OFFICIAL BLOG

ブログ

ランボルギーニ ガヤルド 故障診断 (フロントリフター診断)

ランボルギーニ ガヤルド 故障診断 (フロントリフター診断)になります。


常時メーター内にリフター警告灯が点滅しリフターが作動できないとのことで診断を開始します。

DSC02386.jpg

DSC02391_20191113184020c88.jpg

DSC02500_20191113182715676.jpg
車高調整はパワーステアリングの油圧系統と共有している構造ですので、
パワーステアリングタンクからショックアブソーバーまでを点検します。
オイルタンクからポンプまでのホースに滲みはみられたものの、
油量も適量。特に異常はありませんでした。

DSC02395.jpg

DSC02399.jpg

DSC02402_201911131827029ce.jpg

DSC02403_20191113182703494.jpg

DSC02404.jpg
こちらの車種の比較的よくある不具合として、
パワーステアリングポンプのシャフトの損傷がありますので、
ポンプを取り外してシャフトの状態を確認しましたが、損傷はありませんでした。

DSC02406_20191113182706fec.jpg
DSC02408.jpg
DSC02431.jpg
次に車高の上げ下げを行うバルブブロックの点検を行いました。
バルブブロックには2つのソレノイドバルブが付いており、動きを制御しているのですが、
ひとつのソレノイドバルブの端子が腐食していましたので清掃。
清掃後も特に作動はかわらず、ソレノイドバルブの抵抗値など測定しましたが異常なし。
単体で作動をさせると、作動音はするものの、作動した時の音の質が違いましたので、
バルブ単体を取り外して確認することにしました。

DSC02467.jpg

DSC02464_20191113182711fb1.jpg

DSC02469.jpg
単体で作動を確認すると片方のバルブはコイルは作動するものの、
バルブ自体は伸びた状態で固着してしまい動かなくなってしまっていまいた。
その為、油路の切り替えができない状態になりリフターの作動ができないと判断しました。

C5FB8587-5016-4DD5-9A3A-AFBE1D533E77.jpg

AFE033D1-192D-473C-8DB8-8704D79D2A03.jpg
今回は診断メインの御依頼でしたので、修理はせず不具合部品の特定と
修理した場合のお見積をお伝えし、各部の清掃をし車両を復元。

お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度は御依頼いただき、誠にありがとうございました。