OFFICIAL BLOG

ブログ

フェラーリ 360 スパイダー F1 リバース入らない時がある 診断・修理(クラッチ交換)

フェラーリ 360 スパイダー F1 リバース入らない時がある 診断・修理(クラッチ交換)になります。

S__93593631.jpg
お客様よりリバースに入らずバックできない時があるとのことで修理のご依頼をいただきました。
お車をお預かりしたあと、何度も試してみたものの症状は出ず、
テスタにて診断してもこれといった故障は検出されませんでした。

しかし、F1マチックの場合、クラッチが摩耗してくるとリバースに入らない症状が出るものがあるので、
テスタにてクラッチ残量を確認すると56%となっていました。(写真赤枠)
50%となるとまだ、半分くらいというイメージなのですが、60%でも交換が必要な状態のものもありますので、
お客様へクラッチ交換をおすすめさせていただき、承認いただきましたので部品を注文しました。

部品待ちの間もお預かりさせていただいておりましたので、
何度か試していると、リバースに入らない症状が頻発するタイミングもあり、
その日のコンディションによるという状態であることを確認することができました。

DSC01299.jpg

DSC01303.jpg

DSC01305_20220107104403018.jpg

DSC01238.jpg

DSC01865_202201071024408d0.jpg
また部品待ちの間に、幌を動かす左右のシリンダーからのオイル漏れを確認しましたので、
シリンダーを取り外しオーバーホールをさせていただきました。
オーバーホール後はエア抜き作業を行い、オイル漏れも治り、スムーズな幌の開閉作動となりました。

DSC01939.jpg

DSC01963_202201071024549a5.jpg

DSC02056_20220107102515947.jpg
クラッチ関連部品が揃いましたので、クラッチ交換作業を進めていきます。
クラッチ交換をするには、ミッションを取り外すのですが、
その為には、周辺のサブフレームやマフラーなどを取り外す必要がありますので、
順々に部品を取り外していき、ミッションを取り外すとクラッチが見えてきます。

S__93593619.jpg

S__93593621.jpg

S__93593620.jpg

S__93593622.jpg

S__93593617.jpg

S__93593632.jpg
エンジン側に取り付ける”フライホイール・クラッチカバー・クラッチプレート”
などのクラッチ関連部品を交換していきます。
クラッチプレートはツルツルという状態ではなかったのですが、
シングルプレートの2ペダルミッション(Vanquishなど)の場合、
この様な摩耗状態で不具合が出はじめますので、交換時期ということになります。

S__93593626.jpg
また、このタイミングでミッションのインプットシャフトを保持するための
パイロットベアリングも交換します。

DSC02079_202201071025122d3.jpg

S__93593627.jpg

S__93593628.jpg

DSC02080_2022010710251547a.jpg

DSC02149_20220107102515a18.jpg

DSC02650_20220107115352829.jpg
次にミッション側に取り付ける”スレーブシリンダー・クラッチポジションセンサー・テンションスプリング”
などを取り外し、清掃しながら新品を組付けていきます。
スレーブシリンダー本体はフェラーリ専用工具を使用しての脱着が必要となります。
弊社では必要な専用工具など各種取り揃えておりますので、安心してお任せいただければと思います。

DSC01938_202201071024558ce.jpg

S__93593615_20220107104728dff.jpg
部品交換後は各部清掃しながら復元。
ミッション関連のエア抜きやクラッチのリセットを行いロードテストにて異常がないことを確認します。
クラッチ交換作業完了後は変速だけでなく、リバースに入らない不具合が出ないことを何度も確認し、
症状が出ないことを確認し、不具合の修理完了となりました。

DSC01334.jpg
クラッチ交換作業後はドライブレコーダーの取り付けもご依頼いただきましたので取り付けを実施。
弊社ではユピテルの指定店となっており、最新モデルはもちろん、指定店モデルもご用意しております。
前後タイプや360度タイプ、駐車監視機能付きなど、ご希望の機能がありましたら、お気軽にお申しつけください。

S__93593612_202201071044072d7.jpg
最後に各整備箇所を再度確認し、バッテリー充電など
お車のコンディションを整えお客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

フェラーリ F355 オーバーヒート診断・修理 (ウォーターポンプ交換)

フェラーリ F355 オーバーヒート診断・修理 (ウォーターポンプ交換)になります。


水温計がすぐに上昇してしまいオーバーヒートしてしまうとのことで修理のご依頼をいただきました。
冷却系統を診断していくと、冷却水が循環していなかった為、ウォーターポンプの故障を疑っていきます。

更に各所ウォーターラインの温度変化など診断を進めていき、ウォーターポンプの異常と判断。
ウォーターポンプ交換の為、エンジンを降ろしていきます。

F355_210830_128.jpg

F355_210830_73.jpg

F355_210830_48.jpg

F355_210830_66.jpg

F355_210830_65.jpg

F355_210830_64.jpg
エンジンを車体から降ろし、ウォーターポンプを取り外すと、
ウォーターポンプのインペラが割れて分離してしまっていました。

F355_210830_56.jpg

F355_210830_49.jpg

F355_210830_45.jpg
早速部品を手配し、交換をさせていただきました。
元々樹脂製のインペラだったのですが、今後安心して乗っていただけるよう、
金属製のインペラのウォーターポンプに交換をさせていただきました。

ウォーターポンプを取り付ける前には、エンジンを降ろしているので、
タイミングベルトカバーを取り外し、各部の状態を確認。
清掃を行い組付けさせていただきました。

F355_210830_30.jpg

F355_210830_13.jpg

F355_210830_4.jpg

43FFE991-439F-43FF-BE8F-A7E293620B02.jpeg
ウォーターポンプ交換後はエンジンを車両に載せていきます。
車両とサブフレームを締結しているボルトは大変重要ですので、
クリーニングを行い取り付け。
各部を復元し、車検のご依頼もいただいていましたので、
消耗品の交換やエアコン内部のクリーニングも行わせていただきました。

きっちりとメンテナンスされた状態となり、とても良いコンディションのお車となりました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

フェラーリ 360 スパイダー F1 SLOW DOWN 警告点灯 診断 修理・ホイールセンターキャップ交換

フェラーリ 360 スパイダー F1 SLOW DOWN 警告点灯 診断 修理・ホイールセンターキャップ交換になります。


お客様より走行中に”SLOW DOWN”の警告が点灯してしまうとのことで、修理のご依頼をいただきました。
早速テスターにて診断を行うと、アンビエントプレッシャーセンサー(大気圧センサー)の値に異常を示す故障コードの入力を確認。
実際に値を確認すると、数値が変化せず固定されてしまっていました。

何度か学習値のリセットを行いましたが、一時的に改善されても、しばらくすると数値が固定されてしまい、
警告が点灯してしまいましたので、センサーの内部不良と判断し、お客様へ状況を説明。
交換をさせていただくこととなりました。

DSC00678_2021082517525122b.jpg

DSC00684.jpg

DSC00695.jpg

DSC00699.jpg
早速、プレッシャーセンサーの交換を行っていきます。
アストンマーティンなどでは、単体でアンビエントプレッシャーセンサーが存在するのですが、
フェラーリ360ではエンジンの吸気の空気量などを測定しているエアマスセンサーが大気圧の測定も兼ねていますので、
エアマスセンサーの交換をさせていただきました。

元々付いていたエアマスセンサーは純正ではなく、社外品が取り付けられていましたので、
過去にも故障していたのかもしれません。
今回は純正品にて交換をさせていただきました。

交換後は、大気圧の値をモニタリングしながらロードテストを実施。
数値に異常がないことと、警告が点灯しないことを確認し修理完了となりました。

DSC00692.jpg

DSC00698.jpg

ADFB5C93-AB6E-44DD-B3C1-47E7D86C8236.jpg
また、右リアホイールのセンターキャップが割れてしまっているとのことで、純正の新品に交換をさせていただきました。
交換後は各整備箇所を再度確認し、バッテリーのコンディションなどを整えお客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。

フェラーリ F12 berlinetta メンテナンス(12ヵ月点検・エンジン整備・ブレーキ整備・リップスポイラー交換)

フェラーリ F12 berlinetta メンテナンス(12ヵ月点検・エンジン整備・ブレーキ整備・リップスポイラー交換)になります。


先ずは各部機能チェックを実施。
灯火廻りやエアコンの作動など、普段お客さまがお使いになる機能が正常に作動することを確認。
テスタにて、各モジュールの状態も点検します。

DSC09526.jpg

DSC09529.jpg

DSC09528.jpg

DSC09530.jpg
エンジンルーム内の点検を行います。
エンジンルームでは各油脂の量や状態や、エアクリーナーの汚れ具合などを点検します。
エアクリーナーはあまり汚れていませんでしたので、清掃にて対応させていただきました。

DSC09532.jpg

9C493071-441C-41A8-A607-74C560F4CB82.jpg
車両をリフトアップしタイヤやアンダーカバーを取り外し、下廻りの点検を行います。
下廻りではオイル漏れがないことや、足廻りのボルト類に緩みがないことなどを点検します。

DSC09557.jpg

DSC09571.jpg

F5131943-D963-49CE-A7A4-B68528D51138.jpg

DSC09573.jpg
ブレーキフルードが劣化し吸湿してしまっていましたので、交換をさせていただきました。
ブレーキフルードは、走行距離だけでなく、経年や熱により劣化してしまいますので、定期的な交換が必要となります。

DSC09537.jpg

DSC09538.jpg

DSC09539.jpg

DSC09541.jpg

DSC09543.jpg
エンジンオイルが劣化していましたので、交換をさせていただきました。
F12はドライサンプのエンジンになりますので、ドレンやホースの一部を取り外し、
複数個所からオイルの抜き取りが必要となります。

オイル充填時には、ワコーズ社のスーパーフォアビークルを添加。
オイル交換後はメカニカルノイズが減り、レスポンスの良いスムーズなエンジンフィールのお車になりました。

DSC09588.jpg

DSC09589.jpg
リップスポイラーの交換をご依頼いただいておりましたので、交換をさせていただきました。
弊社では、外装パーツや足廻りなど、整備だけでなくアフターパーツの取り扱いもしておりますので、
お気軽にご相談ください。

788F63BA-3FA3-445C-8BEA-84655656DFB3.jpg

80998B8B-48BA-4DD4-A2B9-FE87602D9041.jpg
各整備箇所を清掃しながら復元。
車両をリフトから降ろします。

DSC09609.jpg

DSC09612.jpg

304E185A-A323-443B-82A4-B8E3890248DB.jpg
テスタにて、メーター内に点検時期を知らせるサービスインターバルの値をリセット。
各部のコンディションを整え、お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

弊社回送サービスに関するお知らせ

本日のブログは最近お問い合わせの多い、お車の回送サービスに関するお知らせです。


弊社では、販売した車両の納車や、整備でご入庫のお客様のお車の、
自社積載車による回送サービスを行っております。

CB51038C-0D77-4227-BAC9-67B2661D4A87.jpg
故障により自走が困難な場合など、お客様がご加入いただいている、
自動車保険のロードサービスにも対応しております。

出先などでのトラブルの際も、直接弊社スタッフがお客様の元へお伺いさせていただきますので、
安心してお任せいただければと思います。

D399CA11-D84B-48BC-9690-6F0FD978AD25.jpg
遠方へのお引き取りなど、回送サービスに関する詳細のお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

フェラーリ F12 ベルリネッタ メンテナンス(足廻り整備)

フェラーリ F12 ベルリネッタ メンテナンス(足廻り整備)になります。


今回は車高を高くしたいとのご依頼をいただきましたので、
車高を調整させていただきました。

E6381179-5FE6-486F-86BE-7C0D8F029D3E.jpg

1D6619F7-7D4A-4219-843C-03E4AAFEE7FC.jpg

DSC02428a.jpg

DSC02429a.jpg

DSC02438a.jpg
一見すると一般的な車高調整可能なショックアブソーバーに見えるのですが、
実際に動かしてみると、ネジ部がショックアブソーバー本体と別体になっていたり、
素材が違うことでの調整時の勝手の違いなど注意が必要な点もあります。
そのような点を踏まえて車高調整を行わせていただきました。

IMG_2846_20191101194216138.jpg
調整後、各部締付などの完成チェック実施。
ロードテストにて異音やハンドリングなどに異常がないことを確認し作業完了です。

この度は御入庫いただき誠にありがとうございました。

フェラーリ F458 メンテナンス (マフラー交換)

フェラーリ F458 メンテナンス (マフラー交換)になります。


今回は社外マフラーから純正マフラーへの戻し作業を御依頼頂きましたので、
早速取り外していきます。

083AA5F7-DE8E-4928-B4F8-0CA1E28E39E7.jpg

DSC02187_201910301853493af.jpg

DSC02188_20191030185347313.jpg
カバー類を取り外しサイレンサーなどを順に取り外していきます。

DSC02192_20191030185345b73.jpg

DSC02189_20191030185347ff5.jpg

DSC02184.jpg
純正触媒の取付時にはエキゾーストマニホールドの取り外しも必要です。
エキゾーストマニホールド脱着時にはスタッドボルトを一度全数取り外し、
清掃してから、スタッドボルトを締め付けていきます。

8960C0BC-8745-4759-BC6C-D0C3F4B813B2.jpg

DSC02166.jpg

9C578F52-2752-462F-9C95-C179EB872A68.jpg
マフラー関連部品を全て取リ付け、排気漏れなどの不具合がないことを確認します。
その後、アンダーカバーやエンジンカバー類を取り付け清掃します。

AEB0AC8E-677F-45C6-8ACA-7A266732DF6B.jpg

84D273EB-D3F3-4E8C-9316-F1E900A3595D.jpg
ロードテストを行い、異音などないことを確認。
お客様の元へお車をお返ししました。

今回もご依頼いただき、誠にありがとうございます。

☆弊社ではマフラー交換や足廻りの交換なども行っております。
各種ブランドのアフターパーツもご用意できますので、お気軽にご相談ください。

Ferrari F355 車検整備(24ヶ月点検・エンジン各整備)

フェラーリ F355 車検整備(24ヶ月点検・エンジン各整備)になります。

DSC00811.jpg
XR5.2 各部コンディションチェックへ。(当社にてタイミングベルト交換済車両)
DSC00821_201901271547009b9.jpg
DSC00823_201901271547021bc.jpg
DSC00816.jpg
DSC00810.jpg
DSC00959.jpg
DSC00961.jpg
DSC00957.jpg
スパークプラグはクリーニングにて。アイドル不調が起きていたので
こちらは点火系では無くアイドルレギュレータ部の不具合。配管が原因の為、
対策施工にてアイドル不調完治。油脂類交換及びエンジンフラッシング施工。

DSC00962.jpg
DSC00963.jpg
DSC00965.jpg
バッテリーはCCA性能低下及び交換時期の為、交換。純正バッテリーにて。
DSC00972_2019012716232110a.jpg
DSC00977.jpg
DSC00973.jpg
DSC00974.jpg
DSC00947_20190127155023044.jpg
DSC00948.jpg
ホイールクリーニング施工後タイヤ交換へ。タイヤはPIRELLI P-ZEROチョイスにて。
IMG_6153_20190127155216d03.jpg
診断機にて各コンピューターチェック完了。
アイドリングも安定し車両コンディションも良好を確認。
車検整備完了させて頂きました。
この度も御依頼頂き誠にありがとうございました。

Ferrari 458Italia メンテナンス(エンジンチェックランプ点灯・診断整備)

フェラーリ458イタリア メンテナンス(エンジンチェックランプ点灯・診断整備)になります。

DSC03455.jpg
エンジンチェックランプ点灯にて修理依頼を承らせていただきました。
DSC03454.jpg
コンピュータ診断及び不調箇所の特定、実装部品の各点検へ。
DSC03443.jpg
不調個所の特定完了し、修理作業へ。
DSC03462.jpg
DSC03457.jpg
DSC03456.jpg
整備完了。診断機にてエラーコード消去完了し、テスト走行にて良好を確認。各バンクの電圧値も良好、OK.
DSC03367.jpg
DSC03365.jpg
ウインドウ開閉操作時に異音と動作不良が有りこちらも修理にて対応、整備完了。
DSC03360.jpg
各整備完了し納車させて頂きました。この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

フェラーリF355F1 メンテナンス(エンジン整備・エアコンA/C冷媒サイクル:TEXA780R)

フェラーリF355F1 メンテナンス(エンジン整備・エアコンA/C冷媒サイクル:TEXA780R)になります。

24ヶ月点検の際に持ち越しとなったエキテンセンサ及びイグニッションコイル交換/整備へ。
DSC00487.jpg
実際に警告灯点灯及びエンジン不調の為、診断機にて診断し各箇所点検へ。
DSC00491.jpg
点検の件、該当のエキテンセンサ及びイグニッションコイル交換と診断。
DSC00492.jpg
DSC00493.jpg
DSC00494.jpg
DSC00496.jpg
IMG_2352.jpg
A/C冷媒サイクル:TEXA780RにてA/Cサイクルメンテナンス/不純物除去/冷媒規定量充填/
オイル規定量充填施工しエアコンシステムは動作OK。

DSC00503.jpg
診断機にて各データー確認。警告灯も消灯し
テスト走行においてもエンジン/各機関良好を確認。オーナー様へ納めさせて頂きました。
この度も御依頼頂き誠にありがとうございました。