アストンマーティン純正テスタにて故障コードの読み込みを行いました。
すると、O2センサーの波形は大きく乱れてしまっており、吸排気関連のコードがいくつか入っていましたので、
関連性のある部品を実際に確認していくこととしました。
※メーターの言語設定を日本語に設定している場合は”ハイキシステム ハヤイジキニ テンケンヒツヨウ”と表示されます。

DSCN2353.jpg

DSC00195_20210326182311f17.jpg
エアクリーナーの状態を点検。
予想通り、汚れてしまっていました。
アストンマーティンの12気筒エンジンは左右にエアクリーナーが取りつけられているのですが、
外側が吸気により汚れるだけでなく、エンジン内からの吹き返しによるオイルでの汚れが起きていることが多く、
エアクリーナー自体が湿ってしまいスムーズに吸気できずエンジン不調やチェックランプ点灯の原因となりますので、
定期的な点検と交換がおすすめです。

今回は清掃では対応しきれない状態でしたので、左右共に交換をさせていただきました。

DSC00196.jpg

DSC00202.jpg

DSC00203.jpg
また、エアクリーナーを取り外した際、エアクリーナーのすぐ上に取りつけられている
エアフロメーターの状態も確認させていただきますと、こちらも吹き返しによる汚れがありましたので、
エアフロメーターを取り外し清掃させていただきました。

こちらのセンサーは、吸入空気量の計量や吸気温度の測定をする重要な役割がありますので、
定期的な清掃をすることでトラブルを予防することができます。

DSC00061.jpg

DSC00066_20210326182253c8e.jpg

DSC00062.jpg

DSC00063.jpg
O2センサー関連のコード入力があり、波形もレスポンスが悪く、特性のズレがみられましたので、
該当箇所のO2センサーを交換させていただきました。

今回は波形の乱れが大きかった為、O2センサーを取り外した際、触媒の状態をマイクロスコープにて点検。
若干ではありますが、触媒の一部が崩れてしまっていることを確認しましたが、
大きく崩れているわけではありませんでしたので、新品のO2センサーを取り付け復元させていただきました。

触媒コンバーターは、イグニッションコイルの不良などにより、失火した状態のまま走行してしまいますと、
発熱により崩れていってしまい、交換となってしまいますので、エンジンが振動するなどの不調があった場合には、
なるべく早めの修理が必要となります。

DSC00057.jpg
最後に、スロットルバルブの汚れによるチェックランプ点灯も珍しくありませんので、
スロットルバルブも取り外し清掃。
復元時にはOリングも純正新品へ交換させていただいております。

DSC00076.jpg
復元後は故障コードをリセットし、ロードテストにてアストンマーティンの定めるドライブサイクルを実施。
故障コードが再入力していないことや、波形にも異常がないことを確認しチェックランプの修理完了となりました。

DSC00073_20210326182307d3f.jpg

DSC00048.jpg

DSC00047.jpg
エンジンルーム内の点検を行っていると、ベルトが劣化しヒビが入ってしまっていましたので、交換をさせていただきました。
交換時には、走行距離も多かった為、プーリーやテンショナーなども同時に交換させていただき、安心してお乗りいただけるお車となりました。

DSC00043.jpg

DSC00050.jpg

DSC00051.jpg
エンジンオイルが劣化していましたので、交換をさせていただきました。
オイル交換時に必要なドレンボルトやオイルフィルターなどの部品は、全て品質の高いアストンマーティン純正品にて交換をさせていただいております。
また、オイル充填時にはワコーズ社のスーパーフォアビークルを添加させていただき、メカニカルノイズが減り、滑らかなエンジンフィールのお車となりました。

DSC00072_20210326182306a58.jpg

DSCN2356.jpg
お客様より、ドアダンパーの交換をご依頼いただきましたので、ドアダンパーを交換。
また、室内より走行中に異音がするとのことで、点検させていただくと、定番箇所のナットが外れ、
内部で遊んでしまって音が出ていましたので、しっかりと緩まないように固定し、快適にお乗りいただける状態となりました。

DSC00069_20210326182302ecb.jpg

DSC00070_2021032618230451f.jpg

DSC00053.jpg

DSC00054.jpg

DSC00044.jpg

DSC00046.jpg
最後に、アンダーカバーやローター、ホイール裏などを清掃しながら復元。
ローターは錆が多く出てきていましたので、錆を落とした後、耐熱ペイントにて塗装をさせていただきました。

CBA47396-C11C-402F-9F50-A24E75466BCE.jpg
最後に各整備箇所を再度確認し、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。
この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(車検整備)

ASTON MARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(車検整備)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
灯火廻りやエアコンなど、普段お客様がお使いになる機能が正常に作動することを確認。
アストンマーティン純正テスタにて故障コードの有無も点検していきます。

DSC01527.jpg

DSC01530_20210319172456ebe.jpg

DSC01531_20210319172458b7d.jpg

DSC01533_20210319172459288.jpg

DSC01534_20210319172501167.jpg
エンジンルーム内の点検を行っていきます。
エンジンルームでは、ベルトやホースの状態や、各油脂類の量や汚れなどを点検していきます。
油脂類の点検は目視での点検に加え、各測定器を使用し数値にて確実に状態を判断させていただいております。

DSC01562_20210319172508487.jpg

DSC01569.jpg

DSC01566.jpg

DSC01568.jpg

DSC01574.jpg
エンジンオイルが劣化していましたので、エンジンオイルとオイルフィルターを交換をさせていただきました。
V8 Vantageはドライサンプ式となりますので、エンジンオイルは複数個所から抜く必要があります。
ややオイルの滲み箇所が見受けられましたので、オイル充填時には、ワコーズのパワーシールドを添加させていただきました。

オイル交換後は、滑らかなエンジンフィールのお車となりました。

2947A514-B51D-48C2-88E3-5A3E8CA582BD.jpg

DSC01578.jpg

DSC01584.jpg

DSC01586.jpg
リアのブレーキパッドが摩耗していましたので、
お客様へ状況をお伝えし、弊社オリジナルのブレーキパッドへ交換をさせていただきました。
V8 Vantageのブレーキパッドは、残量が少なくなってくると、磨材を固定するピンが出てきてしまい、
ローターにダメージが出てしまいますので、見た目では残量が残っていても、早めの交換をおすすめさせていただいております。

DSC01524.jpg

DSC01555_20210319172505c31.jpg

DSC01559_202103191725073ec.jpg
その他点検箇所を点検し、必要な消耗品を交換させていただきました。
車種によってはキーのバッテリーが交換しにくいものもありますので、
点検や車検で入庫していただいたお車は、キーのバッテリーの状態も点検させていただいております。

DSC01583.jpg

DSC01587_20210319172533114.jpg

27348D6E-9166-41E2-B32B-3009369F5191.jpg
ホイールの裏側など、各整備箇所を清掃しながら復元。
車検時に必要な調整箇所を調整させていただき、車検を更新させていただきました。

DSC01552.jpg

DSC01554.jpg

EDFEBF1D-3B3F-4DF1-AA82-FF0BF80A997A.jpg
最後にバッテリーの充電など、お車のコンディションを整え、各種添加剤を添加。
お客様の元へお車をお返しさせていただきました。
この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN V8 VANTAGE チェックエンジンランプ点灯 診断・修理

ASTON MARTIN V8 VANTAGE チェックエンジンランプ点灯 診断・修理になります。

DSC00171.jpg
お客様より警告灯(チェックエンジンランプ)が点灯し、
メーター内に”ハイキシス ハヤイジキニ テンケンヒツヨウ”というメッセージ出たということで、
修理のご依頼をいただきました。

DSC01356.jpg

DSC01354.jpg

DSC01355.jpg
アストンマーティン純正テスタを接続し、故障コードを読み出すと、
“P0133″という、O2センサーの劣化を示す故障コードが入力していました。

DSC01361.jpg
テスタの機能で、O2センサーの波形を確認すると、
反応が悪くO2センサーの交換が必要な状態でしたので、お客様へ状況をお伝えし、
O2センサー全数の交換をさせていただくこととなりました。

DSC00177_20210315191634d5b.jpg

DSC00180_20210315191638bda.jpg

DSC00181_20210315191640c6e.jpg
DSC00178.jpg

DSC00179_20210315191637430.jpg

DSC00183_202103151916435d3.jpg
触媒を取り外しO2センサーを交換。
O2センサーだけの交換であれば触媒自体を取り外さなくても交換は可能なのですが、
下流センサーの波形も良い状態ではありませんでしたので、念の為触媒を取り外し、
触媒の状態も目視にて確認をさせていただきました。

確認すると、触媒にダメージはなく問題ありませんでしたので、必要なガスケット類を新品に交換し復元しました。

DSC00191.jpg
復元後は、エンジンを始動し再度波形を確認。
センサーのレスポンスも良く、良好なセンサー出力となりました。

DSC01362.jpg

DSC00175_20210315191633775.jpg

DSC00174_202103151916328f6.jpg
また、診断中にエンジンを掛けていると、不定期にエンジンが振動していることがありましたので、
再度別の波形にて、ミスファイヤのカウンターを表示すると、失火のカウントが上がってきている部分がありましたので、
こちらもお客様へ状況をお伝えし、イグニッションコイルの交換をさせていただきました。

交換後は不定期な失火がなくなり、安定したアイドリングとなりました。

DSC00186_20210315191643439.jpg

52D872EE-18A5-4C93-8D8A-10CB67F5D946.jpg
各所を復元後は、各モジュールのリセットを行い、
バッテリーなど、お車のコンディションを整え、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN V8 VANTAGE タイヤ 交換・フューエルフラップ開かない 修理

ASTON MARTIN V8 VANTAGE タイヤ 交換・フューエルフラップ開かない 修理になります。


タイヤ交換のご依頼でご入庫いただきました。
今回初めてご入庫されるお客様だったのですが、事前に弊社ホームページのお問い合わせフォームよりお問い合わせいただきました。
その際に、タイヤのサイズや銘柄など打ち合わせさせていただきましたので、タイヤが入荷したタイミングでご来店いただき、お待ちいただいてのタイヤ交換作業をさせていただきました。

DSC00098.jpg

DSC00114.jpg

DSC00116_202103101814551a9.jpg

DSC00117_20210310181457f55.jpg

DSC00105.jpg

DSC00106_2021031018144613d.jpg

DSC00118_202103101814585db.jpg

DSC00119.jpg
タイヤ交換の際は、タイヤをホイールから取り外し、エア漏れなどないようタイヤの取り付け部を含め清掃、きちんとバランス調整を行いお車に組み付けていきます。

DSC00110_20210310181451dbd.jpg

DSC00111.jpg
また、フューエルフィラーフラップ(給油口)が開かない時があるとのことで、調整と給油をさせていただきました。
この頃のアストンマーティンは給油口が開かなくなるトラブルは珍しくないのですが、車種や年式により対応が異なります。
フューエルフラップが開かない場合は調整や加工、対策品などで対応できますので、お気軽にお問い合わせください。

DSC00101.jpg

DSC00103.jpg

DSC00104.jpg

DSC00107.jpg

DSC00108_2021031018144922c.jpg

0A5CC28C-34A7-46F3-83F8-C997CAF07201.jpg
給油口のドレンパイプのフィルターが汚れ、詰まってしまっていましたので清掃をさせていただき作業完了となりました。

この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN V8 VANTAGE N430 テールレンズ浸水 修理・チェックエンジンランプ点灯 診断

ASTON MARTIN V8 VANTAGE N430 テールレンズ浸水 修理・チェックエンジンランプ点灯 診断になります。

FF3C11BD-4CD8-4692-A454-9880C4D7D34D.jpg
お客様よりテールレンズ内部に水が入ってしまっているとのことで修理のご依頼。
来店の際にメーター内にチェックエンジンランプが点灯してしまったとのことで、そちらも同時に診断させていただくこととなりました。

DSCN2224.jpg
テールレンズの浸水を確認したところ、水が多く入っているようで、水滴で内側から曇ってしまっていました。

6927F61C-A2FF-4C1F-8453-EA3A5AE62B7C_202102161015089c0.jpg

DSCN2276.jpg
早速取り外し、漏れ箇所を特定していきます。
本体とレンズが若干剥がれてしまっている場所が確認できましたので、内部の水を抜き内部を乾かしていきます。

DSCN2277.jpg

DSCN2279.jpg

AB9DF26C-2FFB-4FE0-9F43-170BB71574AE.jpg
内部を十分乾燥した後は、接合部をシーリングし、テールレンズ取り付け部のシールを純正品の新品へ交換。
車両に取り付けた後、シャワーテストにて水が入らないことを確認し、修理完了となりました。

DSCN2280.jpg

140D7CD9-3020-4487-AAC0-7BBBE581534C.jpg

DSCN2282.jpg
次にチェックエンジンランプの診断を進めます。
アストンマーティン純正テスタにてエンジンコントロールユニット内部の故障コードを読み出すと、スロットルバルブに関するコードが入力していました。
念の為、スロットルバルブの電圧値などを確認。
現状は作動に異常がありませんでしたが、V8 Vantageでのスロットルバルブ本体の故障は珍しくはない為、お客様へ状況をご説明。
今回は一度様子をみるとのことでしたので、故障コードを消去し様子をみていただくこととなりました。

BE9F9FF2-836F-4F8D-B3F6-20624E9E620A.jpg
最後に各整備箇所を再度確認。お客様の元へお車をお返しさせていただきました。
この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN DB11 ブレーキ鳴き修理

ASTON MARTIN DB11 ブレーキ鳴き修理になります。


お客様よりブレーキ鳴きがするとのことで、鳴き止め対策のご依頼をいただきました。

DSC01310_20210212194326cfa.jpg

DSC01312.jpg

DSC01309.jpg

DSC01311_20210212194327a1a.jpg
走りはじめに鳴きがよく出るとのことだったのですが、
今回は、お客様に来店していただき、お待ちいただいている間の作業でしたので、
すでにブレーキ鳴きはほとんど確認できない状態となっており、前後の特定ができない為、
前後共に鳴き止めの対策をさせていただくこととなりました。

早速車両をリフトアップし、ブレーキパッドを取り外します。

DSC01313_20210212194330bc4.jpg

DSC01316.jpg
取り外したブレーキパッドは、面取りや清掃、鳴き止め剤の塗布などを行います。

DSC01314_20210212194332417.jpg

DSC01319.jpg

DSC01318_2021021219433600c.jpg

DSC01320.jpg
キャリパーや金具類を清掃・給油しながらブレーキパッドを組み付けます。

DSC01317_2021021219433519b.jpg

DSC01321.jpg

A3907B68-7EC1-41EC-9546-855C6CE3D276.jpg
ホイールを清掃しながら組み付け、車両をリフトから降ろします。
ロードテストにてブレーキの当たりをつけ、ブレーキ鳴きがないことを確認し、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。
この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。

☆弊社では、エンジンオイル交換やブレーキパッドの交換など、お待ちいただいての作業を行っております。
事前に必要部品などを準備いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

ASTON MARTIN DB9 メンテナンス(12ヵ月点検・エンジン整備・ブレーキ整備)

ASTON MARTIN DB9 メンテナンス(12ヵ月点検・エンジン整備・ブレーキ整備)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
灯火類やワイパー、エアコンなど、普段お客様がお使いになる機能が正常に機能することを確認。

アストンマーティン純正テスタにて故障コードの入力の有無を点検します。

DSC00468_202101221926595a5.jpg

DSC00477.jpg

DSC00482_202101221927143be.jpg

DSC00513.jpg
エンジンオイルが汚れてしまっていましたので、エンジンオイルとオイルフィルターを交換させていただきました。
オイル充填時にはワコーズ社のスーパーフォアビークルを添加。

メカニカルノイズが減り滑らかにエンジンフィールのお車となりました。

DSC00479.jpg

DSC00480.jpg

DSC00481.jpg
デフオイルが劣化していましたので、デフオイルの交換をさせていただきました。
DB9のデフにはストレーナーが取り付けられていますので、
清掃し、純正のOリングを交換し組み付けます。

DSC00467_20210122192657fa9.jpg

DSC00469_202101221927009e2.jpg

DSC00475_20210122192706ef8.jpg
ブレーキフルードの交換をさせていただきました。
ブレーキフルードは経年により吸湿してしまいますので2年(車検)毎の交換がおすすめです。

DSC00511_202101221927413b0.jpg

DSC00473.jpg

DSC00474.jpg

DSC00472_2021012219270240b.jpg
エアコンフィルターやワイパーブレードなど、その他の消耗品を交換。
ホイールの裏側やブレーキ廻りなどを清掃し車両を復元します。

DSC00486.jpg

DSC00487_202101221927220a6.jpg

DSC00514.jpg

DSC00515.jpg

32780A54-5992-448F-B909-08D9FFB83894.jpg
メーター内に点検時期を知らせるサービスインターバルをリセット。
キーバッテリーの交換や、燃料に添加剤を充填。
バッテリーなどのコンディションを整えお客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN V8 VANTAGE N400 診断・修理 (チェックエンジンランプ点灯・エンジンより異音)

ASTON MARTIN V8 VANTAGE N400 診断・修理 (チェックエンジンランプ点灯・エンジンより異音)になります。

411BBB29-0E5D-4AF0-AE42-6E1CF2738D3A.jpeg
メーター内にチェックエンジンランプが点灯し”ハイキシステム ハヤイジキニ テンケンヒツヨウ”のメッセージが表示されるとのことで
診断と修理のご依頼をいただきました。

実際に入庫した際、お車を診させていただくと、不定期にエンジンルームより”カタカタカタ”という音が出ておりました。
この音は、何台ものアストンマーティンを修理させていただいている弊社メカニックの経験から、
スロットルバルブが故障している時に出る音と判断しました。

また、アストンマーティン純正テスタにて診断すると、
吸入空気量の制御に異常があることを示す故障コードが入力しておりましたので、
お客様へ状況をお伝えし部品を注文させていただき、お車の状態も軽症ではあったので、一度お返しさせていただきました。

DSC00498.jpg

DSC00499.jpg

DSC00500.jpg

DSC00501.jpg
部品入荷後、再度お客様へ来店していただき、お待ちいただいての作業にて修理をさせていただきました。
スロットルバルブ交換時には、インレットマニホールド内の清掃などを行いながら実施。
交換後には、故障コードをリセットし、再入力がないことや、異音がしないことを確認し修理完了となりました。

DSC00502.jpg

DSC00503_20201223185732255.jpg
お客様のご要望により、メーター内に点検時期を知らせるサービスインターバルのリセットを行わせていただきました。
リセットにはアストンマーティン純正テスタが必要となりますので、
メーター内に各種メッセージが出ている場合などは、お気軽にお問い合わせください。

DSC00504_20201223185734a00.jpg

411BBB29-0E5D-4AF0-AE42-6E1CF2738D3A.jpeg
最後に、清掃しながら再度整備箇所に異常がないことを確認。
お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(12ヵ月点検・エンジン整備・ブレーキ整備・駆動系整備)

ASTON MARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(12ヵ月点検・エンジン整備・ブレーキ整備・駆動系整備)になります。

DSC00364.jpg
先ずは各部機能チェックを実施。
アストンマーティン純正テスタにて各モジュールの状態を診断。
灯火廻りやエアコンの効き、給油口の開閉の状態など、普段お客様が使う機能が正常に使えることを確認します。

DSC00288.jpg

DSC00289.jpg

DSC00290.jpg
V8 Vantageの給油口は運転席のボタンにて電動で開けることができるのですが、
ボタンを押しても開かなくなってしまうことがあります。

今回は車体側のマウントとのクリアランスが狭くなってしまい、
開きにくい状態となっていましたので、加工と調整にて対応させていただきました。

また、給油口周辺には水抜きのドレンがあるのですが、ドレンフィルターが汚れてしまっており、
詰まり気味でしたので、こちらは清掃をさせていただきました。

DSC00318_20201218194635b19.jpg

DSC00315_2020121819463437f.jpg
DSC00313.jpg

DSC00312.jpg

DSC00310_20201218194629322.jpg
エンジンルーム内の点検を行います。
エンジンルーム内では、エンジンオイルやパワーステアリングフルード、冷却水など、
油脂類の量や状態を目視や測定器を用いて点検します。
また、ホース類などに亀裂がないことや、オイル漏れなどがないことも確認します。

DSC00341_202012181927140dd.jpg

DSC00347_202012181928209b9.jpg

DSC00354.jpg
エンジンオイルが劣化し汚れてしまっていましたので、オイルフィルターを含め交換をさせていただきました。
エンジンオイル交換時に必要なOリングやボルトなどは全て品質の高いアストンマーティン純正品を使用しておりますので、
安心してお任せください。

DSC00367.jpg

DSC00368.jpg

DSC00399_20201218194637658.jpg

DSC00369.jpg
ミッションオイルに交換歴がありませんでしたので、交換をさせていただきました。
V8 Vantageの場合、ミッションとデフが一体構造(トランスアクスル)となっておりますので、オイルが共通となります。
劣化すると、ギアの入りの悪さやデフの異音の原因となりますので、定期的な交換がおすすめです。

今回は、交換時にギアの入りをよくする為の添加剤を添加させていただきました。

DSC00300_20201218192658625.jpg

DSC00302.jpg

DSC00304.jpg
リアブレーキパッドが摩耗してしまっていましたので、お客様へ状況をお伝えし、
弊社オリジナルブレーキパッドへ交換をさせていただきました。

弊社では、純正はもちろん、アストンマーティン各車種に対応したオリジナルブレーキパッドのご用意もあります。
詳しくは、弊社スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

DSC00306_20201218194627f37.jpg

DSC00406.jpg

DSC00407.jpg
お客様よりバッテリー交換のご用命をいただきましたので交換をさせていただきました。
バッテリーは唯一走行距離と反比例して劣化のしやすい消耗品となります。
交換せずに長くしようしていると、突然エンジンが掛からないなど、トラブルのもとになってしまいますので、
定期的な状態のチェックと交換がおすすめです。

DSC00326.jpg

DSC00327_20201218192707fee.jpg

DSC00328.jpg

DSC00334.jpg

DSC00340_20201218192713e18.jpg
普段お客様が清掃しにくいホイールの裏側やブレーキキャリパー、エンジンルームなどを清掃。
各整備箇所を再度確認し、お車をリフトから降ろします。

DSC00309.jpg

8CF1B6EC-804F-4B1E-AA03-FC7CD9A7A633.jpg
メーター内に点検時期を知らせるサービスインターバルをリセット。
お車のコンディションを整え、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN Vanquish メンテナンス (12ヵ月点検整備)

ASTON MARTIN Vanquish メンテナンス (12ヵ月点検整備)になります。

DSC09704.jpg
先ずは各部機能チェックを実施。
灯火廻りやエアコンの効きなど、普段お客様がお使いになる機能が正常に作動することを確認します。
また、アストンマーティン純正テスタにて、各モジュールへの故障コードの入力の有無を点検します。

DSC09661.jpg

DSC09662.jpg

DSC09664.jpg

DSC09666.jpg

FC0B46BA-CB6E-4A97-A249-FEC9BC49EE41.jpg
エンジンルーム内の点検を行っていきます。
エンジン廻りではホース類などに亀裂がないことや、
エンジンオイルや冷却水などの油脂類の量や状態を目視や測定器を用いて点検します。

DSC09673.jpg

DSC09676.jpg

DSC09683.jpg

DSC09674.jpg
エンジンオイルが劣化していましたので、交換をさせていただきました。
エンジンオイル交換時に使用する部品は全てアストンマーティン純正部品を使用しておりますので、
安心してお任せいただければと思います。

DSC09671.jpg

DSC09672.jpg
ブレーキフルードが劣化していましたので、交換をさせていただきました。
ブレーキフルードは走行距離だけでなく、お車の保管の状態や経年により吸湿し、
劣化してしまいますので、定期的な交換(2年毎)がおすすめです。

DSC09799.jpg

DSC09802.jpg

DSC09804.jpg
デフオイルの交換歴がありませんでしたので、交換をさせていただきました。
抜いた古いデフオイルは汚れてしまっており、マグネット付きのドレンボルトにも汚れが多く付着していました。
新しいデフオイルの注入後は、気持ちよく乗っていただけるお車となりました。

DSC09681.jpg

DSC09682.jpg
ブレーキキャリパー廻りやホイールの裏側など、
普段お客様が清掃しにくい箇所なども清掃をさせていただきながら車両を復元。
お車をリフトから降ろします。

DSC09663.jpg

DSC09646.jpg

E8E278A8-27FE-43AC-AD56-C727A9D64A4D.jpg
最後に、各整備箇所に異常がないことを再度確認し、必要な添加剤などを注入。
バッテリー充電などお車のコンディションを整え、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。