OFFICIAL BLOG

ブログ

ASTONMARTIN V8 Vantage S 車検整備(24ヶ月点検)

ASTONMARTIN V8 Vantage S 車検整備(24ヶ月点検)になります。


先ずは各部の機能が正常に作動することを確認。
ロードテストにて異音などの点検を行い、お車をリフトへセットします。

DSC02514a.jpg

DSC02517a.jpg

DSC02520a.jpg
アストンマーティン専用テスタにて各部のモジュールを診断。
エンジンの学習値の確認や、クラッチの摩耗具合などを点検します。

クラッチの滑りを感じる方や変速が遅いなど違和感を感じる場合は、
弊社のメカニックがロードテストにて確認するのはもちろん、
クラッチのデータを専用テスタにて確認し、
クラッチの状態をご案内させて頂きますので、お気軽に御相談ください。

4D5E634F-ECB8-4AC7-B348-254DF1A32FD7a.jpg

DSC02522a.jpg

91AFEFF4-9CC9-42BF-894D-ABED978706B7a.jpg
車両をリフトアップし、下廻りの締付具合やオイルの漏れがないかを確認。
各部の給油や清掃を行いながら復元していきます。

DSC02528a.jpg

DSC02524a.jpg

DSC02531a.jpg
ヘッドライトの向きなどを調整し車検の検査へ。
車検を更新した後、バッテリーのコンディションを整えお客様への納車に備えます。

F002DA03-CC86-474A-86BE-0A584287654Ba.jpg

C3BBA10E-939B-4F7E-BDE0-A60F71197391a.jpg

DSC02516a.jpg
最後に完成検査を行い、サービスインターバルのリセットを行います。
クラッチポジションなどの再学習の後、各部を清掃しお客様へお車をお返しとなります。
変速のフィーリングも向上し、より気持ちの良い乗り味のお車に仕上がりました。

今回も御入庫いただき誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN DB11 メンテナンス(12ヶ月点検)

ASTONMARTIN DB11 メンテナンス(12ヶ月点検)になります。

84DEBFD2-B622-4391-B601-4B7DC06EBFE0.jpg

DSC02602.jpg
まずはロードテストと各部の機能チェックを実施。
リフトアップし、各部の点検をすすめていきます。
DB11は、各部のつくりがより洗練され、整備性もよくなっている印象です。

DSC02596_20191011205126bcb.jpg

DSC02598.jpg

DSC02599.jpg

DSC02601.jpg
エンジンオイル、オイルフィルターの交換です。
DB11の消耗部品もアストンマーティン純正部品にて交換させていただきました。

DSC02595.jpg

DSC02593.jpg

DSC02587.jpg

DSC02591.jpg

DSC02590.jpg
ブレーキフルードの交換です。
交換後は足廻りの清掃や給油を行います。
普段ホイールを外さなくては掃除しにくいホイールの裏側なども清掃させていただきます。

F677FF61-BEE0-41BC-A9D0-59A9C0A9DE4A.jpg

7216F9F3-02AB-413D-8BB0-408630572EC6.jpg

DSC02577_20191011205113df3.jpg

DSC02616.jpg

DSC02613.jpg
エンジンルームを清掃し、エアコンフィルターを交換。
バッテリー容量がやや低下していましたので、充電をさせていただきました。

DSC02578.jpg

DSC02579.jpg

DSC02580.jpg

E24A49DB-2143-4C26-B2A2-0D23E92AC14B.jpg
メーター内に点検時期を知らせるメッセージが出ていましたので、
サービスインターバルのリセットを実施。
再度各機能など完成チェックを行い、お客様へお返しさせていただきました。

この度は御依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(車検整備・シートベルト交換・異音修理)

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(車検整備・シートベルト交換・異音修理)になります。

先ずはライト廻りの確認などの機能チェック。ロードテストを行い各部に異常がないことを確認します。
DSC02470.jpg

DSC02472.jpg
アストンマーティン専用テスターにて診断。各モジュールのトラブルコードを読み込みます。
今回は異常なコードの入力はありませんでしたので、すべてのモジュールのコードをクリアさせていただきました。

DSC02459.jpg

DSC02460.jpg

DSC02461.jpg
マフラーバイパスバルブのポンプの作動音が止まらなくなっていましたので状態を確認。
劣化によりホースが裂けてしまい抜けてしまっていましたので、
ダイアフラム手前のホースを、左右共交換させていただきました。

本来でしたら、一定圧でポンプの作動が停止するのですが、リークなどの異常があると、
作動しっぱなしになり、ポンプ自体が故障してしまい、費用も多くかかってしまいますので早めの修理がおすすめです。
点検時には記録簿の内容以外にも、車種特有のポイントも点検させていただいております。

DSC02501.jpg

DSC02500.jpg

DSC02508.jpg
シートベルトのほつれてしまい、巻き取りもスムーズにできない状態になってしまっていました。
バラして内部を確認しましたが、直接安全に関わる部品ですので、シートベルトの交換にて対応させていただきました。

DSC02506_20191008194745a21.jpg
DSC02507.jpg
走行中異音がするとの御用命をいただいていましたのでロードテスト。
右のドア内張りの前側が割れて固定ビスが効かない状態でしたので修理をさせていただきました。

DSC02481.jpg

DSC02480.jpg

DSC02482.jpg

DSC02484.jpg

DSC02485.jpg

DSC02487.jpg
フラッシングトリートメント実施後、オイルを交換させていただきました。
エンジン廻りの交換部品はアストンマーティン純正を使用。
ドライサンプエンジンですので、サンプタンクとエンジンの下側よりオイルを抜き取ります。

DSC02494.jpg

DSC02496.jpg

DSC02497.jpg

DSC02502.jpg

DSC02503.jpg

DSC02505.jpg
各消耗品の点検と交換を実施。
各部リフレッシュされ、気持ちよくのって頂けるお車に仕上がっていきます。

DSC02489.jpg

DSC02490.jpg

FFB8759D-C8C6-430B-8142-4E87AA8334E1.jpg

DSC02464.jpg

DSC02510.jpg
各部を復元し、確認しながら清掃をしていきます。
バッテリー容量がやや低下していましたので、充電をさせていただきました。

DSC02456.jpg

DSC02473.jpg

A859FD37-A27F-4795-A913-F3E2A1E50A8F.jpg
ヘッドライトの向きなどを調整し車検ラインをクリア。
アストンマーティン純正テスタにてサービスメッセージをリセットし、お客様の元へお返しさせていただきました。
この度も御入庫いただき誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN V12 Vantage メンテナンス(エンジンオイル交換)

ASTONMARTIN V12 Vantage メンテナンス(エンジンオイル交換)になります。

車両をリフトに入れ、エンジンオイルの量と状態を確認。
ライト廻りの点検など簡単な機能チェックも行います。

DSC02546.jpg

DSC02545.jpg
車両をリフトアップした後、カバー類を取り外し
オイル漏れなどの異常がないことを確認していきます。

DSC02534.jpg
DSC02536.jpg
エンジンオイルを抜き取りドレンボルトを交換します。
ドレンボルトはパッキン一体式の純正品を使用します。

DSC02538.jpg
DSC02539.jpg
DSC02541.jpg
DSC02544.jpg
DSC02543.jpg
オイルフィルターを取り外しますが、アストンマーティンの12気筒エンジンの中で
唯一オイルフィルターの取付方法が違うのが、このV12 Vantageになります。
オイルフィルターが上向きに取り付けられており、ネジ式のブリーダーが取り付けられていますので、
ホースなどを使うことで車両を汚さずにオイルフィルターの交換が可能でとても親切なつくりになっています。
しかし、取付位置が入り組んでおり、なおかつスロットルボディーの真下になりますので、
スロットルボディーを取り外しての交換が必要になります。
尚、V12 VantageSになりますと、ほかの12気筒エンジンと同じ取付方法になっております。

DSC02557.jpg

DSC02555.jpg
アストンマーティン純正テスタにて各モジュールのチェックをさせていただきました。
エンジンコントロールユニットに吸気系に関する故障コードが入っていましたので、
お客様へ内容を説明させていただきました。

DSC02554.jpg
AA8EED1B-9BD2-440A-8CDB-2B6FF0DC26D4.jpg
0F2034E3-5796-41D4-95D8-9322A615BD6C.jpg
バッテリーのコンディションを整え、各部を清掃。
お客様の元へお返しさせていただきました。
この度は、ご入庫いただき、誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN V8 VANTAGE ROADSTAR メンテナンス(12ヶ月点検・エンジン整備)

ASTONMARTIN V8 VANTAGE ROADSTAR メンテナンス(12ヶ月点検・エンジン整備)になります。

DSC02361.jpg
エンジンチェックランプの点灯とメーター内に
“ハイキシステム イジョウ”
が点灯しているとのことで、アストンマーティン専用テスタにて
エンジンコントロールユニットの故障コードを読み取ります。

DSC02363.jpg
“P0130″右バンクの上流側O2センサーの故障コードの入力を確認しました。
最近のV8 Vantageでのエンジンチェックランプ点灯の原因としては定番といえる故障のひとつです。

DSC02374.jpg

DSC02375.jpg

O2センサーは、構造上古くなると特性ズレなどが発生する部品でもありますので、
原因となるセンサーの反対も含め左右バンクの上流側のO2センサー両方を交換させていただきました。

DSC02377.jpg

DSC02366.jpg

DSC02369.jpg

DSC02370.jpg

DSC02372.jpg

DSC02373.jpg

DSC02378_20190924191443c54.jpg

DSC02379_201909241914443f9.jpg

DSC02381.jpg
定期点検での御入庫でもありますので、各油脂類の状態の確認と交換をさせていただきました。
オイルフィルターやドレンボルトなど純正部品にて交換させていただいております。

DSC02360.jpg

DSC02364.jpg

DSC02384.jpg
各部点検整備の後、専用テスタにてサービスインターバルのリセットと各故障コードの消去を行い、
ロードテストの後に故障コードが再入力しないことを確認します。

DSC02382.jpg

A5F00EF4-BAE5-43ED-A3AE-1DD576F2C672.jpg
最後に各部の清掃と機能チェックを行い、お客様の元へお返しさせていただきました。
この度も御入庫いただき誠にありがとうございました。

☆弊社では各種純正テスタを揃えておりますので、チェックランプの点灯などお気軽に御相談ください。

ASTONMARTIN V12 Vantage S メンテナンス(車検整備)

ASTONMARTIN V12 Vantage S メンテナンス(車検整備)になります。

DSC02387.jpg

DSC02388.jpg
先ずはアストンマーティン純正テスタにて診断。
各モジュールに異常なコードの入力がない事を確認していきます。

DSC02392_20190918205431282.jpg

DSC02393.jpg
車両をリフトアップし、消耗品の状態や各部品の締付状態、
油脂類の漏れなどがないかを点検します。
V12 Vantage Sはブレーキ廻りの性能はもちろんルックスの迫力も別格です。

DSC02396.jpg

DSC02402.jpg

DSC02403.jpg

DSC02476.jpg
エンジンオイルを交換させていただきました。
オイルフィルターやドレンボルトなどアストンマーティン純正部品での交換になります。
また、今回カムカバーよりオイルの滲みがありましたので、
ワコーズ社のエンジンパワーシールドを添加し様子をみていただくことになりました。

DSC02394.jpg

DSC02397.jpg

DSC02400.jpg

DSC02398.jpg

DSC02401.jpg

DSC02406.jpg
ブレーキフルードの交換とクーラントブースタの添加をさせていただき、
油脂廻りをリフレッシュさせていただきました。

DSC02422.jpg

DSC02425.jpg

DSC02426.jpg
エアコンフィルター、ワイパーブレードの交換です。
こういった消耗品を定期的に交換していただくことで、ドライブが快適になりますので、
点検や車検時には状態を確認させていただき、必要であれば交換をおすすめさせていただいてます。

DSC02415_20190927204850b4b.jpg

DSC02414.jpg

DF30B5B3-DAA1-49F1-B538-3A915897A34B.jpg

DSC02390.jpg

DSC02391.jpg
ヘッドライトの向きなどを調整し、車検ラインを通過。
各部を清掃しながら復元し、アストンマーティン純正テスタにてサービスインターバルのリセットを行います。

DSC02417.jpg

81EF8103-1E94-4EB1-A045-E4D05E96E829.jpg
各部機能チェックと完成検査を行い、お返し前にはバッテリーを充電させていただき、
コンディションを整えお客様へお返しとなりました。
この度は御入庫いただき誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(チェックランプ点灯・オイル交換)

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(チェックランプ点灯・オイル交換)になります。

チェックエンジンランプ点灯ということでしたので、
先ずはアストンマーティン専用テスタにて診断を実施します。

DSC01785.jpg

DSC01786.jpg

DSC01789_20190830184956678.jpg
左側上流O2センサーの反応が悪いということで波形を確認。
O2センサー自体の不良と判断し交換作業に移ります。

DSC01793_201908301849570b8.jpg

DSC01794_201908301849593fd.jpg

DSC01795_20190830185000e3d.jpg

DSC01796_20190830185002254.jpg

DSC01797_20190830185004ce5.jpg
異常を検知してしていたのは、左バンクの上流のみでしたが、
同じ時間使用しているセンサーですので、特性ずれなども考慮し、
予防を含め上流側のセンサーを左右共交換をさせていただきました。

DSC01798.jpg

DSC01799.jpg
エアフロセンサーの故障コードも入力していた為、
念の為、エアクリーナーやエアフロセンサーに異常な汚れなどないかを確認。
清掃後復元していきます。

DSC01800.jpg

881F0DA4-BC21-400D-BF71-61FC0BB2A49B.jpeg
最後に専用テスタにて、波形に異常がないことを確認。
エンジンオイルの交換もさせていただいた後、お客様へお車をお返ししました。
この度も御入庫いただき、誠にありがとうございます。

ASTONMARTIN DB9 メンテナンス(車検整備・シート修理・ミラーシール修理) ②

ASTONMARTIN DB9 メンテナンス(車検整備・シート修理・ミラーシール修理) ②になります。

4C6378E6-16D8-49D2-A3AF-2647AD5D4628.jpeg

DSC01909.jpg
ボンネットを開けた際に、保持できないということで、ボンネットダンパーを交換。
12気筒のエンジンルームは迫力があり眺めても楽しめます。
せっかくダンパーを交換していただきましたので、ついついエンジンルームの清掃にも力が入りました。

DSC01975.jpg

DSC01980.jpg

DSC01981.jpg

DSC01983.jpg

DSC01989.jpg
ドアミラーのシールが傷んできているとのことでしたので、シールを新品に交換。
一見地味な部品ですが、こういった細かい部分がきちんとしていると、
車全体の見栄えがぐっとよくなり、オーナー様のお車への愛着を感じます。

DSC01921.jpg

DSC02105.jpg

DSC02103.jpg

DSC02102.jpg
エアコンフィルターとワイパーリフィールも交換させていただきました。
ワイパー交換時にはメンテナンスポジションにしてから交換作業へ入ります。(意外と知られてないようです。)
ワイパーは切れていると車検不適合になってしまうので、要交換となりますが、
そういった場合以外でも、お車をお預かりした時の状態だけでなく、
“向こう一年ストレスなくきちんとした性能を維持できるか”ということも考慮し、
長持ちしない状態のものは交換をおすすめさせていただいています。

82B18DE7-F4B5-4B77-AF11-558CCBB0C847.jpeg
ヘッドライトの向きの調整などの他箇所整備完了。
車検ラインをクリアし、各部再チェック、清掃実施の後、お客様の元へご納車させて頂きました。
この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN DB9 メンテナンス(車検整備・シート修理・ミラーシール修理) ①

ASTONMARTIN DB9 メンテナンス(車検整備・シート修理・ミラーシール修理) ① になります。

DSC01713.jpg

先ずは御用命いただいた各項目の状態と機能を点検。
アストンマーティン専用テスタにて故障コードの有無なども確認していきます。

こちらのテスタはメンテナンス時はもちろん、不具合の診断にも強力なツールとなっております。
チェックランプの点灯や、体感的に違和感があるお客様はお気軽に御相談ください。

DSC01714.jpg

DSC01722.jpg

運転席シートバックが倒れないということで、可倒レバー部を分解点検。
内部が損傷していましたので、修理にて対応させていただきました。

DSC01883.jpg

DSC01881.jpg

CE95810B-320D-4429-9CEC-1AABFF89E494.jpeg

各油脂類の交換と下廻りの整備へ
弊社おすすめの添加剤を注入させていただきリフトアップしていきます。

DSC01885.jpg

DSC01897.jpg

DSC01891.jpg

DSC01900.jpg

エンジンオイルとオイルフィルターの交換です。
12気筒エンジンのオイルフィルターは奥まった所に取り付けられており、部品を取り外してアクセスします。
また、メンバーにオイルが垂れてしまうと完全に綺麗にするのは難しい為、
汚さない様、工夫をしてオイルフィルターを外していきます。

DSC01893.jpg

DSC01907.jpg

DSC01915.jpg

下廻りの整備を行い、ブレーキフルード交換後、各部の清掃と給油を実施。
アンダーカバーやタイヤを取り付け車両を接地させます。

この続きは次回のブログにてご紹介させていただきます。

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(ドアロック修理、トランク廻り修理)

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(ドアロック修理、トランク廻り修理)になります。

先ずは御用命いただいた各項目の状態を点検。
専用テスタにて関連コードの有無も確認していきます。

DSC01696.jpg
“室内のスイッチでのトランクオープンができない”とのことでしたので、
センターコンソール廻りを分解しスイッチ廻りを確認。
トランクとドアロックのスイッチのコネクターが入れ違って取り付けられていました。
どちらも接続できてしまうので、弊社では分解時にマーキングなどして組み間違えのないようにしています。

DSC01700.jpg

DSC01699.jpg
“トランクを開けている時に保持できない”とのことでしたので、
トランクダンパーを交換。
交換後はスムーズにトランクが開き保持できます。
V8 VantageやDB9はトランクの他にボンネットやドアにもダンパーが取り付けられており、
普段何気なく使っているとヘタりに気づきにくいこともあります。
ダンパー類は交換されると、軽々とした動きに感動されるお客様が多いので、
快適に乗っていただくという意味ではおすすめの交換部品となっています。

DSC01742.jpg

DSC01743.jpg

DSC01745.jpg

DSC01746.jpg
“ドアロックできない時がある”とのことで、左右のドアラッチを交換させていただきました。
交換の際には、ドアウィンドウを取り外しますので、マーキングをし分解していきます。
ドアラッチ交換の際に、経年劣化によるメカニカルキーシリンダーのアウターワイヤーも損傷していましたので、
こちらも修理させていただきました。
最近は、同じような症状でのお問い合わせも増えております。
このような症状でお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

CE48BC51-FAF8-4BA9-ADB4-28CB19EB57B0.jpeg
最後に各部の作動を再度確認し、お客様へご納車させていただきました。
この度もご依頼頂き誠にありがとうございました。